[スポンサーリンク]


『心臓に杭を打ちつけて』第19話 あらすじとネタバレ感想~レンフィールドを蝕む呪詛の言葉とは

18/02/03web・スマホマンガ, 更新情報ジャンププラス, 心臓に杭を打ちつけて

ジャンプ+にて連載中、大宮嵐さんの
『心臓に杭を打ちつけて』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
心臓に杭を打ちつけて

前回の感想はこちら
『心臓に杭を打ちつけて』第18話 あらすじとネタバレ感想

スマホの方はこちらから

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

[AD]少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

[PR]

第19話【本心】

前回、れもんがブラムの元に辿り着くも、
傷付き傷付ける恐怖に苛まれ苦しむブラム。
そんな彼に、兄・レンフィールドは悪魔の囁きをします。

れもんちゃんの血吸っちゃいなよ。

とびっきりの笑顔で、明るくそう言い放つレンフィールド。
彼女を傷付ける罪悪感で苦しんでいるのなら、
血を吸ってその事実を忘れさせればいい。
今後お前といたらまた傷付くし、
そんなに大切なら忘れさせるのが優しさだろ?

一人納得する様に話す彼は、高らかに言葉を続けます。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

まぁお前はまた独りになるけど、慣れてるだろ?
そう言い放ち、歪んだ笑みを浮かべます。

れもんの血を飲む。
その言葉を反芻し、思い悩むブラム。

確かにれもんなら、いややはり無理だ。
様々な思いが頭をよぎる。

そうすればもう何も考えなくていい、苦しまなくていい。
そう悩む彼の頭によぎるのは、
そうする事で終わらせられる、これまでの思い出。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

か細い声でつぶやく、いやだという拒絶の言葉。
聞き取れず聞き返すレンフィールドに対し、
れもんが私を忘れるなんて、一緒に居れないなんていやだと、
しっかりと否定する。

どれだけ身勝手なと注意するレンフィールドですが、
ブラムはそれでもと言葉を遮ります。

それでも私は、れもんといたい!
そう叫ぶブラムの言葉に応える様に、教会の扉が押し開けられます。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

いたー!と指をさし、駆け寄るれもん。
その事態に悔しそうな表情を浮かべるレンフィールドは、
ミナに追及します。

私の意思で入れました。
拳を握りながら答えるミナの返答に、がっかりだと返すレンフィールド。
冷たく言い放つ彼の言葉に、ミナは唇を噛み締めます。

そんな言い方無いっしょと注意するれもんに対し、
何しに来たわけ?と冷たい態度のまま問い質すレンフィールド。

れもんはその言葉に対し、クソドラちゃんシメに来ただけだと
予想外の答えを返します。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

理解出来ずクエスチョンマークを浮かべるドラクル兄弟をよそに、
言い逃げとかありえないしと言い分を述べるれもん。

つーわけでドラちゃん!と怒鳴るれもんの声に驚き、
直立不動になるブラム。

その襟を掴み引き寄せるれもん、
アタシの事なんだと思ってんの?とかなりの喧嘩腰。

悪意を持たれたことのない人なんていないわバカ!と、
彼が言い放った言葉を全力で否定。

人は簡単に人を嫌いになるし、
理由なく拒絶する事もある。
感情ごとぶつける様に、言葉を続けるれもん。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

でも、側にいる事はできるよ。
ブラムが遮り、否定した言葉。
彼女が伝えたかったその言葉の続きを伝えられ、
心に響くブラム。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

彼女の言葉に、ブラムはあらゆるものから逃げていた自分を思い返す。
レンフィールドの言葉から、母がいなくなった真実から、
家から、まわりから。

そんなブラムの中に容易く入り込んできたれもんだったが、
彼女は決して、詳しく聞くことはなかった。
いつだって、相手の気持ちを汲んでくれていた。

そんな彼女が逃げるなと言ったのは、
今逃げたら一生乗り越える事が出来ないからだ。

そう気づいたブラムは、自らの気持ちと向き合えたブラムは、
自らを救ってくれた彼女に微笑みを向けます。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

そんな二人のやりとりに水を差すレンフィールド。
思惑通り過ぎるのもつまらないけど、
想定外な展開も腹が立つ。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

顔を押さえフラつく彼にれもんが声を掛けますが、
その言葉を押さえつける様に顔を掴み口を塞ぎます。

もういい、喋るな人間。
そう言ってれもんを引き寄せるレンフィールド。
敵意を向けるブラムに対し、そんなに大切かと問います。

なんでバケモノが大切なモノなんか作ってんだ?
人並みの幸せなんてありえないだろ、気持ち悪いんだよと
頭を掻きむしるレンフィールド。
理解に苦しむ彼の頭によぎるのは、教え込まれた母の言葉。

必ず貴方がドラクル家の当主になるのよ。
長男は魔力がそれほど高くないから、優秀な貴方が選ばれるわ。
と、幼いレンフィールドに話す母。
彼女は可哀想な人だったと思い返す。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

第二夫人であることは不本意ではあったが、
この家でより華やかな生活を送り、
長男より優れた子供を産んだことに満足していた。

彼女が何より愛しているのは彼女自身なのだ。
そう考えるレンフィールド。

ある日、父が第三夫人として人間を連れてきた事を
彼に伝える母。
本当に趣味の悪いと苦言を呈しています。

が、その第三夫人との間に息子・ブラムが生まれた事を知り、
彼女は狂乱します。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

人間が自らと同じ立場である事に耐えられなかったの彼女は、
同じ言葉を繰り返す様になった。
人間は食事に過ぎない、そんなものとの子供なんて気持ち悪い。

心臓に杭を打ちつけて 第19話より

幾度も繰り返される、怨嗟の言葉。
それは呪いの様に、レンフィールドの心を蝕んでいくのでした。

感想

前回、ファニュの力を借りブラムの元に辿り着いたれもん。
ミナとぶつかり合い、改めて友達となることが出来ました。

そんな中、苦しみ続けていたブラムに手を貸した悪魔・レンフィールド。
しかしながらブラムはその誘いに負けず、
自らの想いで跳ね返しました。

そして再会出来た二人。
でしたがずっとれもんさんのターン。
彼女の真っ直ぐな思いと言葉に救われたブラムは、もう大丈夫の様です。
良かった、聖女(仮)に齧り付く吸血鬼はいないんだね。

と安心したのもつかの間、納得出来ないのがレンレンことお兄様。
使っていた少女は裏切るし、弟は思い通りにいかないし、もう散々です。
焦燥の余り、暴走を始める彼ですが、その根幹にあったのは母親の呪詛。
彼がこうなってしまった理由が、明かされていくのです。

ナチュラルボーン人間嫌いじゃなかったんですね。
それはそれで残念というかなんというか。
とはいえ、植え付けられたその感情は簡単には振るえませんし、
自身止められもしないでしょう。

暴走するレンフィールドに捕えられたれもん。
ブラムは彼女を救うことが出来るのか。
翼を生やしたレンフィールドとブラムが教会の屋根を突き破り、
超高速の空中魔力バトルを繰り広げる様なバトルパートに突入するのか。

次回更新は2月8日。
2巻の発売も決定しました。
ここからレンフィールドが実はいい人となるのか、
それともナチュラルボーンクズ野郎になるのか、
次の展開が楽しみです。

スマホの方は基本無料アプリで最新話や過去話が読めますので、是非。
スマホの方はこちらからどうぞ。

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

[AD]少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク