[スポンサーリンク]


『路地裏バンチ』第11話 あらすじとネタバレ感想~情緒不安定な女性に刃物はあぶない

web・スマホマンガ, 更新情報ジャンププラス, 路地裏バンチ

路地裏バンチ 第11話より

ジャンプ+にて連載中、かばた松本さんの『路地裏バンチ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
路地裏バンチ

スポンサードリンク

アズールレーン
[PR]アズールレーン
開発元:Yostar, Inc.
posted withアプリーチ

 

[PR]

第11話【すべてをあなたに】

過去、部隊の隊長を務めていたハトは、部下にシャモの行動を止める様呼び止められます。
ため息を吐きながら向かった先では、シャモが投降した敵兵士を私刑にかけていました。

ボスに銃口を向けたのが許せない、そう言いだすシャモですが、感情で腕を使うのはよせと、ハトは諫めます。

俺たちはケダモノじゃない、衝動で殺すな。
そう教え説いていたあの頃。

しかし今なお、感情のままにその腕を振るい、ハトと向かい合う事となったレディ。
その後ろで、片腕から血を流すジィは背を向けたシャモに殺気を放ちます。
が、それを止めるドク。
止血帯を腕に巻き付け、応急処置を始めます。

ゴングも無く始まったレディとハトのバトル。
ですが、レディはハトを無視し、キティを狙い一気に横を通り抜けます。

路地裏バンチ 第11話より

しかしその間にハトが再び割って入り、ナイフを持つ右手を殴りつけます。
一撃で指が折れ、ナイフを落としてしまうレディ。

路地裏バンチ 第11話より

ハトは言葉でも制止を続けますが、聞く耳を持ちません。

左手にナイフを取り出し、振り抜こうとするレディのその手も殴りつけ、両手の指を折ります。

そんなハトの所業に対し、楽にしてあげたらいいのにと呟くスマイリー。
レディは終いだと言われても止まらず、私かそのガキが死んだら終わりだとナイフを投げ飛ばします。

折れた手で投げたナイフは狙いを逸れ、ハトの肩口に突き刺さりました。

路地裏バンチ 第11話より

避けも受けもせず、体でそのナイフを受け止めたハト。
コントロールも出来ていない、終わりだ、とそのナイフを抜きながら告げます。

自らの不手際に驚愕し、身を震わせるレディ。
頭を抱え懺悔の言葉を繰り返すレディに落ち着けと声をかけるハトですが、
彼女はそのまま首にナイフをあてがい自死しようとします。

路地裏バンチ 第11話より

そんな彼女の所業を止めたのは何とドク。
場にそぐわない剽軽な喋りで、ナイフを押さえます。

路地裏バンチ 第11話より

ずっと頑張ってやっと会えたんでしょ?そう問いかけるドク。
塒に向かう道中、酔い潰れるまでの間に聞かされたお惚気を覚えていた様で。

路地裏バンチ 第11話より

震えながら、邪魔するなら殺すと睨むレディ。
慌ててグリンチがドクを引き離します。

が、もちろんただでそんなことはせず、彼女の懐に隠し持っていたナイフを全て回収してしまいました。

路地裏バンチ 第11話より

邪魔ばかり入り喚くレディ。
殺さないと自分が死なないと、混乱しながらも足元のガラス片に手を伸ばします。

そんな彼女の頭に手を置き、なだめるハト。

路地裏バンチ 第11話より

オレは大丈夫だ、自分の為に生きろ。
長い間すまなかった、と、謝罪の言葉を告げます。

側に居れないならせめて何かしたい。
私の中からボスを取らないで。
言いながら泣き崩れるレディに何も返せないと返すハト。

終わりを決めていると伝えるハトに、それでもいいと返事をするレディ。
そんな二人を見ながら、キティマジ泣き。

路地裏バンチ 第11話より

涙の止まらないキティはそのまま二人の元に駆け寄り、レディに飛びつきました。

突然の事態に理解が出来ない面々。
そしてはじけ飛ぶジィの止血帯。

怒鳴るレディですが、体液まみれの顔で彼女を見つめます。

路地裏バンチ 第11話より

涙を流しながら、憐れんでんじゃないわよと言葉を返すレディ。
ムカつくガキと言い放ちますが、私は好きよとキティが言い返します。
殺そうとした相手に何を言っているのかと問いますが、嫌いになれないと返答するキティ。

そのまま自分も頭をポンってして、とハトに頭をこすり付けます。

そんな二人を見て、ハトの姿を見て、過去を思い返すレディ。

路地裏バンチ 第11話より

自分は何も出来なかった、そう嘆きます。
傷付いてほしくない、だから、本当にそれでいいなら、
その子を守ります。ボスと、私自身の為に。

そう宣言し、謝罪するレディ。
一息つくマツゲたちですが、納得出来ないのが一人。

ジィが敵意満々で詰め寄ります。が、失血によりダウン。
意識を失い倒れてしまいました。

意識の戻らないジィを病院に連れて行くためキティと共に車で去って行ったスミス。
それを見送ったドクは次にレディの手とハトの肩を治療すると言いますが、ボスをお願いとレディは立ち去ろうとします。

ダメだと喚くドクを引きずって立ち去るマツゲたち。
二人きりになったレディは、ハトに忠告します。

鳩野郎の噂、少しずつ広がっている。
探しているのは自分だけじゃない、と。

感想

愛憎渦巻く修羅場を迎える事になった今回。
ハトの体を張った説得とキティの献身により何とか場が収まりましたね
ドクの無自覚な出しゃばりやグリンチのまたまたやらせていただきましたァン!な手癖の悪さも流石です。

レディのハトの孤独を叶える為にしてきた自己犠牲溢れる決意は受け取ってもらえませんでしたが、
お互いの納得する結論に至れたなら十分。
守るって決めたんだから、これからは何かと理由をつけてハトに会いに来れますしね。
それこそキティばりに毎日来そう。
塒が更に騒がしくなりそうです。

ハト自身の過去も少しながら明かされていきましたね。
部隊に所属し敵を倒し続け、恨みを買った相手に家族を崩壊させられ、その報復を行い、一人孤独を選んだ。
重く暗い過去を持つ彼ですが、そんな彼を求める人は敵味方共にまだまだ後を絶たない様で。
当分、塒に平穏な日々は訪れなさそうです。
マツゲの心労とニットの家の心配もまだまだ続きそう。

にしてもアレだね、ニットの家が無事で良かったね!残念!
千のナイフが家を刺すなんて展開でも良かったのに(笑)

次回更新は12月11日、再び番外編。
今度は誰にスポットが当たるのでしょうか。

本編もですが、楽しみです。

 

スポンサードリンク



スポンサーリンク