[スポンサーリンク]


『終極エンゲージ』第36話 あらすじとネタバレ感想~巨大化と言う名の大きな負けフラグ

18/02/03web・スマホマンガ, 更新情報ジャンププラス, 終極エンゲージ

ジャンプ+にて連載中、江藤俊司さん原作/三輪ヨシユキさん作画
『終極エンゲージ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
終極エンゲージ

前回の感想はこちら
『終極エンゲージ』第35話 あらすじとネタバレ感想
 

[PR]

第36話【VSプワメ】

クリスの登場に三者三様
終極エンゲージ 第36話より

前回、カーマの体内に仕込まれた爆弾を寸での所で取り出し、
ジョージに投げつけたクリス。
勿体ぶらずにここでケリを付けようと宣戦布告をするも、
ジョージはその意にそぐわず。

プワメに増殖制限の解除を伝え、皆殺しにしてしまえと指示。
その言葉にテンションの上がるプワメは、
一気に触手を増大し、ビルの屋根を覆うほどに増殖し始めました。

増えるプワメちゃん
終極エンゲージ 第36話より

下手したら星ごと滅びるよと忠告するミムラに、
どうせあの王子は死なないし、
多少遅れても女王決定戦そのものが開催されればいいと返すジョージ。

『宇宙の卵』の奴隷ごときがイキりやがって、と
侮蔑するジョージを見つめるミムラ。
何やら思うところは有る様ですが、
口にはせず黙っています

一方、増殖したプワメの足元ではカルキと瀕死のカーマを
クリスが護っていました。

護るクリスさん
終極エンゲージ 第36話より

プワメのこの攻撃は『卵』の加護を貫通していない。
何か法則が有るのかと推測するクリス。

カーマが自身の行いをクリスに詫びようとしますが、
無理やり爆弾を取り出したために今動くと生命の保証が出来ないと、
注意して言葉を遮ります。

なんて偉そうに言っといて、俺も限界だけどな。
と、その場に倒れ込むクリス。
やはりジョージとの戦いの傷を堪えていた様で、
これ以上動けないと突っ伏したまま喋り続けることに。

ジョージの相手を見下したがる性格を読み、
「挑発すればその逆に動くはず」と予測したクリス。
見事的中し、何とか彼の登場は避ける事が出来たが。

『骨』に乗り、プワメの増殖を回避していたファリアは
クリスたちを見つけ、永久に育つ勢いだと呼び掛けます。
が、その場に倒れているクリスを見て驚愕。
その後ろで、巨大化したプワメが高笑いしながら姿を現しました。

生える巨大プワメ
終極エンゲージ 第36話より

どうやらカルキとファリアに頑張ってもらうしかなさそうだ。
そう詫びるクリスに対し、母を救けてくれてありがとうと返すカルキ。

ここから先は私が引き継ぎます。
貴方は私で、私は貴方ですから。
そう微笑むカルキ。

後ろから触手が襲いかかるが、妃技の12『神剣カリガリ』で
本体ごと切断。

神剣カリガリで切り裂く
終極エンゲージ 第36話より

真っ二つに切られ、驚くプワメですが、
口元をゆがめてカルキを見下ろします。

貴方が例のクローンちゃんね、と声をかけ、
パパと同じ技を使うなんて感じちゃうと小ばかにするプワメ。
無駄なの無理なの、止まらないのと
扇情的に言葉を発しながら増殖を続け、
切り傷もあっという間につながり修復。

増殖の勢いを増すプワメですが、
その顔と胸に大きな穴が開きます。

巨大プワメを穿つ
終極エンゲージ 第36話より

そこには大きなドリルを持ったファリアの姿が。
放つ技の名は『骨の叫び〈オス・スピンタ〉』。
『骨』を槍と組み合わせ、ドリル上にして扱っている様です。

『骨の叫び』
終極エンゲージ 第36話より

その実力の一端を目にし、彼女の強さに目を見張るカルキ。
念動力で宙に浮かぶファリアはそのまま
プワメの排除の協力をカルキに半ば命令する形で要請します。

更にはカルキたちの話に物言いが有る様で、
大体ねぇ!と槍を向けたまま話を続けます。

ストーカー自慢その①
終極エンゲージ 第36話より

いきなり何を言い出すかと思えば、クリスの話。
現状のピンチなどお構いなし。

カーマが冷静に、全部っていくつでしたっけと
クリスに問いかける。
思い返し、300以上かなと答えるクリス。

ファリアは感動したのよと話を続けます。
宇宙生物の保全に対する考え方、
海洋生物に関する論文なんてガン泣きしたんだからと、
涙を浮かべながら、熱く語る彼女。

ストーカー自慢その②
終極エンゲージ 第36話より

自らをネトスト(ネットストーカー)と自負する彼女は、
そんな私の前で良くもクリス様をと、
切っ先を巨大プワメに向けます。
浮かべていた涙は、クリスが倒れていたからの様で。

カルキでも若干引いちゃう
終極エンゲージ 第36話より

クリスの眼鏡の機能を用い透過してみたところ、
種子のような外殻に守られている部位が有ると助言するクリス。
頭部、そのど真ん中をぶち抜けという彼の言葉に、
意識を高めるカルキ。

触手を避けながら、ドリルを振るいプワメを削るファリア。

ドリルを振るう
終極エンゲージ 第36話より

しかし再生が早く、遂にはその触手に捕えられてしまいます。
が、実の所それが目的。
今なら頭ガラ空きね、と敢えて確認を取ります。

その後ろ、構えるカルキに号令を放ち、
彼女も応えます。

その手より放たれるは妃技の3。

終極エンゲージ 第36話より

放たれた一撃はプワメの核を突き破り、
見事破壊しました。

感想

前回、ピンチに現れカーマを救ったクリス。
そのままジョージを挑発しましたが、乗ってくれませんでした。
しかしなから、ソレがクリスの読みだったようで。

あきません、やっぱりジョージさんが
ちょっとずつ小物化してしまっている。
行動を読まれるわ捨て台詞吐いちゃうわ、
末には手下を巨大化させるなんて、
負けろって言ってるようなものじゃないですか。
どの世でも巨大化は負けフラグですよ、
ジャイアント・さらば!なんて出来る立場でもあるまいし。

たわわな果実を実らせるプワメさんが
大きくなっちゃった!なんて
大きいのが更に大きくなっちゃいましたが、
切られ貫かれやられたい放題。
遂には顔まで破壊されちゃって退場とな。
折角キャラが立ってきた所だったのに残念だ。

そしてクリスのメガネ凄ぇ。
透過って何よ(笑)
回想で出た幼い頃から付けてるからデザイン的な好みかと思ったら
何という実用性。
是非番外編でその他の秘密機能を網羅して戴きたいところ。

さて、残る「娘」は褐色メイド・セラエラ、寡黙なマスク娘・ミッヒ、
そして当ブログ一押しのピーヴリーちゃんの三人。
セラエラはトリウィアが向かっていて絶体絶命だし、
ジョージの元に残った二人以外は全滅ですかな。
残った二人にも、活躍が有らんことを願います。

にしてもファリアさんの強さね、凄まじいわ。
自らを至宝と称するだけは有る。
って前回カーマも言ってましたけど、
ソレ結局「自称私強い!」って事ですよね(笑)
いやさ実際強いんでしょうけど。

そして自ら誇るほどのストーカーっぷり。
顔から惚れたけど、論文見て人柄も惚れたのなら、
追う理由は十分ですね。
やってる追いかけ方は十分を通り過ぎてツッコミどころだらけですけど。
好きな人の会社の株買うってアナタ。

そんな強さよりもヤバさ際立つ彼女の協力も有って、
見事巨大な果実を撃破。
次回はここからどうなるのでしょうか。
そしてジョージに思うところ有りそうなミムラ、
裏切りは本意なのかどうなのか。

次回更新は1月21日。
コミックス4巻の発売日も決定しましたので、
気になる方はチェックお忘れ無く。

また、スマホアプリ『ジャンプ+』でも最新話・過去話がお読みいただけます。
そちらも気になる方はお忘れなく。
 

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

[AD]少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク