『自由人HERO』電子版発売決定!パプワくんやジバクくんとコラボの新作読切も収録!

18/06/16ニュース, マンガ自由人HERO

柴田亜美「自由人HERO」の電子書籍版全12巻が、2018年1月1日にリリースされることが決定した。

「自由人HERO」は森の王者・自由人(フリーマン)パーパの息子であるヒーローが、
パーパのような自由人になるために修業に励む様子をギャグやシリアス描写を交えながら描いた物語。
月刊少年ジャンプ(集英社)にて1993年から1999年まで連載された。

コミックナタリーより

[PR]

柴田亜美の名作ファンタジー

1993年に月刊少年ジャンプで連載されました柴田亜美さんの代表作の一つ『自由人〈フリーマン〉HERO』。
その電子版の配信が決定し、更には電子版限定で読み切りや新作の収録も発表されました。

本作は『自由人』と呼ばれる父親・シンタローの元で修行に励む主人公・ヒーローが、
獣人族や超人族など多種多様な種族の人たちの交流や戦いの中成長していき、
自身の出生の秘密を知る物語。

主人公含め、柴田亜美作品ならではの個性的なメンバーが顔を揃えており、
ギャグ有りシリアス有りの盛り沢山な作品。
柴田亜美ファンのみならず、ぜひとも読んでほしい逸品です。

更に今回は柴田亜美さんが他雑誌などで掲載した読み切りも収録されます。

9巻には最強ジャンプに掲載されました『ZOMBIE ZOO』。
11巻にgood!アフタヌーンで発表された『屍体の医者』。
最終12巻には描き下ろしとなる新作読み切り『HEROES』がそれぞれ収録されます。

最終巻に収録される『HEROS』は柴田亜美作品の『南国少年パプワくん』『ジバクくん』の
3作品コラボエピソードとなり、『自由人HERO』の花人界にそびえる世界樹を巡りトラブルに、
3作品の主人公が協力して立ち向かうというストーリーとの事。
花人サクラや虫人キリーたちが今の柴田さんの絵で描かれています。

特に『パプワくん』と『HERO』は世界観繋がってますし、
こういうコラボは感激ですね。
まぁ、『HERO』は『パプワくん』の遥か未来の話ですが。
折角なので同じく世界観が繋がっている『チャンネル5』も出してほしいですが無理ですかそうですか。

というよりも、それよりも!11巻の方も大事な話なんですよ。
good!アフタヌーンで発表された『屍体の医者』。
この収録が完全新作と同じくらいに嬉しい。
マジで!ってなりましたよ。

柴田亜美作品の中では異色の作品で、『パプワくん』にも登場したドクター高松を主人公にしたサイコサスペンス。
これ読みたかったんですよね。
掲載されてると知ったのが発売後しばらくしてからで見つからなくて、
短編集とか出す人では無いのでずっと待っていたんです。
本当にうれしい話です。

『パプワくん』からの柴田亜美ファンとしては、
今回のニュースは嬉しい内容盛りだくさんです。
この流れで『ドリームネットPAPA』の再販とか復活とかしてくれないかな。

コミックス版で全部有るので、
全部買うか9,11,12だけ買うか悩ましい所ですね(笑)

 

スポンサードリンク



スポンサーリンク