[スポンサーリンク]


『刻刻』テレビアニメ化、ティザーPV公開

アニメ, ニュース刻刻

「ゴールデンゴールド」で知られる堀尾省太「刻刻」のテレビアニメ化が決定した。

「刻刻」は森羅万象が止まる「止界」に入ることができる「止界術」の能力を有する一族を軸に描くタイムストップSF。
モーニング・ツー(講談社)にて連載され、単行本は全8巻が刊行された。

アニメでは主人公の佑河樹里役を安済知佳、樹里と同年代の少女・間島翔子役を瀬戸麻沙美が担当。
樹里の祖父であるじいさん役に山路和弘、「止界術」を崇める「真純実愛会」の現教祖・佐河順治役に郷田ほづみがキャスティングされた。
このほか佑河貴文役で辻谷耕史、佑河翼役で野島裕史、佑河真役で岩田龍門、 潮見役で内田夕夜、迫役で吉野裕行が出演する。

監督を「ギャラクシーエンジェル」シリーズの大橋誉志光、キャラクター原案を梅津泰臣が務め、アニメは2018年1月よりTOKYO MX、BS11にて毎週日曜24時30分より放送。
主題歌はMIYAVI vs KenKen による「Flashback」に決定した。「Flashback」は11月8日発売されるMIYAVIのニューアルバム「SAMURAI SESSIONS vol.2」に収録される。

なおアニメ化の発表に併せ、キービジュアルやPV第1弾なども解禁に。
堀尾はアニメについて「先日、制作途中のものを拝見し、漫画で描きたかった雰囲気を共有できていると思いました。例えば、カヌリニが出てくるシーン。漫画では西日を浴びた赤松をイメージして描きましたが、白黒なので、頭のなかで省略して表現した部分もあります。アニメでは、それがかなり近い形で再現されていました。同じ風景を見て、受け取る印象までも同じだった、という感じです」とコメントを寄せた。

コミックナタリーより

 

『虐殺器官』のジェノスタジオが発表しました新作アニメ3作。
その内の1作がこの『刻刻(こっこく)』です。

止界術を使う一族の佑川家。
ある日、その娘樹里の兄と甥が攫われてしまう。
救出の為止むを得ず術を使うが、そこに現れたのは自分以外の止界で動ける人間だった。
彼らは止界術を崇める「新純実愛会」。
術を使う為に必要な石を巡り、止界の謎、そして佑川家の謎が徐々に明かされていく。

といったストーリーの様です。

気になったのはココですよココ。

主題歌はMIYAVI vs KenKen による「Flashback」に決定した。

雅-MIYAVI-ですよMIYAVI!
今回合わせて発表されたPVでもちょっとだけ流れていますが、今回もゴリゴリのカッコいいサウンドを響かせてくれています。
早くフルバージョンが聴きたい!

主題歌『Flashback』が収録されるニューアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.2』には何と三浦大知とのコラボ曲も収録。
MVも作成され、『無限の住人』の三池崇史さんが監督という布陣。
MIYAVIの軽快なギターに乗せて大知君が超絶なダンスを披露するノリノリのMVに仕上がっております。

MIYAVI vs 三浦大知『Dancing With My Fingers』MV

……話が逸れました。
『刻刻』のタイトルはこのニュースで初めて聞きましたので調べてみましたが、中々気になるストーリー。
止界に現れる神ノ離忍〈カヌリニ〉もPVでは圧巻でした。

原作のコミックスは全8巻刊行中との事なので、アニメ開始前に読破したいと思います。

 

スポンサーリンク