[スポンサーリンク]


『わたモテ』喪156 あらすじとネタバレ感想~オムニバス~そして謹慎へ~

web・スマホマンガ, 更新情報私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

『わたモテ』喪156より

ガンガンオンラインにて連載中、
谷川ニコさんの『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

前回の感想はこちら

[スポンサーリンク]

喪156 モテないし噂になる

今回はオムニバス形式。

吉田さんはOK

朝、智子が電車に乗り込むとそこには珍しい人物が。

『わたモテ』喪156より

昨晩茉咲が智子を連れ帰った為足が無く、久しぶりに電車に乗ったそう。

そんな電車に偶然乗り込んでいた明日香の友人・風夏。
ヤンキーである麗奈と智子という昨日以上に珍しい組み合わせが気になるも、
それよりも昨日の事の方が気になって仕方ない彼女。

『わたモテ』喪156より

ただ直接聞くのもと考えていると、二人の会話が聞こえてきました。

『わたモテ』喪156より

朝から聞くに堪えない下品な会話。
だが、そんな会話が出来る人間なら話してくれるかもしれないと、風夏は彼女たちの元へ。

『わたモテ』喪156より

開口一番、昨日明日香の胸を触ったのかと尋ねる風夏。
キョトンとした後、智子は困惑した表情で答えました。

『わたモテ』喪156より

至極常識的な返答。
言われた風夏は怒りを覚えながらも、何とか冷静に言葉を返すのでした。

さっきク●ニとかチ●コとか言ってたくせに!
『わたモテ』喪156より

ラッキーセクハラ

教室に入り席に着いた智子。
横には既に明日香の姿が。

いつも通りの挨拶にホッとした智子でしたが、
その横顔を見ながら純粋な興味で髪の毛を触ってみたいという気持ちが。

『わたモテ』喪156より

視線に気づいたのか振り向いて問いかける明日香。
智子は素直に今の気持ちを口にします。

『わたモテ』喪156より

が、その言い方がマズかった。
漠然と「毛」を指名された事に戸惑う明日香。

『わたモテ』喪156より

慌てて髪の毛だと説明する智子に対し、びっくりしたと返す明日香。
お互い照れを隠す様に笑い合うも、智子は既に充実感を得る程に至っているのでした。

『わたモテ』喪156より

ぬかよろこび

始業前、一人時間を待つゆり。

『わたモテ』喪156より

間もなくホームルーム、今日はいい日かもしれない。
そう思った刹那、教室に大声で駆け込んでくる女子生徒が。

彼女は真子に声を掛けながら教室内を歩き、ゆりの前に腰掛けました。
それに合わせるかの様に教室に入る担任の荻野。
ゆりの至福の一日は訪れる事無く、今日もいつもの通り憂鬱な時間を迎える事になりました。

『わたモテ』喪156より

こうかい

休み時間、雑誌を持つ智子に陽菜が声をかけてきました。

ハサミは無いかと尋ねる智子に自分は持っていないと答えた陽菜は、茜に声を掛けます。
そこまでしなくていいと止める智子の制止も空しく、
それを聞いていた前の席に座る和田くんが持っていると貸してくれる形に。

『わたモテ』喪156より

しかし智子が必要としていた理由は、雑誌の袋とじの開封。
今更止める事も出来ず、三人が見守る中その儀式に臨む智子なのでした。

衆人環視の中袋とじを開く智子
『わたモテ』喪156より

出禁

『わたモテ』喪156より

小陽が来るという連絡に、最近来過ぎじゃないと笑う3-4の女子生徒たち。
その後ろで、笑美莉に対し話しかける友人たちの姿。

『わたモテ』喪156より

球技大会のアレ以降、未だ智子に謝罪をしていないそうで、友人たちとしてもそこが気になる様子。
自らの気持ちを表現出来ず、キモいという言葉を並べてしまう笑美莉。

キモくなかったら黒木じゃないの キモさを取ったら何も残らないの
『わたモテ』喪156より

その言葉と名前が聞えてきた小陽がその言葉を文字通り受け取り、会話に参加してきました。

『わたモテ』喪156より

ド陰なのに調子に乗っているという小陽が差し出したのは、以前明日香が行った化粧姿の智子。
食らいつく様に画面に見入る笑美莉はこの写真が欲しいとLINEの交換を提案。

『わたモテ』喪156より

好みではないにせよ友達が出来たと喜ぶ小陽でしたが、
笑美莉からは即座に手痛い返しが飛んでくるのでした。

よし 二度とその汚い顔見せにこのクラスに来ないで
『わたモテ』喪156より

2年の教室では、教室から出ていく智貴の姿が。

『わたモテ』喪156より

それを見つめながらため息を吐く朱里。
彼女に声をかけてきたのは、親友の紗弥加でした。
元気のない彼女に気を遣い、外の空気を吸おうと廊下に出ます。

元気づけようと言葉をかける紗弥加に対し、何が原因かと頭を過ぎる朱里。

『わたモテ』喪156より

しかし、親友に対しそんな風に思ってはいけないと、
彼女が自分のためにしてくれているのだと気持ちを整えます。

そんな朱里に、最近中村と話していると言い出す紗弥加。
中学の頃から智貴と一緒にいるから、色々と聞き出しているとの事。

そこに、噂の当人が登場。

『わたモテ』喪156より

お互い茶々を入れ合いながらも、気兼ねなく喋れる間柄の様で。

『わたモテ』喪156より

惚気を見せられたような気分の朱里はふと怒りが芽生えますが、
親友に対してとその感情を懸命に御します。

彼女はいつだって応援してくれている。
だから自分もそうしよう。

先ほどのやり取りで彼女の気持ちを察した朱里は、茶化しつつも二人の関係を尋ねます。

『わたモテ』喪156より

仲良くなんてないと必死で否定する紗弥加。
口が悪く意地悪でデリカシーが無い。
そんな奴と仲良くなんてなる訳ないと否定してばかり。

じゃあ私が好きになっても良いの?と意地悪を口にする朱里。
その言葉に驚いた紗弥加は朱里には勿体ないし智貴くんはどうするのと、これまた必死。

慌てふためく彼女を見て楽しんだ朱里は冗談だと話を終えようとしますが、時すでに遅し。
紗弥加の口から再び、新たな噂の種になる暴言が飛び出してしまうのでした。

親友だしグーでいってもいいかな
『わたモテ』喪156より

気になるあいつ

廊下にて、すれ違いざまに真子を呼び止めた宮崎さん。
黒木さんの友達だったよねと前置きをして、ウッチーについて何か言っていなかったかと尋ねます。

特に何も言ってなかったと思うと答えた真子は、陽菜やゆりたちにも聞いてみようかと提案。
しかしそこまではと遠慮する宮崎さんは、
2年の時は一人ぼっちだったはずなのにと智子の事を考えます。

『わたモテ』喪156より

そこに飛び込んできた男子の下世話なセリフ。
見てみると和田くんが先ほど開封していた袋とじをもって、良典と盛り上がっていました。

『わたモテ』喪156より

黒木さんに借りた、つまりは彼女の私物という事。
彼女の人となりを少し知った気がした宮崎さんは、ふとその名前を呟きます。

友だちにはなりたくないなと言う彼女の心中とは裏腹に、
そのつぶやきを聞いていた人物は勘違いから、彼女の真意を曲解して驚愕するのでした。

宮ちゃん……やっぱり黒木のこと……
『わたモテ』喪156より

二人乗り

『わたモテ』喪156より

智子は真子とゆり、茉咲の4人で廊下で雑談。
昨日の流れでバイクで来たと話す茉咲に、見つかったら謹慎だよと心配する真子。

見つからなければ大丈夫だと返す茉咲でしたが、
その言葉をかき消すかの様に彼女を呼び出す校内放送が。

『わたモテ』喪156より

即座のフラグ回収にときめく智子でしたが、
続けて流れた校内放送は他人事と思っていた彼女にこの上ない衝撃を与えるのでした。

黒木智子 吉田茉咲 謹慎
『わたモテ』喪156より

感想

久しぶりのオムニバス回となった『わたモテ』。
相変わらず情報量が多いしオチまでばっちりと慌しい回でした。

前回の翌日という事で目隠れさんこと麗奈が初っ端から登場。
吉田さんがニケツで帰っちゃったから仕方なし電車登校。
ダルイめんどいと言ってはいますが、そのおかげで一つ助かってるという事を彼女はまだ知りません。

ヤンキーらしく下ネタ上等で平然と朝から電車内で喋り出す麗奈さん。
智子茉咲繋がりだからなのかその辺りどもりながらも普通に返しちゃってます。
何度か交流があるとはいえ、対人関係に慣れるのが早くなっている気もする。
ヤンキーだからというフィルターが有るのかもしれませんが。

そんな会話に割り込んできた一部に人気のソフトボール女子・風夏嬢。
そこまで仲良くもない人が挨拶も無しに開口一番「乳を触ったのか」なんて聞いてきたら、
下ネタ喋ってる人間でもヒクよ(笑)
お互いTPOもクソも無い会話ですな、電車内なのに。

にしても麗奈さんの目隠れ徹底振りが凄すぎますが、これもう隠れるとかじゃなくてアイマスクだろ(笑)

『わたモテ』喪156より

朝から珍しい交流を行った智子
加藤さんはそこまで昨日のことを引きずっていない様で安心。
でも、それは見えないようにしているだけかもしれません。

とはいえ、彼女にご執心は変わらない智子はその髪の毛をロックオン。
で、言い方がね。
そりゃ胸の話して替わりに毛と言われれば、何処とは言わずとも髪の毛とは思うまい。

それで戸惑う反応をする加藤さんも素晴らしい。
ありがとうございます。
やっぱりセクハラはこうでないと。
用意されて準備されてハイどうぞではトキメキも何もあったもんじゃないですよ。

『わたモテ』喪155より

あとね、久々に三牛士が復活している所もミソですよ。
友だちから貰ったアイテムは大事にしている、加藤さんはいい子です。

ゆりさんのぬか喜びに関しては、心中が描かれないだけに色々考えてしまいますな。
怒りなのか落胆なのか悲しみなのか、表情筋10gが最近大きくなってきたかと思いましたが、
まだまだ読み取るには至りません。
3コマ目若干頬が膨らんでる様にも見えますが、やっぱり可愛い。

まぁそのぬか喜びの原因である小陽さんも色々大変ですから、
いつかそこを察してほくそ笑んでやってほしいものです。

最後部のゆりと溶ける小陽
『わたモテ』喪144より

雑誌の袋とじ、それは男子中高生のロマン。
後の流れを見ると和田くんはそういうお話に乗れるタイプなのねとなりますが、
やっぱり乗れないさん。
袋とじの開封を見ながらいつもの顔になっている様で。
4人の表情の対比が秀逸ですわ。

本日はギリギリ登校のさん、3-4のお友達にはやっぱり陰で笑われていました。
本人も友達作ろうと努力はしてるんですけどね、豚の飯食べたりとか。
いかんせん本人の性格というか難ばかりですから仕方ない。

『わたモテ』喪145より

そんな彼女が訪れた3-4では、ウッチーと友人たちの姿が。
球技大会で智子の応援をしていたものですから仲直りしたのかと思っていましたが、
仲直りもしてないのにあの後応援してたんかい。

『わたモテ』喪154より

ウッチーのキモイはキモイだけどキモイじゃない。
そんなややこしい心情を友人たちはそこはかとなく理解しかけている様にも見えますが、
全くそういった内情を知らない女・小陽には字面通りにしか取れません。

ネタにする為にあの化粧姿を撮っていたとは、
爆笑していた割にそこはしっかり仕事していたんですね。

入れ違いに入ってくる小陽
わたモテ 喪135より

しかしながら一連の言動がウッチーの逆鱗に触れていた小陽
遂には3-4出禁を食らってしまいます。
本人の知らぬところでネタにされてしまってもいますし、これはそろそろ本格的にキバ子地獄変が始まる予感。
ただの自業自得なんですけどね。

小陽とは違う方向で問題児な紗弥加も登場。
恋に悩む少女・朱里の親友でありながら、むしろ彼女のせいで悩みも尽きません。

今回はそんな紗弥加さんに新たな展開が。
智子の事をスゲー美人と言った(と智貴が勘違いした)男子・中村くんと何やらいい雰囲気。
人が悩んでる横で青春されちゃあ朱里さんがイラっとするのもごもっとも。

たまにはやり返すかと茶化してみた朱里さんですが、それは相手が悪かった。
結局新たな噂の種をばらまかれてしまった訳ですが、親友でなくてもグーで良いと思いますよ。

『わたモテ』喪145より

親友繋がりではありませんが、気になるあいつということで主役になったのが宮崎さん。
智子ウッチーをどう思っているのか気になる彼女は真子を捕まえますが、あまり収穫は無く。

実は朝の電車でも同じ車両に居た彼女。
朝から下ネタ全開だわ男子にエロマンガ(一応少年誌ですが)貸すわ自分は変態だと豪語するわ、
そりゃ友達になりたいとは思えんわな。
お互いウッチーがいないと時間が保ちませんから。

『わたモテ』喪145より

という思考もウッチーには読めず、まさかのライバル登場という勘違いに展開。
宮崎さんからすればかなりのいい迷惑になりそうな展開が予想されますが、
友人らにお灸を据えられるウッチーの姿が想像できます。

そして最後のお話では久しぶりのいつもの四人に。
まるで王道の様な安心感。
しかしながら、全く安心できないお話の中、更にブッコんできた結末となりました。

登校時見つかって茉咲謹慎かと思いきや、
まさか昨日のニケツが原因とは。
前回の話が壮大なフリになっていた訳ですが、流石に謹慎となるとこの先の展開が全く読めません。
まぁならなくても読めないんですけど。

タイトルの「噂になる」は朱里の話かと思いましたが、最後の最後に智子の話だと言う事になりました。
今の時点でもウッチー周りとかで噂される人物になってはいますが、
ド陰と揶揄されボッチだと思われていた女子が突然ヤンキーといっしょにニケツして謹慎食らったとか、
すごく尾ひれがついた噂が広がりそうな内容。
推薦でなければそこまで受験に影響は出ないかとは思いますが、智子的に大丈夫かどうかですね。

おぉん!!?
『わたモテ』喪141より

次回は5月23日、2週間後。
担任の荻野がまた熱く語るのか、
それとも加藤さん自宅訪問からまたも薄い本が厚くなるような展開となるのか。
ゆり真子陽菜も参戦して祭りが始まるのか。

噂を聞いたちゃんもやってきて対決が始まってしまうのか。
そこにこみさんまでやって来てカオスになってしまうのか。
次回も期待して待ちたいと思います。

東京の方は原画展本日からですからね、お忘れなく。

スクエニのマンガアプリ「マンガUP!」でも『わたモテ』が連載中。
2019年8月21日現在、喪17【モテないし握手会に行く】までが無料MPで読める形に公開中。 喪163【モテないし夏】でも話題に上がった汗だくAKUSYUなども無料で読めますよ。

以降のお話は毎週水曜日に1話ずつ無料MP対象話となっていきます。

MP+を使用した先読みに最新15巻の内容も登録されましたので、今ならコミックに収録された全話が読める様になっています。
マンガUP!」をダウンロードすれば500MP+ほど貰えますので、 過去話を少し読み直したいなという方はコチラをご利用ください。

わたモテ』の過去話が読めるマンガアプリ「マンガUP!」はコチラから↓
マンガUP!

[PR]マンガUP!

SQUARE ENIX INC無料posted withアプリーチ


スポンサーリンク