[スポンサーリンク]


『十二大戦』コミカライズ版 第8話更新~あらすじとネタバレ感想~

web・スマホマンガ, 更新情報十二大戦

十二大戦 第八話より

ジャンプ+にて連載中、西尾維新さん原作/暁月あきらさん作画『十二大戦』マンガ版最新話が公開されました。

最新話はこちらから

十二大戦 コミカライズ版

スポンサードリンク

八月のシンデレラナイン
八月のシンデレラナイン
開発元:Akatsuki Inc.
posted withアプリーチ

 

[PR]

第八話【子卯巳申】

十二大戦が開始し1時間、既に4人の戦士が敗退。
レポーターのナビィは生き残った8人の中でも特筆した危険人物、卯の戦士・憂城の後を追っていた。

ナビィの頭上を舞う無数の鳥
十二大戦 第八話より

所変わって下水道、砂粒は横で寝こける寝住に告げた自分の言動を省みていた。

反省する砂粒
十二大戦 第八話より

庭取の言葉と寝住の言葉が事実とすれば既に4人が命を落としている。
自身の望みなら大抵は自身で叶えられそうな面々が揃っているにも関わらず、こうも積極的な戦士が多いとは意外だと考える砂粒。

もう少しタイミングを見るか、地上に出るか。
決断を迫られつつも躊躇していたその時、何処からか音が聞こえます。

その音は徐々に大きく、多くなり、明らかに二人に押し寄せている様。
砂粒は慌てて寝住に声をかけますが、起きない。

寝住にけりを入れる
十二大戦 第八話より

蹴り起こされた寝住は周囲の音にヘリでも来たのかと錯覚。
下水道ではあり得ない、けども空気を引き裂く様な無数の音。

その音の主は大量の鳥の死骸。
それを見た砂粒は憂城の『死体作り〈ネクロマンチスト〉』だと判断。
寝住は鳥ごときには負けないにしても、こんな場所で怪我すると破傷風になるぞと進言。
急ぎ逃げる事とします。

マンホールを押し開け、地上に飛び出る砂粒。
それを襲う刃物を持つ人影。
振りかぶった刃物を避け、そのまま顔面に蹴りを見舞います。
が、ソコに有る筈の頭が無く、砂粒の足は空を切ってしまいます。

邂逅する申と巳
十二大戦 第八話より

改めて目を見やると、そこに待ち構えていたのは巳の戦士・断罪兄弟(弟)の死体。
手には憂城の武器。

続けて寝住も下水道から飛び出し、戦闘態勢に移ります。
そこに現れた憂城。
死体から武器を受け取り、構えながら名乗りを挙げました。

ナビィは憂城を追いながら分析します。
『死体作り』で操られた死体が何かを殺すと、その死体も『死体作り』で操れる。
それにより亥の戦士・異能肉が殺した大量の鳥を自身の傘下とし、他の戦士を襲わせていたのです。

追いつくレポーター
十二大戦 第八話より

彼が憂城を見つけ、辿り着いたその時、憂城の名乗りに応える様、砂粒・寝住も名乗りを返します。
死体含め2対2の変則タッグマッチ、果たして結果はどうなるのでしょうか。

感想

前回、自身の決意と覚悟を表明した砂粒ですが、センシティブな悩みを持つ少年には言い過ぎたかなと反省。
彼女の真面目さが伝わってきます。
十二大戦という殺し合いに参加してなお、その参加者と共に皆を救おうとするその気概。
それが無けりゃ停戦和解なんてこなせませんよね。

そんな彼女たちを襲う無数の鳥の死骸。
殺した死体が殺した死体も操れるとか、何それチート?
もしも戦場だったら、それこそネズミ算式に増えて行きますよね、お友達。
見た目的にも能力的にも敵陣にいて欲しくない相手ですね。

そんな彼の策略で見事地上に追いやられた砂粒と寝住。
初手は見事にかわし切りますが、2対2の戦いはどの様になるのでしょうか。

以前からね、アイキャッチが死んでいった参戦者なんですよね。
そこの画像が今砂粒なんですよね。
巳を除くと十二支が後ろから順番に死んでるのもあるので、次は多分申なんですよね。
殺し合いという惨状の中、少しでも救おうと模索する彼女も誰かの凶刃にかかってしまうのでしょうか。
出来れば寝住と二人、和解案の為に奔走し成し遂げてほしい、そう思います。

次回更新は11月18日。
子卯巳申のタッグマッチの結末や如何に。

 

 

スポンサードリンク

▲世界最大ドローンメーカー正規販売店

スポンサーリンク