[スポンサーリンク]


『HOUSE OF THE DEAD』シリーズ最新作『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』セガ秋葉原3号館にてプレ・ロケテスト開催!

18/02/03ゲーム, ニュースHOUSE OF THE DEAD

セガ・インタラクティブは、アミューズメント施設向けゲーム「HOUSE OF THE DEAD」シリーズの最新作『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』(ハウス・オブ・ザ・デッド ~スカーレット・ドーン~)のプレ・ロケテストを2018年1月19日~1月21日の間、セガ秋葉原3号館(東京)にて開催します。

INSIDEより

 
ゾンビを撃って倒すガンシューティングの名作『HOUSE OF THE DEAD』。
その最新作『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』のロケテストの開催が発表されました。

開催期間は1月19日から21日の3日間、セガ秋葉原3号館にて開催されます。

『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』はアーケードで
一世を風靡したガンシューティングゲーム。
ゾンビやクリーチャーたちが襲い来る中、
作品ごとに起こる事件や謎を解決していくストーリーになっています。

3ではショットガン、4ではフットペダル採用などシステム面の改良も多く、
またストーリーにおいても、シリアスで謎めいた展開が続き
楽しめる作品になっていました。

今回はグラフィックエンジンに「Unreal Engine 4」を採用し、
今まで以上に圧倒的なグラフィックで表現されたクリーチャーたちが、
シリーズ最高の物量で襲い掛かってきます。

また、今回は従来の画面の前に立ち
ガンコントローラーやフットペダルを操作するタイプから、
箱型の筐体の中に入り、座ってプレイするスタイルに移行。
プレイの進行に併せ、空気砲がプレイヤーに放たれたり、
シートが振動するなどのギミックも搭載。
更に、人感センサーにより筐体外部が光るギミックを実装し、
集客効果もバッチリとの事。

プレイ人数は従来通り2人まで。
プレイヤー同士の協力パートももちろん健在。

ロケテストではクリアするかゲームオーバーになるまでプレイ可能で、
混雑状況によっては整理検討の配布も検討中との事でした。

最新作となる今作、今まで登場したローガンやGたちAMSのメンバー、
また、マジシャンやエンペラーたち往年の敵たちの登場も気になる所。
ゲーセンでやるにはなかなか難しくて、出来ればコンシューマに出てから
プレイしたい所ですが、筐体ならではのギミックを考えると、
取り敢えず関西でのロケテか本リリースしてから、試してみるかなー
といったところですね。

個人的には、『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』の最新作を期待したいのですが、
今更ですかそうですか。
PS4の能力をフルに生かしたザ・タイピング・オブ・ザ・デッドとか、
有りだと思いますよ?(笑)

スポンサーリンク