[スポンサーリンク]


『路地裏バンチ』第10話 あらすじとネタバレ感想~正妻戦争勃発~

17/11/21web・スマホマンガ, 更新情報路地裏バンチ

ジャンプ+にて連載中、かばた松本さんの『路地裏バンチ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
路地裏バンチ

 

スポンサードリンク

 

[PR]

第10話【激突】

前回、塒に現れた謎の美女、レディ。
彼女は元ボスのハトの平穏を望み、それを告げ立ち去ろうとしていました。

そんな時に現れたキティ。
ひっしとハトにしがみつく彼女を見ながら、レディは幼き頃部隊にいた彼を思い返していました。
夥しい数の死体を足元に転がし、自らは血に汚れず、凛と佇む。
仲間に囲まれても尚、どこか孤独な様な。

そんな彼が今、少女に抱き着かれている。
ハトを巡る女の争いの火蓋が今切られようとしています。

路地裏バンチ 第10話より

キティに対し、離れなさいと怒鳴るレディ。
ハトに対し、離れろハゲと怒鳴るジィ。
二人の行動が重なり、ハトとキティの目の前で肩をぶつけ合ってしまいます。

お互い誰だと尋ね合う二人。
訊き返されたジィは自らをそこにいらっしゃる世界一愛らしいお嬢様の執事だと自己紹介。

ちょっとしつけ直した方が良いわよこれ、と、キティを指さしながら侮辱するレディ。
言われたジィは思いがけない言葉に固まってしまいます。

アラ耳が遠いみたい、うちの猫の方がまらお利口さんだわと口が回るレディ。
ジィは一瞬で敵と判断するレベルに怒りが沸騰。
分かりやすい程に短気。

そんな彼女を見て、キティがやっと声を上げます。
スマイリーの彼女ね!と、どこで見たのかを思い出した様。
スマイリーに塒の面々の目線が集まるも、彼は笑顔のまま黙秘。

レディはやめてよあんな腹黒と一蹴。
年上が好きだしそもそもボス一筋よと口からこぼしてしまいます。

路地裏バンチ 第10話より

目の前で繰り広げられるやり取りに頭を抱えるハト。
寡黙なダンディが一瞬で苦労人にしか見えなくなってしまいました。

そんな彼に気づき、慌ててキティたちを厄介払いしようとするレディ。
キティは頬を膨らませ、あなたハトさんの何なのよと反論。
気になる?でも教えてあげないと挑発するレディですが、キティはじゃあいいわと即答。

だってあなたが誰でも私がハトさんを好きなことは変わらないもの。
そう言いかえします。

路地裏バンチ 第10話より

こっそり、その言葉を肯定するレディ。
想うだけなら関わらなくても出来るでしょう。
もう彼の前に現れないで、私もそうする。

そう告げるレディに、あなたは一緒にいたくないの?と尋ねるキティですが、
彼は独りを望んでいる、それを尊重してと諭します。

私はハトさんをさみしくもひとりにもさせたくない。
そう表明するキティの言葉を聞いたレディの頭によぎるのは、荒らされたリビングの中でしゃがみ込むハトの姿。

ため息をつき、立ち上がるレディ。
これからも関わるっていうなら、殺すわ。
目の前の少女に向かい、そう宣言します。

彼女の名を呼び制止するハト。
すぐ静かになると気を使うレディですが、ハトはやめないなら止めると制止を続けます。

ハトがキティを守ろうとしている事に気づき、目を見開くレディ。
私は、ボスを守ります。
まだきっと、間に合うと思うんですよ。
呟く様に、言葉を重ねるレディ。

呼びかけるハトに、こんな弱くて脆いのはボスを傷つけますと忠告をするレディ。

そして、そんなことさせないと、刃物を振り下ろしました。
刹那、腕を蹴り飛ばすジィ。

路地裏バンチ 第10話より

そのジィの行動と合わせるかの様に、ハトはキティを小脇に抱え距離を取っていました。
あらゆる方向に殺意を振りまくジィですが、レディもその意見には同調。
狙いにくいですと意見を述べます。

勿論ジィはレディも許す訳が無く、先制攻撃を仕掛けます。

ジィの動きを読み、ナイフを二本投げつけるレディ。
両手でナイフを掴んだジィの腕を切り付け、更に脇腹を狙います。

路地裏バンチ 第10話より

体捌きからの隙を突いた一連の攻撃ですが、ジィはその頭を蹴り抜こうと回し蹴りを繰り出します。
間一髪反応したレディが飛び跳ねて回避。

路地裏バンチ 第10話より

攻防に膝をつくジィ。
改めてキティの方へ向かうレディですが、マツゲに彼女を預けたハトが立ち塞がります。

どいて下さいと言うレディに対し、伏せろと告げるハト。
その言葉に反応し身を屈めると、頭上を高速で通り抜けるナイフが一本。
ハトがそれを手で弾き飛ばします。

レディを庇う言動にどういうつもりだと問うジィ。
誰も殺させんと返すハト。

お嬢様に手をかけようとした女を見逃すと思うのか?と続けるジィに対し、
自身の撒いた種だと、侘びを入れます。

まだ言葉を続けるジィを遮る様に、立ち上がるレディ。
昔から変わらない優しさに喜ぶレディですが、その手にはまたナイフが握られています。
本気で殺しに来ないと私止まりませんよ。
笑顔でそう言い放つレディ。

路地裏バンチ 第10話より

狂気を含んだ笑みを浮かべ、彼女は自らの愛を伝えます。

感想

遂に始まりましたハトさんの隣を賭けた正妻戦争。
片や世間知らずのお嬢様。
片や元部下のヤンデレ殺人者。
ハトさんモッテモテ!変わってほしくないぜ!(笑)

まぁ戦争というよりはレディの捻じ曲がりに曲がった愛情が暴走している状態ですが、
そんな彼女を止める事が出来るのでしょうか。

レディを通し、垣間見えるハトの過去。
恨みを買う事の多い仕事をしていた様ですし、家族を狙われてしまったのでしょうか。
そうなってしまっては確かに独りを望むかもしれません。

しかし塒の面々やキティはそんな事気にせずに彼に干渉し、また、彼も居やがっていないのも事実。
レディにはその辺りしっかり理解してもらいたいものですが……無理でしょうなぁ。
やっぱり塒に住むしかないね。

とはいえそうなるとライバルの登場に焦ったキティが自分も住むと言いかねないし、
ジィやスミスの心労が凄い事になってしまいそう。

次回更新は11月27日。
番外編の更新となります。

本編はその次でしょうか。
塒に舞う狂気の花一輪。
部下の暴走をハトは止めることが出来るのでしょうか。

スポンサードリンク



スポンサーリンク