[スポンサーリンク]


トネ・コーケンさん原作『スーパーカブ』コミカライズ版連載開始!してました

18/02/10web・スマホマンガ, ニュースオススメ紹介

トネ・コーケン原作・博キャラクター原案による蟹丹の新連載「スーパーカブ」が、KADOKAWAのWebマンガサイト・コミックNewtypeでスタートした。

「スーパーカブ」は、山梨の高校に通う女子・小熊が中古のスーパーカブを手に入れたことから始まるバイクストーリー。
第1話では、両親も友達もおらず趣味もないというないない尽くしの日々を送るヒロインとスーパーカブの出会いが描かれる。

コミックナタリーより

[PR]

第1話を読んでみて

webマンガサイト・コミックNewtypeにて、スーパーカブに乗る女子高生を題材にした漫画
『スーパーカブ』の連載がスタートしました。

そんな作品が有るとは知らず読んでみましたが、
まぁ主人公の現状の重さをスルーするかの様な展開のお話で。
父は既に居らず、親戚も無く、母親蒸発して天涯孤独って、
尚且つそのまま生活続けるって、
それカブにスポット当ててる場合じゃ無いよね(笑)

とはいえ、出会ったカブも前科三犯という中々の重さ。
重さ的に出会うべくしてという所でしょうか。

カブを手に入れた小熊はこれからハンドルガードを買い、
バイザーを付けて前カゴを載せて、
後ろにボックス積んでハンドル部分にスマホホルダーを設置し、
充電用のソケットをバッテリー直結で繋いで、
エンジンを変えてボアアップしてマフラーを変えて、
何ならハンドルもカマキリなイカしたタイプに交換しちゃうんでしょうかね。
そんなカブカスタムストーリーじゃありませんかそうですか。
それはそれで見てみたいモノですが(笑)

これからどんなストーリーが展開されていくのか、
同じスーパーカブ乗りとして、
こっそりと応援していきたいと思います。

原作は小説との事で、2巻まで刊行中。
文字ベースで読みたい方はそちらもどうぞ。

マンガが気になる方はこちらから↓
コミックNewtype スーパーカブ

スポンサーリンク