[スポンサーリンク]


『灼熱カバディ』第129話 あらすじとネタバレ感想~ゴリラの子はゴリラ、ゴリラの兄もゴリラ

web・スマホマンガ, 更新情報灼熱カバディ, 裏サンデー

『灼熱カバディ』第129話より

裏サンデーにて連載中、武蔵野創さんの『灼熱カバディ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

前回の感想はこちら

 

この記事の目次

[スポンサーリンク]

第129話 羽化

3回戦も終わり、ブロック決勝戦前の休息日。
宵越しと畦道は紅葉の右藤たちに呼び出されていました。

呼び出したことに対し気遣う右藤に対し逆に心配の言葉を掛けますが、
本人らは負けたのは過ぎたことだと切り替えている様子。

『灼熱カバディ』第129話より

マジでさっきまでは大丈夫だったんだってと話す右藤は
減量明けに甘いモノを食べたり服を見たりと色々遊んでみたそうですが、
佐倉は死んだ目のままその遊びに付き合わされていたようで。

『灼熱カバディ』第129話より

というのはここまで。
振り返りすぎるのは悪い癖だと、佐倉は自身を顧みます。

奏和と戦って、新しい考え方に触れることが出来た彼は、
まずは自らを優先する思考を持つことが出来る様になりました。

『灼熱カバディ』第129話より

だから今は試合を忘れて、と簡単に切り替えられれば苦労はしない。
まだまだ引き摺りそうな佐倉なのでした。

『灼熱カバディ』第129話より

結局のところ、なぜ二人は呼び出されたのか。
改めて本題に入ると、約束を守れなかったお詫びをしようと思ったと佐倉は言います。

合同合宿で交わした再戦の約束。
しかし二人以外の寮生は実家に帰っており戻るのが夜になるそう。
夏休み最後のオフ、現状の勝利報告も兼ねた帰省をしていました。

水澄は帰省した実家でも自分で昼飯作り。
部活も続いていて自炊の腕も上がったと説明しますが、
母親は彼の顔や身体を見て色々と分かっている様子。

『灼熱カバディ』第129話より

いや折られてはないけどと答えながらも、
なぜ分かるのか不思議な水澄。
母親は見りゃわかると言いながら彼が作っている料理をつまみ食いし、
そのまま仕事に出かける準備を始めました。

『灼熱カバディ』第129話より

ダセー真似はするな、ダセー奴らとはつるむなと
あまり親らしからぬ乱暴な言い回しで彼の背中を押すのでした。

一方、伊達は大きめの荷物を持って実家へと帰っていました。
丁度筋トレのインターバルなのか、プロテインを持った兄が出迎えます。

『灼熱カバディ』第129話より

そして彼の帰宅を待っていた父は、
これ見よがしに新しく仕入れた筋トレマシーンを紹介し始めました。

『灼熱カバディ』第129話より

後付けでスミスマシンも追加したと嬉しそうに語る父を横目に、
神妙な面持ちの伊達。

持っている荷物、段ボールの中身は野球部時代に使っていた物たち。
買って貰った物だから勝手に処分するのは気が引けてと相談するも、父親は気にするなと返します。

『灼熱カバディ』第129話より

違う競技でもその筋肉を見れば分かる。
充実していることも、目標を持って進んでいることも。
父は今努力を積み重ねる彼を、心から応援してくれるのでした。

そして井浦は実家で姉と向き合いながらネットゲーム。
本当に勝っているのかと疑う姉にクジ運はどうしたのかと問われ今年に取っておいたと答える井浦。
しかし、他の人に引かせたんだなと即座に図星を突かれてしまいます。
この弟にしてこの姉ありという様な性格の様で。

『灼熱カバディ』第129話より

お祝いにいい装備をあげようと労う姉に対し、最近はやる時間も無いと断る井浦。
そんな彼に、姉はまーくんはどうしたのかと尋ねます。

高3にもなってまーくんややめてやれよと井浦が指摘するも、
可愛いからいいじゃんと否定する姉。

『灼熱カバディ』第129話より

そのまーくんこと王城は、久納と共に墓参りに来ていました。
その墓には「王城家之墓」の文字が。

『灼熱カバディ』第129話より

仏前に花を添える二人。
花は母に贈るもの、父は海外にいることが多く何が好きか分からないと話す王城に、
久納は正人ちゃんと同じだと答えます。

『灼熱カバディ』第129話より

じゃあお話のほうが嬉しいかな。
そう思った王城は座り込み、墓前に向かい勝利報告を始めました。

『灼熱カバディ』第129話より

強い仲間に支えられている、中には怖いくらい成長を見せる子もいる。
王城の話に続く様に、久納も完璧ではないが調和し始めている良いチーム、
まだ勝利報告は早かったかと思うくらいだと話します。

また勝利報告に来るね。
王城はそこに眠る父にそう告げ、改めてその決意を示すのでした。

『灼熱カバディ』第129話より

そして、右藤たちと話していた宵越と畦道は帰省はせず。
佐倉が用事があったのは宵越だった様で、連絡先が分からず畦道に呼んで貰ったとの事。

お詫びなら先輩にではないのか、そう問う宵越でしたが、
佐倉はお詫びもあるが宵越に渡したいものも有ったと話します。

『灼熱カバディ』第129話より

実践で使えるかどうかは君次第だと語る佐倉ですが、
どうにもそういう自信が出ない性分。

『灼熱カバディ』第129話より

そんな事をしていいのかと確認するも、チームの了承は取っていると根回し済み。
今教えるものより遙かに良いモノを得る自信はあるし、
そもそも得られなければそこまで、先はない。

気にしなくていいと説明する佐倉に対し、なぜ自分なのかと尋ねる宵越。
それに対しても佐倉は、それに足る理由を持ってきていました。

『灼熱カバディ』第129話より

教えるなら伸びる人が良い、自分にも張り合いが無いと。
何となくそう感じると語るその言葉に引っかかる宵越ですが、
右藤は彼の「何となく」を知っているだけに、微笑ましくそれを眺めます。

『灼熱カバディ』第129話より

コートを描きながら小言が口から垂れる佐倉に対し後悔するのではと確認を取りますが、
それはないと断言。

正直に言えば、これは宵越たちの為ではないのかもしれない。
そうすることで面白くなるかもしれないと思っただけ。

『灼熱カバディ』第129話より

自らの意志で、そうしたいと思ったことをする。
かつての佐倉なら思いもしなかった事を行うことが、喜ばしい右藤。

答えを聞いた宵越は何でもいいかと言いながらも、
その胸を借りる為に上着を脱ぎ捨て立ち向かうのでした。

『灼熱カバディ』第129話より

感想

紅葉奏和の激戦も終わり、ブロック決勝直前のインターバル。
戦いを前に皆様々な休暇を取っていました。

右藤佐倉に呼ばれた宵越畦道
再戦の約束も果たせず、ベスト16で敗退と悔しくてたまらないでしょうに、右藤は外面上はいつも通り。
彼からすれば負けたのは悔しいでしょうけど、次に来る試合もまた楽しみですものね。
佐倉もまた同様に次を目指して、とは行きませんでした。

そりゃあと一回勝てば念願の王城との戦い、彼と戦える最後の試合が待っていたんですものね。
その落ち込みも人一倍かとは思います。
そんな彼を平気で引っ張りまわせる右藤、流石ですわ。

『灼熱カバディ』第129話より

宵越らの先輩方は揃って帰省。
水澄の母親は時々登場していましたが、相変わらず美人さんです。
が、言葉の端々から感じる元ヤンキー感、というか今なおといった様子。
この親にしてこの子有りと言えなくもない親子ですな。

ただまぁ息子は鼻が折れるかと思えるほどのぶつかり合いをする様なスポーツに打ち込むスポーツマンになりましたから、
真っ当に目標目指して頑張る姿は親からしても輝かしく見えているのではないでしょうか。

『灼熱カバディ』第103話より

対する伊達は過去との決別も含めての帰省。
何ですが話の流れよりなにより父親と兄貴のインパクトが強すぎて感動出来ないよ。

息子が帰ってくるなりパワーラックを見せつけるって親子揃って筋肉バカばっかりだこの家は。
こうなると登場しなかった母親がどんな方なのか気になって仕方ない。
是非ブロック決勝の応援に家族総出で来ていただきたい所です。

井浦に関しては家族どうこうもあるけどまずその家具配置ね。
二人が向き合ってゲームしてるのリビングですよ。
キッチンのカウンターの前にPC2台ってどんな家やねん。

『灼熱カバディ』第129話より

お姉さんはお姉さんで井浦に輪を掛けたようなあくどい性格の様ですが、正直好みです(笑)
ショートカットでメガネでオタクなお姉さんとか最高やん。
ただオタク具合がディープにも程が有りそうなレベルそうなので、お手柔らかにお願いしたい所。

『灼熱カバディ』第129話より

水澄伊達は分かりますが、
こんな家に生まれた井浦がどうやってカバディに触れハマっていったのか流れが分からないわ。
カバディ関係なく王城と友達だったのかな。

そしてまーくんこと王城は帰省ではなく墓参り。
時折お話に出ていた父親は既に故人でした。

「親子そっくり」だと色々な人に言われていましたが、父親は王城の様に無茶をしすぎたのでしょうか。
それとも何か事故などでしょうか。
両親共となるとその辺り中々に重そうな話な気もします。

しかし、そんな背景は見せず明るく父親に話しかける王城
勝利報告と言っていながら、大会が終わってまた来るという優勝宣言まで繰り出す彼。
もちろんの事ではありますが、まだまだ負ける気はない様子。

そんな王城率いる能京のホープ・宵越に、佐倉は技を教えに来たそうで。
実際既に合同合宿で回転を用いたことのある宵越ですが、
それを確実に手に出来るのであればまた一つ高みを目指す力になる事でしょう。

『灼熱カバディ』第66話より

宵越の伸びしろを「なんとなく」の一言で済ませた佐倉ですが、
彼の「なんとなく」は守備や攻撃に対し未来予知と思えるほどの予測が出来る感覚。
きっとその期待に応える様に、宵越もガンガン成長していくことでしょう。

次回更新は9月3日。
佐倉のチキチキ回転トレーニングの回、お楽しみに。

スマホアプリ「マンガワン」では、そのトレーニングも含め最新話のその先が先読みで公開中。
伊達家の日常が垣間見える描き下ろしのちょい足しも有りますので、是非そちらでもご覧ください。

マンガワン

[PR]マンガワン

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク