[スポンサーリンク]


『あつまれ!どうぶつの森』や『ゼル伝Botw続編』などNintendo Direct E3 2019で発表された情報を気になるところだけピックアップ

Nintendo Switch, ゲームどうぶつの森, ゼルダの伝説, 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

 

先日開催されたE3で発表された任天堂の新情報発表「Nintendo Direct E3 2019」。
世界を熱狂の渦に巻き込んだ?新情報満載の発表の中から、個人的に気になった情報をピックアップしました。

[スポンサーリンク]

ぶつ森完全新作『あつまれ!どうぶつの森』発売日決定

 

任天堂の人気シリーズの一つ、どうぶつの住人たちとほのぼのライフを過ごすコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』。
以前より制作の旨は告知されていましたが、ついにそのタイトルと概要が発表されました。

Nintendo Direct E3 2019より

最新作のタイトルは『あつまれ!どうぶつの森』。
今回はクソダヌキたぬきちに誘われるがままに、無人島生活を行うことになります。
たぬき開発が提案する無人島移住プランに決めた主人公は
テントを設営し無人島を自分の思うがままに整備して自分だけの無人島を作り上げることができます。

本作ではクラフト要素が用意されており、島に落ちている物や採取したものなどを組み合わせ
新たな工具や家具、アイテムを作り上げることで島の生活を充実させていきます。
制作には作業台とレシピが必要とのこと。

Nintendo Direct E3 2019より

制作に使ったり日頃の生活に用いるアイテムや素材、食べ物などは今まで以上に細分化され、
木材や石材も分類化され複数の材料が存在することに。
拾った素材を見てレシピを思いつく事もあるそうなので、色々拾って組み合わせていきましょう。

Nintendo Direct E3 2019より

作った家具は住まいの中や外、海岸などにも設置可能。
家の中だけでなく島全体がコーディネート空間に。

Nintendo Direct E3 2019より

川をまたいで飛び越えたり、木ごと掘り起こしたり、
左官工事のように道路を舗装したりと新アクションも満載。
花のつぼみだけ取り上げて華冠を作ったりも出来る様です。

Nintendo Direct E3 2019より

オンライン機能を使い人を呼んだり人の島に行ったりも可能なようなので
自分だけの島を作り上げ、自慢しあいましょう。

これまでの『ぶつ森』を保ちつつ、新たな楽しみ方を提案する
たぬき開発の「無人島移住プラン」。
畜生たぬきたぬきちのプランニングに乗っかって楽しみたい方は
あつまれ!どうぶつの森』の発売を楽しみに待つこととしましょう。

Nintendo Direct E3 2019より

もちろん、本作でも銭ゲバたぬきたぬきちからは色々と請求されます。
無人島でも借金まみれという理不尽を背負いながら楽しめる方、
2020年3月20日の発売日は有休を取って3連休無人島ライフと行きましょう。

Nintendo Direct E3 2019より

『スマブラSP』に『ドラクエ』の勇者と『バンジョーとカズーイ』参戦

 

ニンテンドースイッチの人気作品の一つ『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。
ゲームメーカー間のクロスオーバーで様々なキャラクターが登場する本作に、
新たなキャラクターが登場。

Nintendo Direct E3 2019より

メタナイト様たちに攻め入られ、劣勢に立たされたリンク
今や最後の時を迎えようとしたその瞬間、彼を助けに来る蹄の音が。

現れたのは『ドラゴンクエストXI』の勇者その人。
任天堂とスクウェア・エニックス、各社を代表する勇者のそろい踏みとなりました。

Nintendo Direct E3 2019より

ファイターズパスの追加第2弾として発表された勇者
独自に所有する「MPゲージ」を消費することでメラやアストロンをはじめとした呪文や
様々な剣技を使用するファイター。
ワザの種類はファイター中最多で、様々な状況でワザを使い分けて戦うことができるとのこと。

Nintendo Direct E3 2019より

また、カラーチェンジにて『ドラクエIII』の勇者(ロト)、『ドラクエIV』の勇者、
『ドラクエVIII』の勇者と、歴代の勇者に変更可能。
これはもう『ドラクエIV』一択ですわと言いたいところですが、
「何で男主人公だけなんだよ!」と喚く人が出てきそうな気がするー。

Nintendo Direct E3 2019より

ファイターの追加と合わせ新ステージ「天空の祭壇」も追加されます。

また、追加コンテンツ第3弾として『バンジョーとカズーイの大冒険』から
バンジョーカズーイの登場が発表。

Nintendo Direct E3 2019より

バンジョーカズーイはアイスクライマーの様に2人1組のファイターで
コミカルな動きをしつつ、2人での連携ワザが特徴。

Nintendo Direct E3 2019より

合わせ追加される新ステージ「クルクルやま」は、名前通りにステージが回転するギミックを搭載。
2019年秋配信予定とのこと。

なお、追加を告知されている残り2ファイターは2020年2月末までに順次配信予定とのことです。

『ゼルダの伝説 Botw』続編開発中

 

ニンテンドースイッチのローンチタイトルで、今なお根強い人気を誇る
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。
先日はVRキットに対応する更新がなされたりした本作の続編制作の告知が。

流された映像では厄災ガノンを倒した本編エンディング後と思われる、リンクゼルダの姿が。
遺跡を巡る中、現れる新たな兆し。

Nintendo Direct E3 2019より

古代シーカー族と思われるミイラにつかみかかる謎の腕。

Nintendo Direct E3 2019より

そして、沈み始めるハイラル城。

あくまで「続編開発中」とのことなので発売時期等は全くの未定ですが、
これは今から心が躍ります。

Nintendo Direct E3 2019より

前作ではその自由度の高さやそのシステムの独創性でいつまでもプレイし続けられるほどの楽しさを提供してくれましたが、
この世界を再び新たに楽しめるというのはうれしい限り。

前作で救い出したゼルダ姫と二人旅をする、流れが続いている状況の新作。
彼女が着いてくるとなると守りながら~とか、後ろを気にしながらーとかいうミッションが出たりするのか、
それとも拠点を設定してそこでいつも待っていてくれるのか。
柱を止めて殴って飛び乗って超高速移動をするリンクに彼女はついてこられるのでしょうか(笑)

『聖剣伝説3』フルリメイクで発売

 

1995年にスクウェアより発売された、SFC最後の聖剣シリーズ『聖剣伝説3』。
25年の時を経て、ニンテンドースイッチ/PS4/steamでの発売が決定。

聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』と題された本作では
ドットグラフィックで彩られていた原作を3Dに完全フルリメイク。

Nintendo Direct E3 2019より

リースデュランアンジェラケヴィンシャルロットホークアイたち6人の主人公たちが
あの頃の出で立ちで登場しています。

複数の主人公によるマルチストーリーやクラスチェンジといったシステムなど
本作ではどのように描かれるのかが今から楽しみ。

Nintendo Direct E3 2019より

色々な意味で人気になったリースアンジェラさんのクラスチェンジ後のコスチュームなど
そのあたりも含め期待がかかります。

リメイクにあたりアクション性の向上なども見受けられますので、
あの頃これでもかというほどやりこんだ人たちでも、
生まれ変わった『聖剣伝説3』をみっちり楽しめそうな予感。

Nintendo Direct E3 2019より

SFCで発売されたあの頃買ってもらいはしましたがクリア出来ていなかったので、
出来ればしっかりプレイしてどういうお話だったのか見てみたいものです。

2020年初頭発売予定とのこと。
これが当たれば続けて『聖剣伝説LOM』もお願いしたいところですが、
あれはあのグラフィックの雰囲気も含めての名作だからなぁ~。

『アストラルチェイン』『デモンエクスマキナ』など発売日多数決定

マーベラスエンターテイメントより発売の
ロボットアクションゲーム『デモンエクスマキナ』の発売日が2019年9月13日に決定

 

身体が闘争を求めている方も体験版をプレイした方もそうでない方も、
来る日にちをしっかり要チェック。
40分にわたるプレイ映像も公開されましたので、併せてご確認を。

Nintendo Direct E3 2019より

また、ニンテンドースイッチの新作アクションゲーム『アストラルチェイン』が
2019年8月30日発売に決定

 

生体兵器<レギオン>を操って協力し戦うデュアルアクションを駆使し、
ど派手なアクションを繰り広げる本作の発売日もお忘れなく。

Nintendo Direct E3 2019より

ゼルダの伝説 夢を見る島』のリメイク版の発売日も2019年9月20日に決定
新コンテンツ「パネルダンジョン」も搭載されさらに楽しみが増えているそうです。

Nintendo Direct E3 2019より

さらに、往年の名作アクションシューティング『魂斗羅』シリーズの最新作も発表。
CONTRA ROGUE CORPS』が2019年9月26日に発売とのこと

ミニスーファミにも収録されている『魂斗羅スピリッツ』をはじめ、
様々な媒体で戦い続けてきた彼らの新たな戦いが、ニンテンドースイッチで幕を開けます。

使用キャラクターもサイボーグパンダやエイリアンと融合した女性・ミス=ハラキリなど
ぶっ飛んだゲームらしい人物たちが色を添えます。

Nintendo Direct E3 2019より

情報一つ一つにワクワクが止まらない発表の連続。

秋にかけて上記3作に11月にはポケモン、春にはぶつ森でその先にゼルダBotwの新作と
来年にかけてもまだまだ覇権を手放さない様子のニンテンドースイッチさん。

色々と携帯バージョンとかの噂も出ていますが、
これからもどんな手で喜ばせてくれるのか、期待が膨らむばかりです。

スポンサーリンク