[スポンサーリンク]


田亀源五郎さん作『弟の夫』実写ドラマ化!佐藤隆太さんが弟の夫と暮らすシングルファーザーを演じます

ドラマ, 実写化作品弟の夫

 

田亀源五郎「弟の夫」のドラマ化が発表された。2018年3月に、NHK BSプレミアムで3回にわたって放送される。

「弟の夫」は弥一とその娘・夏菜という2人暮らしの家庭に、カナダ人の男性・マイクが訪ねてきたことから始まるホームドラマ。
マイクは今は亡き弥一の弟・涼二が、カナダで結婚した相手だった。
同作は月刊アクション(双葉社)で連載され、単行本は全4巻が発売中。
第19回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を受賞している。

コミックナタリーより

スポンサードリンク

グランドチェイス - 次元の追跡者 -
[PR]グランドチェイス - 次元の追跡者 -
開発元:KOG co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

LGBTをテーマにした漫画『弟の夫』。
NHK BSプレミアムで実写ドラマが放送されることが決定しました。

主人公・弥一役を佐藤隆太さんが、弥一の元に訪れるカナダ人の男性役を元力士の把瑠都さんが演じます。

原作者である田亀さんコメントにて「出来るだけ多くの人に読んでほしいと思っていました」と執筆当時の心境を綴っています。
「ゲイや同性婚について何も知らないまま、是非を語ってほしくない。まず知って、一人一人に考えてほしい」との事。

昨今様々な場所で取り上げられ、話題や問題になっているLGBT。
最近では日本でも認知されてきている感はありますが、中々どうして厳しい現実の方が多い様で。
特に日本人は思い込みと固定観念、それと「皆に合わせ無ければいけない」という意識が強いですから、
自分がそうである・大多数がそうであるという思い込みからズレているモノを害悪と見なす感がどうにも抜けないんですよね。
「みんな違ってみんな良い」なんて、幼稚園の頃に教わるでしょうに。

自分はそうでは無く異性愛者ですが、別に好きになる相手が何であれ誰であれ、それは自由かと。
ただ恋愛や人間関係はお互いの理解と納得ですから、一方的に暴走するのは異性同士でも同性同士でもダメです。

まぁ題材が題材ですし、「LGBTについてそんな風に考えて描く人がどんなマンガ描いているんだろう」と気軽に調べると
耐性の無い人には中々厳しい画像も飛び出してくるので、要注意(笑)
ただそういうのも、理解への一歩かと。

ドラマ放送は2018年3月予定。
原作コミックスも現在4巻まで刊行。
気になる方は是非。

 

スポンサードリンク



スポンサーリンク