[スポンサーリンク]


『ゴルゴ13』読者が選ぶ名エピソードをスマホマンガアプリ「マンガワン」で2018年11月30日まで期間限定で公開!

18/12/03web・スマホマンガ, オススメ紹介, ニュースオススメ紹介, 裏サンデー

マンガアプリ「マンガワン」より

さいとう・たかをさんの描く不朽の名作『ゴルゴ13』。
小学館ビッグコミックの創刊50周年を記念し
様々なイベント・キャンペーンを実施する中、
スマホマンガアプリ「マンガワン」で
ゴルゴ13』読者が選んだ名場面が入った
13のエピソードが無料公開されました。
→キャンペーン期間は11月30日で終了しました。

期間限定で『ゴルゴ13』が読めるマンガアプリ「マンガワン」はコチラから↓
キャンペーンは終了しましたが、様々な小学館作品が読めるマンガアプリ「マンガワン」はコチラから↓

マンガワン
[PR]マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ
 

[PR]

BEST13 of ゴルゴ13

今回、ビッグコミックの創刊50周年を企画し開催された
マンガワン」のキャンペーンでは
リーダーズ・チョイス BEST13ofゴルゴ13>と題し、
ゴルゴ13』の中から読者が選んだ名エピソードを13話公開。

各エピソードが2~6話に小分けにされており、全53チャプターの構成。
トータル1,300ページ以上の全エピソードが、
11月30日までの期間中であれば「ライフ」や「SPライフ」、
チケット」を使用して読むことが出来ます。

 

 

詳細は以下の通り。

順位 エピソード名 チャプター数
(必要ライフ数)
1位 日本人・東研作 6話
2位 ビッグ・セイフ作戦 3話
3位 芹沢家殺人事件 6話
4位 病原体・レベル4 5話
5位 G線上の狙撃 2話
6位 毛沢東の遺言 5話
7位 沖縄シンドローム 5話
8位 海に向かうエバ 3話
9位 バイオニック・ソルジャー 5話
10位 36000秒分の1秒 2話
11位 ミステリーの女王 5話
12位 白い巨人 3話
13位 AT IN PINHOLE! 3話

どうやら2001年に刊行されたキャンペーンと同名の
愛蔵版コミックの収録内容の様で、
ゴルゴ13の出生や秘密にかかわるお話も収録されております。

1,300ページも一冊にまとめるってスゲェなとか思ってたら
2018年初頭に改訂版が1,500ページで発売された様で。
もうそれ鈍器ですよね(笑)

13位の【AT IN PINHOLE!】全3チャプターと
12位【白い巨人】第1チャプターの計4チャプターが無料公開。
それ以降のお話はライフやチケットを利用する形となります。

無料の「ライフ」は毎日9時と21時の二回、最大4つまで回復します。
ライフが0になってから使える「SPライフ」は
動画広告を見たり、ショップで案内に沿ってゲット出来ます。

マンガワン」を初めて使う人は「SPライフ」が50個もらえますので、
まだインストールした事の無い方はそちらを利用すれば
公開の全エピソードも閲覧可能。

ゴルゴ13』の往年のファンの方々も
良く見聞きするけどそういえば原作ちゃんと見てないわって方も
是非この機会に彼の驚異のテクニックの一端に触れてください。

恋人の嬌声を聞かせてターゲットをおびき寄せたり
宇宙空間で矢を撃ったりと
ネットでは名エピソードより珍エピソードの方が
有名な気がしなくもない『ゴルゴ13』ですが、
彼の実力が如何なく発揮されるこのエピソードたちを見れば
きっとコミックも買ってみようかとか思い、
2018年11月現在既刊190巻、今月191巻発売予定という
ジャンプ漫画なんて目じゃないレベルの巻数に驚く事でしょう(笑)

最新刊は【1万キロの狙撃】との事で
宇宙服を着たゴルゴ13が描かれておりますが、
この人ちょくちょく宇宙行ってますよね。
もうそこは然して驚かない。

むしろビッグコミックで連載を開始した1968年から
一度も休むことなく今日まで
連載を続けているという事実の方が驚愕。
何だ「連載50周年記念」って、見た事無いわ。
もう尊敬の念しか抱けないレベル。

継いでくれる人がいれば続けてほしいとも仰っているそうで。
何年その記録を継続出来るのか、ソレはソレで気になるお話ですね。

そんな不朽の名作『ゴルゴ13』入門編とも呼べる今回のキャンペーン。
気になる方は是非ご覧ください。
公開期間は11月30日までとなっておりますので、あと5日と少し。
取り敢えず自分もライフ貯めて頑張って読破してみせます。

ついでに申しますと先日紹介しました手塚治虫作品の公開もまだまだ継続中。
こちらも同様に「ライフ」で見れますので、『ゴルゴ13』とあわせご覧いただくと
更に楽しめる事間違いなしです。

マンガプリ「マンガワン」より

最近のマンガも良いけれど、
たまにはこういった旧年の名作に触れて
その時代から続くマンガの歴史の一端を紐解くというのも
これまた一興ではないでしょうか。

ゴルゴ13』やブラックジャック』が楽しめる「マンガワン」はコチラから↓

マンガワン
[PR]マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク