[スポンサーリンク]


『Gジェネ クロスレイズ』発売日決定!『モノアイガンダムズ 移植版』やシスクードが早期購入特典に!

19/07/12Nintendo Switch, PS4, Steam, ゲーム機動戦士ガンダム

『W』『SEED』『00』『鉄血』の4つの世界を舞台に繰り広げられる
『Gジェネ』シリーズ最新作『SDガンダム Gジェネレーション クロスレイズ』。

その期待の新作の発売日が遂に決定し、早期購入特典などの概要が発表されました。

[スポンサーリンク]

4つの世界が交錯するといいつつも追体験型

今回の『Gジェネ クロスレイズ』は宇宙世紀100年を舞台とした前作『ジェネシス』に続き、
ガンダムW』『ガンダムSEED』『ガンダム00』『鉄血のオルフェンズ』の4タイトルを中心に収録した
追体験型の『Gジェネ』。

今回、発売日が2019年11月28日(木曜日)に決定。
それに合わせ発表された新たなPVでは、上記4作のヒロインによるナレーションでの
新規映像などが公開されました。

『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

PVには新たなムービーシーンの他、新規システムの紹介も収録。

部隊編成において、戦艦に属さない「遊撃グループ」の作成や、
キャラクターを成長させる「アビリティ」の説明、
新規参戦となる様々な機体とキャラクターがCV付きで登場しました。

『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

ガンダムW 敗者たちの栄光』のトールギスF
ガンダムSEED Δアストレイ』のデルタアストレイ
ガンダム00P』のガンダムアルテミーなど多種多彩に登場。

『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

アルテミーに関しては、パイロットであるハナヨとあわせ
色んな意味で人気が出そうな気がしないでもない。

ガンダムマイスター874
『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

前作以前に登場したモビルスーツたちにも様々な新アクションが追加されていそうですし
派生機やバリエーションも細かく増え、かゆい所にまで手が届きそう。
あくまで4作品の中では、ですが。

『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

プレミアムGサウンドエディションも登場

Gジェネシリーズでは恒例となっている気がする
プレミアムGサウンドエディション」が今回も登場。

『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

ガンダムの物語を彩った様々な名曲が全35曲収録されるとのことで
RHYTHM EMOTIONINVOKE-インヴォーク-
DAYBREAK’S BELLSTAR GAZER~星の扉などなど
各TVアニメ作品の主題歌を中心にゲーム用サイズで収録され、
ゲーム中に再生される形になります。

早期購入特典で『モノアイガンダムズ 移植版』が同梱決定!

ニンテンドースイッチ版の『Gジェネジェネシス』でも
スーパーガチャポンワールド SDガンダムX』のDL版が同梱されていましたが、
そんな旧作のダウンロード版が今回も登場。

何となんと、『SDガンダム Gジェネレーション モノアイガンダムズ』が
今回その特典に選ばれました。

モノダイガンダムズ
『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

モノアイガンダムズ』は2002年にワンダースワンカラー/クリスタル専用タイトルで発売された作品で
1年戦争後期からグリプス戦役までをベースにした物語を
ジオン軍の兵士・シグ=ウェドナーを主役に描くオリジナルストーリー。

本作オリジナル機体であるモノアイガンダムのシスクードデスパーダ
各作品のキャラクターたちが交錯する完成度の高いストーリーが魅力で
初期稿デザインなストライクガンダムが登場したりと
色んな意味で楽しめる名作。

今プレイしようとすると中々に難しい旧作だけに
それをPS4やニンテンドースイッチでプレイ出来る様になるとは
それだけで買う価値が倍以上になるというもの。

あの時プレイしていた人も、『GジェネDS』からモノアイガンダムズを知った方も
「え、プラモ出るほど人気なの?」と思っている方も
是非ともプレイしていただき、シスクードたちの原点を感じてほしいものです。

モノアイガンダムズ
『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

なお、こちらの『モノアイガンダムズ 移植版』に関しては
PS4とニンテンドースイッチのみとの事で、
Steam版には付属しない
様です。
ご購入の際はその点要ご注意をば。

個人的に言えば『クロスレイズ』はPS4でやりたいけど、
モノアイガンダムズ』はニンテンドースイッチでやりたい。
あの時みたいに寝転がりながら携帯機でやりたい。
どうにかならないもんでしょうかね。

更にシスクードもティターンズカラーで参戦決定!

今回の早期特典は上記の『モノアイガンダムズ』だけでは無く、
主人公機・シスクードのティターンズカラー(黒色)の参戦も決定。

早期購入特典として、シスクード(ティターンズカラー)が生産リストに登録される
登録権が同梱されます。
あくまで生産リスト登録権なので生産コストはかかりますが、
それがあれば初手からシスクード部隊を生産する事が可能に。
ティターンズカラーは何体居てもおかしくないですからね。

シスクード(ティターンズカラー)
『Gジェネレーション クロスレイズ』PV第2弾より

『ジェネシス』でもDLCとしてエゥーゴカラーが参戦していたシスクードですが、
映像を見る限りはそのままの収録では無く新規モーションでの参戦の様子。

ティターンズカラー自体自分の記憶の限り『GジェネDS』以降の登場ですし、
二重の意味で嬉しいですね。

最近はクロスシルエットでのプラモデルの発売や
プレミアムバンダイ限定でのGフレームの発売と
世間がシスクードを認め始めた気がする昨今。

SDガンダム クロスシルエット 商品ページより

こうなればDLCでエゥーゴカラーやデスパーダテラ・スオーノ
更にはシグアインたちパイロットの登場も期待せざるを得ない。
いっそ完全リメイクの新作でも良いですよ?(笑)

何にせよ、そのお布施も兼ねて『モノアイガンダムズ』ファンは
今回の4作品に興味がなくても買いましょう。
今後の為にそういうのは必要。

早期購入特典として『モノアイガンダムズ 移植版』とシスクード(ティターンズカラー)
それとオプションパーツセットが同梱されます。
早期購入なので、取り敢えず発売日に買うべし。

改めまして、発売日は2019年11月28日木曜日
価格はPS4/ニンテンドースイッチ/Steam全て
通常版がパッケージ・ダウンロード共に¥8,200+税
プレミアムGサウンドエディションが¥12,000+税となります。
購入時には税率10%になってそうなのですが、9月までに予約すれば8%なのかなー。

2019年7月29日追記※『モノアイガンダムズ』ゲーム画面や特典詳細が発表!

公式サイトにて、早期購入3大特典の詳細が発表されました。

モノアイガンダムズ』ゲーム本編はスクリーンショットが公開。

『SDガンダム Gジェネレーション クロスレイズ 公式ページ』より

17年前に燃え上がったあの懐かしのGジェネが、TVの大画面でプレイ出来ます!
といった感じですが、流石にドットの粗さが目立ってしまう様な……。
PS4で買ったらば、PS Vitaでリモートプレイしてやるのが良いのかもしれません。
先にもご案内していますがSteam版は対象外なのでご注意を

シスクード(ティターンズカラー)もゲーム画面がいくつか解禁。

『SDガンダム Gジェネレーション クロスレイズ 公式ページ』より

やはり『ジェネシス』のシスクード(エゥーゴカラー)にはなかった様々なモーションが新規で収録されている様で、
取り敢えず最速で作ってキリシマさんにでも乗ってもらうとしましょう。

マイキャラクター作成」の機能も紹介されていましたので、
そちらでシグを頑張ってみるのも良いかもしれませんね。
でもシグ作ったらエゥーゴカラーじゃないとってなりますよね、悩ましい。

モノアイガンダムズ』関連と合わせての特典、オプションパーツ関連は以下の通り。

OPパーツ名 機能
追加装甲Ⅰ 最大HP+3000
エネルギータンクⅠ 最大EN+30
高感度センサーⅠ 命中率+3%
教育型コンピューターⅠ 回避率+3%
MS用増設ブースターⅠ MS/MAの移動力+1
WS用増設ブースターⅠ 戦艦の移動力+1
増設ハンガー 戦艦のチーム数+1
※チーム数は最大2チームまで

増設ハンガーとブースターは最初から手に入れてると大分助かりそうですね。
まぁハンガーでチーム増やしてもキャピタル無くて機体足りないとかなりそうですけど(笑)

その他「プレミアムGサウンドエディション」収録曲など詳しくは以下ページで。

Amazon他ECサイトで予約も開始されましたので是非。

スポンサーリンク