[スポンサーリンク]


『灼熱カバディ』第124話 あらすじとネタバレ感想~勝つためには獣になるしかないクマー

web・スマホマンガ, 更新情報灼熱カバディ, 裏サンデー

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

裏サンデーにて連載中、武蔵野創さんの『灼熱カバディ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

前回の感想はこちら

 

[スポンサーリンク]

第124話 最強の守備(前編)

カバディ高校大会 3回戦、奏和高校対紅葉高校。
後半戦も残り七分と少し、紅葉高校に遂に勝利へと繋げることが出来る機会が訪れます。

勝利のため、絶対に倒さねばならない相手がいる。
あの人を倒さねば、試合は決まらない。

奏和の頂点にして、世界組の守備最強の男。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

遂にやってきた、勝負の時。
一つのミスが命取りとなる残りわずかの時間。
イレギュラーだった片桐がコート外にいて、
出来る限り少ない守備人数。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

今、奏和の守備は六弦、高谷、栄倉の3人。
ここしかないと決断した右藤は一旦タイムを取ろうとしますが、
審判の方へ歩き出した彼を木戸が慌てて止めに入ります。

言われるがままに佐倉の方を見ると、既に準備万端の彼の姿が。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

右藤の頭を過ぎる、試合前の佐倉の言葉。

最強を取り戻しに行くんだ。

決戦に臨む彼の背中を押す様に、右藤は言葉を送ります。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

笑みを浮かべながら、ミッドラインを越える佐倉。
その一歩で、場の空気が一変します。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

観客席にまで伝わる異様な空気。
この試合の分水嶺だと思い知らされる。

しかし、その空気の発生源は攻撃手ではなく。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

その低い体勢から接触は必須と悟る高谷と栄倉。
高谷からすれば、いつ以来だろうか完全に蚊帳の外。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

とはいえそこに出しゃばる事も出来ず、攻撃手と守備の要は互いをロックオン。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

キャント一つの間、コンマ数秒の内に巡る幾重もの攻防。
僅か数ミリの勝負。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

隙を見せれば終わる、そう本能が知っている。
そのやり取りの最中、六弦はいつかの練習を思い返していました。

王城との練習をしているとき、見学していた佐倉に声をかけたことがあった。
あの時、遠慮していた奥手な少年が今や自らを打ち倒そうと攻め続けてくる。

佐倉を突き動かすもの、それはあの合同練習で覚え、見せつけられた「勝利への執念」。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

六弦を捉え、その目線から動作から、自らの脚を狙っていると判断する佐倉。

百戦錬磨の守備が狙う攻撃手の脚。
捕らえるべく動き出す、理想的動作。

その理想的動作を予測し叩き落とす様に動いた佐倉でしたが、
六弦の狙いはその予測そのものでした。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

理想的動作を捨て、掴んだのは佐倉の腕。
不利な体勢も承知の上。
未来を見透かすような人間に勝つには、獣になるしかない。

最強の守備が迫りくる攻撃手を落とすべく、
理知を捨て力の勝負へと引き摺り込みます。

『灼熱カバディ』第124話(前編)より

感想

後半残り7分となりながらもまだまだ激闘が続く奏和紅葉
遂にやってきた勝負の分かれ目、今回はなんと前後編でお送りします。

後半戦延々と点差を広げず追いつき追い越しを繰り返してきた2校。
今際どくも優位に立つ紅葉から、遂に場を動かし始めます。

驚かされた不確定要素こと片桐さんは場外ですし、他のメンツも少ないし
攻めるなら今!というのはごもっとも。
もしコレが能京だったら戦力外と見做されてる感がある
栄倉くん活躍コースなんだろうけど……無さそうだなぁ(笑)

攻め時を頭で理解した右藤と、直感で感じた佐倉
どちらも同じタイミングを機と見て動きますが、
「最強の守備」と認める相手へと挑むその感覚だけは当人しか分からない。

怯えるでもなく喜ぶでもなくといった表情を浮かべた佐倉でしたが、
その彼の背中を押したのはやはり友と家族。
置いていくのではなく共に進むことを決めた佐倉らしい微笑みでした。

感謝を告げる佐倉
『灼熱カバディ』第60話より

守る側もその機であると認識し、本腰を入れた六弦
練習試合の時の対王城の時の様に、狩人として獲物に向かいます。

エースやメンバーを差し置き向かい合った二人。
お互いに一歩も譲らずの攻防。
六弦からすれば弱気で遠慮がちだった後輩がこうもがっつくとなっては
嬉しいやら楽しいやらでも有りそうですけどね。
基本この人たちは戦闘民族ですから、好敵手の成長は素直に喜びそう。

気持ちは逸る
『灼熱カバディ』第80話より

以前は持っていた佐倉の悪癖、相手を過大評価し萎縮する性格。
しかしそれは自らの力を信じ、仲間を信じ、
勝つ為に、最強を目指す為に進むことで払拭されました。

六弦を「尊敬する強い先輩」ではなく「敵」と捉え向かう佐倉
彼を獣と定め仕留めにかかる六弦。
その獣に勝つため、自らも知性を捨て獣へとなることを決意。

しましたがまさかの熊。
六弦はゴリラではなく熊でした。
片桐さん登場の際に「ゴリラが2匹」とか思っていましたが、
ゴリラとクマのコンビだったとは。
そりゃ佐倉も萎縮しますわ(笑)

『灼熱カバディ』第111話より

獣同士がぶつかり合う戦いの行く末や如何に。

次回後編は7月2日、1週お休みでの更新になります。
最強の守備」はそれを描くのかそれを倒す者を描くのか。
この先もやっぱり見逃せません。

このタイミングで2週間も待てねぇよ!という方は
先読みで最新話の先の話も公開中のスマホアプリ「マンガワン」で後編をご覧ください。
ゴリラを巡る戦いを描く描き下ろしのちょい足しも有りますので、ぜひ。

マンガワン

[PR]マンガワン

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク