[スポンサーリンク]


『灼熱カバディ』第134話あらすじとネタバレ感想~回転は無限の力だ

web・スマホマンガ, 更新情報灼熱カバディ, 裏サンデー

奏和高校・高谷の攻撃
『灼熱カバディ』第134話より

裏サンデーにて連載中、武蔵野創さんの『灼熱カバディ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

前回の感想はこちら

[スポンサーリンク]

第134話 盗んだ技術

能京高校対奏和高校。
能京の攻撃は六弦の地力に抑えられる形で失敗し、宵越が場外へ。

分かってはいたが練習試合の頃とまるで違う。
悔やむ宵越に対し、井浦はすぐに戻れるようにしておけと声を掛けます。

能京も練習試合の頃とは違う
『灼熱カバディ』第134話より

高校は奏和・高谷。
彼がセンターラインを越え自陣に入り込むや否や、
左角の伊達と伴が襲い掛かります。

彼らに対処すべく意識を向けたところに、井浦がさらに手を伸ばす。
苦い顔で回避に専念する高谷をファンクラブはじめ観客たちが不思議に思いますが、
彼の苦渋の元、能京の強気な守備は彼らの練習の賜物なのです。

果敢に攻める守備
『灼熱カバディ』第134話より

今まで強いられてきた外園や大和の様なパワータイプの攻撃手との戦い。
苦手なこれまでと異なり、今回は長身のスピードタイプが相手。
宵越と同じ、スピードをメインに戦う選手が相手となれば、彼らの土俵。

能京の土俵
『灼熱カバディ』第134話より

やり難さに辟易する高谷。
確かに自分たちも宵越は多少やりやすいと、彼らの強気に奏和陣も納得せざるを得ません。

ならばと策を講じる高谷。
上半身を激しく振り動かしフェイントに次ぐフェイント。
誰を狙うかの予想も付けられないその動きに観客も翻弄されてしまいます。

高谷の、すごい、フェイント
『灼熱カバディ』第134話より

が、目線と体重移動と手先が全て別方向に向くほどのそのフェイントですらも、
能京はしっかりと対応。

フェイントも上手に見極める水澄
『灼熱カバディ』第134話より

水澄の特攻を、高谷は寸でのところで回避して難を逃れます。

彼の動きに冷静に対処した水澄。
自称・二年のテッペンさんと高谷を心中で呼びながら、
その相手の次の動きを警戒します。

亜川の独り言に反応する水澄母
『灼熱カバディ』第134話より

守備陣から離れ、センターライン手前まで下がった高谷。
彼が繰り出した次の手は、宵越と同じ助走をつけた特攻でした。

ダッシュする高谷
『灼熱カバディ』第134話より

出来るはずが無いと思いながらも、彼の力なら有り得ると予想する水澄。
ならばバックかカット、どちらで来るのか。
宵越が居ない今、攻撃手の王城をバックで仕留められては次の攻め手が無い。

最悪、それは王城を獲られる事
『灼熱カバディ』第134話より

そう予想した水澄が王城をかばうべく前へ出る。
が、高谷が放ったのはどちらとも違う第三の選択肢でした。

ブレーキで水澄に触る
『灼熱カバディ』第134話より

ハッタリに見事嵌ってしまった水澄。
そのまま高谷は自陣へとUターンし、帰り際に駆け付けた伴の手もストラグル。

冷静に一つずつ落とすかのような動きの高谷。
彼は自らが無理して王城を狙わない様、自制をしていました。

水澄は高谷のスピードに追い付けない。
悔やむ彼の目の前で、横から突っ込んできた畦道が高谷の腰に食らいつきました。

タックルして喰らい付く畦道
『灼熱カバディ』第134話より

が、その前はセンターラインまで何もない。
方向が悪い、高谷はそう思いながら畦道に目もくれず走り続けます。

高谷の道筋は崩れない
『灼熱カバディ』第134話より

見もしない。
その高谷に対し、悪気が有るとは思わないと一人考える畦道。
今戦っているのは、自分が思うより残酷な世界。

一歩先を奪い合う、それを繰り返す残酷な世界
『灼熱カバディ』第134話より

もう分ったよ。
そう思いながら、畦道は体重移動を使い、高谷の軸ごと回転させるのでした。

高谷を回転させる畦道
『灼熱カバディ』第134話より

かつて、宵越を見て彼女はいい友達が出来て良かったと言ってくれた。
でもいい事ばっかじゃない。

世界組・外園を止めることが出来なかった。
それを同じ1年生の関が止めた。

一回戦、外園を止めた関
『灼熱カバディ』第134話より

大山律心・大和には歯が立たなかった。
それでも、宵越は彼を止めチームを勝利に導いた。
その活躍を、背中越しに見る事しか出来なかった。

二回戦、大和を止めた宵越
『灼熱カバディ』第134話より

そんな宵越を、佐倉は「君が一番伸びる」と言った。
彼に教えられる回転の技術を、自分は横から見るしか出来なかった。
だから、見てその技を盗んだ。

地に伏し天を見上げる高谷
『灼熱カバディ』第134話より

天井を仰ぎながら、溜め息を吐く高谷。
実力は知っていたけども、ここまでとは思っていなかった。

感想は?と畦道に尋ねる。
問われた畦道はまだこれは練習試合のお返しだと答え、自らの思いを口にするのでした。

こっから混ぜさせてもらいます。頂点争い
『灼熱カバディ』第134話より

化けるね、どいつもこいつもと悪態をつきながら
差し出された左手を掴む高谷。

奏和の攻撃失敗による能京の得点獲得。
それよりもあの高谷を注目されていない選手が止めたことに場内は沸き起こります。

能京1点獲得に沸くベンチ
『灼熱カバディ』第134話より

仁が気にしてたボウズ、やっぱりスゲーんだなと素直に感嘆する冴木。
それに対し不破は後10cm身長があればと、彼自身がまだ惜しい存在であると返します。

「回転」を用いたその動きに驚愕する佐倉。
まだ宵越にも守備に応用するところまで教えていないのに、横で見ていた彼がそれを見出した。

佐倉でさえ計り知れなかったその実力、選手も観客も皆が彼に注目を始めます。

そして、そんな彼にドロボーと言い寄る宵越。
元々貰い物だろうと彼を諌めながらも、畦道は彼を更に挑発。

おめぇはもっとすげぇの見せてくれんだろ?
『灼熱カバディ』第134話より

憤りを抑えながら、当然と返す宵越。
そんな彼らの言い争いを見ながら、畦道の彼女は嬉しそうに笑みを浮かべるのでした。

やっぱり良い事ばかりだね
『灼熱カバディ』第134話より

感想

六弦の予想以上の力により文字通り叩き伏せられ、攻撃失敗から始まった能京対奏和。
高谷の追い打ちで更なる窮地へとの心配も有りましたが、予想だにしない活躍で試合は均衡を保つ形になりました。

宵越不在の六人で迎えた奏和・高谷の攻撃。
紅葉の時の成長も含め、最初から本気モードの彼がどんな猛攻を繰り広げるかと思いきや、
まさかの能京優位ムード。

普段宵越王城で散々特訓を繰り返している彼らからすればこれまでの重量級が不得手だった訳で、
高谷の様なスピードタイプはむしろ得意分野。
超高性能攻撃マシーン練習も含めこれまでに培われた成果が如実に表れています。
奏和からすればむしろ六弦が攻撃に出た方が有効だったかもしれませんね。

『灼熱カバディ』第108話より

とはいえ、似たタイプなだけで同じでは無く宵越以上に搦め手がお上手。
激しいフェイントを繰り出しますが、それも能京には対応出来る範囲。
かつては世界組たちの戦いにただただ傍観するしかない程だった水澄も、エース相手に戦えるレベルに。
お互い本気を見せ合う熱い戦いに手に汗握ります。

で、そんな高谷が繰り出した助走を付けたダッシュ。
そこから想定されるのは宵越が繰り出す<カット>と<バック>。
水泳で鍛え上げたしなやかな体と軽やかなフットワークを持つ彼なら同じ様な技を繰り出せる可能性はありますが、
自分の技がパクられたからって宵越くん怒り過ぎですわ、そない怒鳴りつけんでも(笑)

王城を取られることを危惧して前に出た水澄ですが、その動き自体が誘い出す為の餌でした。
見事に策略に嵌ってしまった水澄さん、中々そういう駆け引きは難しいものです。
で、呆気に取られた隙に突き放されて困ったものですが、そこに現れたのが畦道

これまでの試合でも多少の活躍は有れどここ一番で戦えなかった彼、
今回も高谷には冷静に対処される程の単身の特攻。
でしたが、そこでまさかの技術を繰り出しました。

佐倉が生み出し、宵越へと伝えた技<回転>の技術。
それを受け継いだ本人よりも先に、目で見て盗み応用しての使用。

畦道自身センサーが敏感で他人の体のバランスも分かる様な人間ですから、
「どう動かせば回転させられるか」という判別も付きやすいのでしょうか。
敵からすればエライ技術を搭載してしまったものです。
不破も身長を苦言していましたが、逆に言えば身長以外は認めているという事ですものね。

チームで一番強い奴が一番強い奴だ
『灼熱カバディ』第80話より

にしても、あの畦道宵越たちの活躍を見て悔しがっていたというのがまたね。
たちが入ってきた時も共に強くなるという協力路線で考えていた彼ですからたちの成長も宵越の活躍も嬉しい筈なんですが、
やっぱり手放しにとは行かない様で。

ほぼほぼ同じ時期に始めた宵越に対する評価、彼自身の成長と活躍。
仲間だからこそ、友達だからこそ思うことも有るでしょう。

その感情を持って自らの成長を成し遂げるとは大したものです。
不破以外の誰しもが測れていなかった彼の実力、この試合で引き続き如何なく発揮される事でしょう。

『灼熱カバディ』第115話より

次回更新は10月22日。
高谷は転びましたが試合はどう転ぶのか、まだまだ分かりません。

スマホアプリ「マンガワン」では、そんな試合の先が先読みで公開中。
王城六弦も思いの外早く始まりますので、気になって仕方ない方は我慢せずにそちらもぜひ。

マンガワン

[PR]マンガワン

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク