[スポンサーリンク]


『灼熱カバディ』第107話 あらすじとネタバレ感想~世間はクリスマスでも熱い夏はまだまだ続く

web・スマホマンガ, 更新情報灼熱カバディ, 裏サンデー

『灼熱カバディ』第107話より裏サンデーにて連載中、武蔵野創さんの
灼熱カバディ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

 
前回の感想はこちら

 

[PR]

第107話【封じられた最善】

能京対大山律心後半戦。
劣勢に立たされた能京は王城、井浦、畦道の3人での守備。

2連続追撃という猛攻に疲弊した体力を更に奪われる面々。
ここでのベストは息の整わない王城が2人を守る事。
井浦や畦道は攻撃手ともなり得る。

しかし、皮肉にも現れてしまう特訓の成果、エースを守る守備。
切り替えられない能京に対し、
亜川はそれを読んだ指示を伝えていました。

『灼熱カバディ』第107話より

またも指示通り、作戦成功に笑みを浮かべる金澤。
が、3人の中で王城だけは切り替えていた、
自分に守る価値は無いと。

2人の間から、身を乗り出していた王城。
それは最悪の形で金沢の視界に入り、
守られる事も守る事も出来ない
無防備な状態をさらけ出してしまいました。

『灼熱カバディ』第107話より

金澤からすれば正に僥倖、本人さえも驚く結果。
偶然が噛み合う事で、こうも簡単に全滅を取れるとは。

『灼熱カバディ』第107話より

後半は完全に律心のペース。
5点差の優位からわずかな時間で4点差の劣勢に追いやられ
苦境が続く能京。
ですが、宵越はその状況さえもチャンスとして
攻撃を続けます。

『灼熱カバディ』第107話より

亜川からしても、「流れ」を作るのがうまい選手と評価する宵越。
能力も精神力もスポーツマンの手本のような男。

大学の全日本選手を招待し1回戦前から
みっちりとコーチングして貰う事で、
素早く屈強な選手のリズムや動きを
叩き込んでいた大山律心。

『灼熱カバディ』第107話より

流れを作れる選手とは、期待以上を実行出来る力のある選手。
逆を言えば、期待を裏切れば流れを失う諸刃の刃。

それを利用させてもらう。
亜川の新たな作戦は徐々にその芽を出そうとしています。

力を発揮出来ない宵越はまたも【バック】を使用。
1点を取得しての帰還。

『灼熱カバディ』第107話より

こればかりは対策の仕様が無かった大山律心。
しかしながらその軌道から大量得点の手ではないと判断し、
捨て置いた様なもの。

1点じゃ大した成果でもない。
悔しい思いを噛み締めながら敵陣に振り向く宵越。
その目には、こちらを見据える大和の姿が映ります。

『灼熱カバディ』第107話より

今度はフェイントじゃない、
しっかりと観察している目線。

大和はゆっくりと立ち上がり、
体力の回復具合を確認します。

『灼熱カバディ』第107話より

プレッシャー、体力の疲弊から動けないエース。
大量得点の難しい状況。
守備の要はまだコートの外。

3点差とはいえ、それ以上の圧倒的優位。

しかしながら、水澄の意地の様に
何が起こるかが分からないのがスポーツというモノ。

残り17分、策を労する時間は与えない。
希望を与えてはいけない。

『灼熱カバディ』第107話より

能京の心根を折るべく、
どっしりと構え歩を進める大和。

対する能京の危機は、連鎖してしまっていた。

水澄が退場している。
そうすると王城が交代出来ず休めない為、
攻撃の質が下がる。
となれば攻撃は宵越が行わなければならず、
彼をコートから出す訳にはいかない。

つまり、彼がうかつにキャッチに向かえない。
あれだけ辛酸を舐め繰り返してきた守備練習、
それをこの土壇場で封じられてしまっているのです。

『灼熱カバディ』第107話より

宵越と対峙する大和。
回避するしかない、その判断に合わせ王城が畦道を向かわせますが、
その牽制もそつなくこなし場を支配します。

『灼熱カバディ』第107話より

大和には現在2つの選択肢があった。
王城が然して脅威ではなくなった今、
攻撃手の宵越を追い出すか、大量得点を狙うか。

3点リード、優位の今にすれば
どちらを選んでも負ける事の無い賭け。

そんな中大和が選んだ行動は、
今までの精密さから大きく外れた大振りでした。

『灼熱カバディ』第107話より

井浦、畦道、関の3人に触れた大和の腕。
隙の無いリーディングレッグレイドから放たれた、
隙だらけの大振り。

予想外ではあったが反応し、掴みに向かう守備。
畦道がその隙だらけの身体に掴みかかった瞬間、
その意図に気付きます。

大和はもう、掴まれても良かったのだと。

『灼熱カバディ』第107話より

パワー不足。
腕を掴まれ、引き剥がされる畦道。
その体はそのまま、地面へとたたきつけられるのでした。

『灼熱カバディ』第107話より

感想

大山律心の圧倒的優位が続く後半戦、
能京は亜川により練り上げられた作戦を始め、
様々な積み重なりで雁字搦め。

攻撃のエース・王城は攻撃に精彩を欠き、
守備の要・水澄は怪我による退場。
攻撃の必要性から宵越は守備の特訓成果を活かす事も出来ず、
亜川たちの掌の上で転がされるばかり。

『灼熱カバディ』第106話より

遂には全滅まで取られちゃってもう散々。
巻き返しには全滅も手かとは思っていましたが、
この状況でその巻き返しが活かせるかといえば
そうとも思えない訳で。

ここまでくるともう勝ち目は無いんじゃないか
とさえ思ってしまいますが、
メタ的に言えば2回戦で負けるって事は無いんですよね。
ここからの巻き返し、
結果は想定出来ても予想が出来ない訳で
誰がどう活躍していくのかが気になって仕方ないですね。

『灼熱カバディ』第94話より

期せずして能京から全滅〈ローナ〉を奪い取った金澤くん。
王城も周囲が注目する世界組な訳ですし、
「オレ世界組から全滅取っちゃったよ」とか
内心すっごいテンション上がってそう。

3年引退後の部長は
「世界組から全滅取った」金澤くんに決定ですな。
その自信が強さに代わって、
来年以降も脅威となりそうな予感。

『灼熱カバディ』第106話より

逆境に次ぐ逆境のその最中、確実な止めを狙う大山律心。
満を持して登場した大和さんのそのプレッシャーったらないね。
シリアスな顔ですら何やら怖くてもう。

後はもう点を取るよりも心を折りに来ているその感じ。
圧倒的な絶望感を与えるにはどうするか。
力の差を見せつけるのが一番です。

『灼熱カバディ』第99話より

守備の中では地力の有る畦道
さようならと叩き伏せた大和

ここから更に能京を突き落とし力の差を見せつけるのか、
それとも今回活躍しそうな伊達が活躍するのか。
何となくですが、井浦がタイマンで大和を倒すって事は
無い様な気がします。

確実な勝機が有るのなら、宵越が練習していた
「限定された守備」も使えるのでしょうが、
この状況下では使おうとも思わないでしょうしねぇ。

『灼熱カバディ』第94話より

そんな続きが気になる次回の更新は1月1日。
クリスマス更新の次はお正月更新です。
こいつぁめでてぇや!
まぁ特に何かある訳でもないのですが(笑)

スマホアプリ「マンガワン」では
今回の先のお話が先読み可能。
また、こちらではクリスマス更新という事で、
サンタなイラストがちょい足しで公開されていますので
気になる方はぜひそちらでご覧ください。

マンガワン
[PR]マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク