[スポンサーリンク]


『心臓に杭を打ちつけて』第12話更新~あらすじとネタバレ感想~

web・スマホマンガ, 更新情報心臓に杭を打ちつけて

ジャンプ+にて連載中、大宮嵐さんの『心臓に杭を打ちつけて』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
心臓に杭を打ちつけて

前回、れもんへの気持ちへ気づき、前へ進むことを決めたブラム。
一気に夏を満喫!になるかと思いきや、その前に難関が一つ残っていました。

そう、期末試験です。

数学の結果を見てワナワナと震えるれもん。
曰く自身の最低得点記録を更新したとの事。
逆にテンションが上がると取り繕います。

対するブラムは100点を誇らしげに掲げますが、ハラリと落ちた国語の試験結果は38点。
国語はれもんが得意の様で、97点という高得点を見せびらかせます。

そこに現れたファニュより追試でも赤点の場合は夏期講習強制参加という事実を知らされ、二人して泣きつきます。
が、ファニュも忙しいんだと横入りしてきたオルに咎められます。

お互い苦手分野が逆なんだから助け合えばいいと提案。
ファニュも執務が忙しく手が離せないと、口裏を合わせます。

目線を合わせるオルとファニュ
心臓に杭を打ちつけて 12話より

仕方なし、二人で図書室へ向かうが勉強する生徒で既に一杯。
自分の屋敷を提案するブラムだが、れもんはファニュの邪魔になると却下。

ドーナツショップも良いけど騒がしいしなと思案するれもんの横で、ブラムは二人でも狼狽えないと自身の成長に笑みを浮かべています。
れもんが思いついたかの様に提案。

れもんから突然のお誘い
心臓に杭を打ちつけて 12話より

自宅に向かい軽やかに歩を進めるれもんと、相対してガッチガチのブラム。
親の居ない女子の家に誘われた彼の心中は穏やかでは無く。

家に誘われ困惑するブラム
心臓に杭を打ちつけて 12話より

辿り着いたのは2階建てのアパート。
小さいなと驚くブラムですが、貴方の家が大きいのです。
2階だよとれもんが誘導しますが、この中の一室だという事に更に驚きます。

れもんの家に入った第一印象、物置部屋より小さい。
自分の家がレアケースなのを自覚しろと指摘されます。

れもんに先に部屋に入っている様促され、一人で入るブラム。
雑誌が読み広げられたりと若干乱雑な状態のお部屋ですが、ソファーも無いので仕方なしにベッドに腰を掛けます。
が、すぐに床に座り直します。

ベッドに座り自ら慌てるブラム
心臓に杭を打ちつけて 12話より

そんな時、壁に架けられている写真が目に入りました。
ソコに入ってくるれもん。
れもんはル●ベラ派だそうです。
サクッとしてまろやかなラングドシャが美味しい一品ですね。
ちなみに私はホワイト●リータ派です。

幼いれもんと若い女性の写真。
母親との写真との事。
17歳でれもんを産んで育て、今すごく仲がいい美人の母親だと自慢します。

父親の所在を尋ねると小さいときに離婚したとの返事。
心無い質問をしてしまったとブラムは謝罪しますが、れもんは気にしていない様子。

シングルマザーの母が働いていたという事は、一人が多い子供時代だったのでは、と、自身の幼少期を重ねるブラム。
寂しくなかったのかという問いに、れもんは答えます。

待ってるだけは寂しかったよ、と。

祖母が来た際にそう伝えると、家事を教えられた。
色々出来る様になると、母が喜んでくれた。
それからは待つのが寂しくなくなったと笑顔で話すれもん。

そんな彼女を見て、他人を愛し愛されて育ってきた人間なんだと評価します。
だから当たり前の様に他人に愛を与えられるのだと。
では愛を知らない自分は?
果たして他人に愛を与えられるのか?
そんな自分を愛する人が現れるのだろうか?

自問し、震えるブラム。
俯く彼を見て、れもんはよしよしと頭を撫で始めました。
寂しがり屋なドラちゃんには私が愛を注いでやろう、と満面の笑みでそう言います。

俯きながら、誰が寂しがり屋だと否定するブラムですが、超絶寂しがり屋じゃんとツッコまれます。
昔の事は知らないけど、今のドラちゃんは知っている。
自分が見てきた周りの人たちは、皆貴方の事が好きだよ、と励ましてくれる。

だから大丈夫、微笑んで、そう言ってくれる。

れもんは言う『大丈夫』と
心臓に杭を打ちつけて 12話より

震える手に手を置いて、当たり前の様に愛を与えてくれる彼女。
その言葉に救われてきたと感慨にふけるブラムは、自然と口から言葉、想いが零れ落ちます。

ブラム、突然の告白
心臓に杭を打ちつけて 12話より

その言葉にポカンと口を開けるれもん。
口から出た自らの言葉に驚愕するブラム。

空気が固まる中、お話は次回へ。

==========

前回、夏真っ盛りに向かい水着だワッショイ!となるかと思いきや、彼らには大きな壁が立ちふさがってしまいました。
何でも超人のファニュにとってはテストも楽勝の様ですね。

そのファニュもオルと協力し、二人の仲を見守るモードの様で。
主人の為に主人に嘘をつくなんて、人として成長しているんだなぁとしみじみ。
そしてその裏で二人きりになれるチャンスをゲットしたオルも喜んでいる事でしょう。
報われるかは別として。

二人きりになったれもんとブラムですが、もうブラムの一挙手一投足が乙女でムズムズする。
お前今年何百歳よってレベルの人というか吸血鬼なのに何ピュアってんのよ。
良いぞもっとやれ。

れもんの人となりも垣間見えたお部屋でのトークから突然の告白、突然の急展開。
一体全体この後どうなるのか。
はぐらかされる展開になりそうですが、その時にブラムがもうひと押し出来るのか。
それとも仕事の都合が変わって帰ってきた母親と鉢合わせてしまうのか。
とても気になる引きをされてしまい次回更新が常々待ち遠しくさせられております。

ただねぇ、コレで又ぎこちなくなっちゃったりすると最悪海に行く話が無くなるじゃない。
そうするとれもんの水着が見れないじゃない。
なので上手い事乗り切ってほしい、そう切に願います。

次回更新は11月2日。
この見ているとスマホを叩き割りたくなるほどに甘々なラブコメの続きは2週間後。
楽しみにお待ちしております。

 

スポンサーリンク