[スポンサーリンク]


『終極エンゲージ』第28話更新~あらすじとネタバレ感想~

web・スマホマンガ, 更新情報終極エンゲージ

ジャンプ+にて連載中、江藤俊司さん原作・三輪ヨシユキさん作画『終極エンゲージ』最新話が公開されました。

最新話はこちら↓

終極エンゲージ

 

[PR]

第28話【美味い肉】

女王の元に集まる民衆
終極エンゲージ 第28話より

初代女王・グリムヴィアスの目覚めを聞き、ジャナの民衆が皆様々に女王の帰還を祝い、押し寄せてきていました。
それを止めるザイド。
屋敷の前で女王を称え続ける民衆を見て、クリスは反応が温かいと感心。
それに対しザイドは当然と返します。
この星の英雄であることに変わりはない、と。

クリスは屋敷の中、グリムとジャナハの待つ一室へ。
カルキ・ポポロの二人は病院で治療となりました。

命に別状はなく、ナノマシン治療で即座に治るでしょう。
その言葉に胸をなでおろすグリム。
女王様は休まなくても?と気を使いますが、構わんと一蹴。
初代女王は本当に頑丈です。

改めて、星の売却の話を進める事に。
あっさりと了承するグリム。
この星を救う手段がそれしかないなら是非もない、が、裏切ったら覚悟しろと釘刺し。
カルキの友人の故郷ですから、と約束するクリス。

事の顛末を聞けば、ポポロの無謀がこの星を救ったようなものか。
感慨にふける様、グリムが言う。

全てが丸く収まるわけではない、そう告げるクリスに対し、グリムは自身が逮捕されるのだろうと理解を示します。
多数のガルマイア星人を殺傷した罪、それが消えた訳では無いのだから。

黙って見ていた私にも罪が有る筈、とムジャハが提起するも、それは問えないと返すクリス。
更には、女王も裁判では心神喪失を証明し無罪になるでしょう、と続けます。

その言葉に驚く二人。

ツヅラが【慈悲の冠〈マーシーズ・クラウン〉】を取り付けた上、誰にも暗号を伝えなかったのは自身が一人で罪を被り、グリムたちの命を守る為だったのだろうと解釈するクリス。
感極まるグリムとムジャハ。
お前たちにも迷惑をかけた、と労いますが、目的が達成されたから構わないと答えるクリス。

そうだな、結果2人も【細胞極化〈グリム・ロア〉】に目覚めたと笑みを浮かべるグリムですが、その言葉に理解が出来ないクリス。
病室で目覚めたカルキ。
その横で、ポポロが既に立ち上がる程に回復していました。が、

細胞極化に目覚めたポポロ
終極エンゲージ 第28話より

何という事でしょう。
カルキだけでなく、ポポロも【細胞極化】に目覚めていたのです。

所変わって婚約指輪の星・惑星ニルギス。
初心者狩りのシーマとエギーナが息を切らせながら走り続けています。
あんなん相手に出来るか!と喚く背後で現れるトリウィア。

血しぶきの波に乗るトリウィア
終極エンゲージ 第28話より

婚約者たちを切り刻み、まるで血潮の波から飛び出す様。
その血の海にはバラバラになった婚約者たちが数十と倒れ息絶えています。

しかしトリウィアは数が多いけど弱すぎて修行にならないと低評価。
1ポイントずつしか手に入らないと苦言を呈します。

その様子を離れて見ていた初心者狩りの二人を捉え、急速に距離を詰める。
が、遮る様に鉄球がトリウィアの眼前に降り、足止めされてしまいます。

その先を見上げると浅黒の女性。
彼女の背後からぞろぞろとメンバーが現れます。

娘6人
終極エンゲージ 第28話より

王族皆殺し宣言の男と共に居た娘6人。
多勢でトリウィアを仕留めにかかります。

と、見定めるトリウィアの横に椅子を持って現れた男。
見学させてもらう、と、酒瓶を持ちながらその椅子に腰かけます。

アンタは?とトリウィアに問われ、自己紹介。

男の自己紹介
終極エンゲージ 第28話より

そのまま、取りあえずお前死ね、と言い放つジョージ。
その声を合図に、頭上の6人が一斉に襲い掛かります。

ちょんまげお姉さん・マーシュが刀を振るい、斬撃を飛ばします。
トリウィアは回避しますが、地面を建物ごと両断する威力に感嘆の声を上げます。

ソコに飛び掛かる猫系トンファー娘・ラキナと全身タイツウサギ娘・ピーヴリー。
両手で二人の攻撃を防ぎますが、中々重い攻撃に動きを固められます。

ソコに頭から突進する驚異の牛角ちゃん・プワメ。
慌てて回避をするトリウィアですが、その着地を狙い迫るマスクフードちゃん・ミッヒ。
反応が間に合わず、一撃を見舞われ吹っ飛ばされます。

吹っ飛ばされながら、彼女らの強さを認めるトリウィア。
その先でマーシュがこれでステージクリアと刀を構えますが、ところがどっこい体をひねり反撃。

一閃
終極エンゲージ 第28話より

側頭にナイフを突き刺し、一撃で仕留めます。
頭を貫かれ絶命するマーシュ。
驚きの表情を浮かべる5人と、冷静に見つめるジョージ。

修行になりそうな美味い肉が向こうからやってきた事に喜ぶトリウィア。

1対5の乱戦。
生き残るのは誰なのか。

感想

ジャナの騒動も遂に一件落着し、落ち着きを取り戻した面々。
カルキの細胞極化のために訪れた先で、ポポロまで細胞極化という副産物が生まれました。
本選出場の可能性がグンと上がりましたね。
でもこんなポポロがグリムみたいな筋骨隆々に成られると想像すると、なんかヤダ(笑)

惑星ニルギスでは予想通り、トリウィアが猛威を振るいポイント稼ぎをしています。
初心者狩りの二人はまだ頑張っていたのかと感心しました。
ソコに現れた六人の娘と一人の男。
前回トリウィアをボスキャラと見定めていた彼らも予想通り、彼女を襲撃します。

前回娘を連れていた男はジョージ・ライアーと名乗りました。
ライアーと自分から名乗る男なんて信用出来ませんよね。
実際ドイツ辺りには居そうですけど。
色々な仕事をかけ持っている様な体で自己紹介をしていましたが、果たしてその正体や如何に。

6人はトリウィアも認める中々の強さ。
連携も相まって防戦に追い込まれるほどです。

が、流石ガルマイア星人負けてない。
反撃一閃で一人を仕留めました。
貴重なお姉さん成分が速攻で退場です。
何というか、1対5なのに5人で勝てるのか?という印象になりますね。
トリウィア強い。

全身タイツウサギ・ピーブリーちゃんと驚異の牛角娘・プワメちゃんは推しなので頑張ってほしいと個人的に応援しています

次回更新は11月5日。
最新刊3巻も12月発売予定です。

 

スポンサーリンク