『終極エンゲージ』番外編6更新~あらすじとネタバレ感想~

web・スマホマンガ, 更新情報終極エンゲージ

ジャンプ+にて連載中、江藤俊司さん原作/三輪ヨシユキさん作画『終極エンゲージ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

終極エンゲージ

 

ガンガンONLINE
ガンガンONLINE
開発元:SQUARE ENIX INC
posted withアプリーチ

 

[PR]

番外編 休息エンゲージ6

カルキとグリムの対決から遡る事260年前、初代女王決定戦に優勝し女王となったグリムヴィアスは、初代王・ラジャスと共に故郷・ジャナへと降り立った。
新婚旅行として、自らの故郷を選ばれた事に未だ疑問を持つグリムですが、ラジャスはその大自然に少年の様に目を輝かせ、辺りを散策しています。

少し開けた場に出て、ココをキャンプ地とすると決めたラジャス。
テントを張ろうと作業を開始しようとしますが、後ろから聞こえた異音に振り返ります。

伐採をするグリム
休息エンゲージ 6より

片手で大木を軽々と持ち上げるグリム。
そのまま手作業でログハウス作成とか、次元の違いが表れていますね(笑)

日が暮れ落ちる前にログハウスも完成し、焚火を炊いて一休み。

王になる前考古学者だったと昔を語るラジャス。
考古学という単語を知らないグリムに、地面に穴を掘って遺跡などを探すんだと簡潔に説明します。
実際は色々と細かい作業が多数有るのですが、ソレを聞いたグリムはその場で穴掘りを開始。

遺跡を探すグリム
休息エンゲージ 6より

どのくらい掘ったのでしょうか。
遺跡は見つかりませんでしたが、温泉が見つかりました。

温泉が発掘
休息エンゲージ 6より

穴掘りで体が汚れたので丁度良かったと、微笑むグリム。
丁度良さのスケールにラジャスは心の中でツッコミを入れます。

女王決定戦に優勝し、ラジャスと夫婦になって、故郷で温泉に入る。
奴隷だった頃を思うと本当に不思議だと語るグリム。

二人は未来を思い、改めて永遠の愛を誓い合うのでした。

将来を誓い合う
休息エンゲージ 6より

感想

前回の熱い展開から、まさかの番外編。
肩すかしされた感は否めませんが、グリムが可愛いので良しとしましょう。

特にココ、ココ可愛い。

遺跡を探すグリム
休息エンゲージ 6より

しかもやっぱり手作業かよ!ていうのが更に可愛い。
奥さんこの人と同一人物なんですよ?

終極エンゲージ 25話より

とても想像がつきませんね。

あと初代王・ラジャスのキャラ崩壊も中々ですよね。
ウヒョルン♪って、その顔で出す擬音じゃないよ。
流石にかわいいとは言えないよ。

今現在の王と女王、クリスの両親は独裁者の母に傀儡の父という形になってしまっていますが、
初代の二人はお互いを尊重し、愛し合っていたのですね。
そんな雰囲気を垣間見た、番外編でした。

次回更新は11月12日。
ジョージの娘たちと対峙したトリウィア。
その乱戦、勝利に輝くのは一体誰なのか。
次回も乞うご期待。

 

スポンサーリンク