[スポンサーリンク]


『終極エンゲージ』第38話 あらすじとネタバレ感想~女王決定戦が始まり、ポポロの顔をした背の高い人が活躍します

18/02/03web・スマホマンガ, 更新情報ジャンププラス, 終極エンゲージ

ジャンプ+にて連載中、江藤俊司さん原作/三輪ヨシユキさん作画
『終極エンゲージ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
終極エンゲージ

前回の感想はこちら
『終極エンゲージ』第37話 あらすじとネタバレ感想

 

[PR]

第38話【第14代地球女王決定戦】

前回、ジョージことゲオルギウスの襲来を経て、
その野望の阻止の為旅を終えたクリスたち。
別れ、各々の決意・目的の為に道を歩み11か月。
一人瞑想するクリスの元に、トリウィアが時間だと声を掛けます。

終極エンゲージ 第38話より

正装に着替え、まだ誰も居ない舞台を見下ろすクリス。
その日は地球女王決定戦本選開催日。
運命の一日が始まります。

舞台入り口前でカルキと再会するファリア。
お互い元気そうで、強くなったみたいねと鼓舞し合います。

そういえばあの小さい子は?とポポロの事を思い出すファリア。
ここで待ち合わせの筈ですがと話す彼女たちに声をかける女性が。

終極エンゲージ 第38話より

あのポポロがこんなに大きくなるはずがない。
二人して別人だ本物はどこだと言いたい放題。

そんなカルキに声をかけるカーマ。
機能を用いて遺伝子情報の一致を確認。
100%正真正銘のポポロさんですとネタにマジレス。
ボケが通じない彼女に辟易してしまいます。

体格の急成長は【細胞極化〈グリム・ロア〉】の倍率が
高いことが原因かと分析するカーマ。
純血のジャナ星人ならではの性質の様。

強くなったんですねと称賛するカルキに対し、
予選通ったのは強い人たちが潰し合った結果で運だしと謙遜するも、
師匠の修行が死ぬ勢いだったから多少は、と主張してみます。
その師匠はというと、セコンドには付かず観覧席で見学。

終極エンゲージ 第38話より

しかしクリス様も思い切った事したよねと話し出すファリア。
なんと通常全5日で行う決定戦を、1日に短縮してしまったのだ。
恐らく全ては。と話すカルキの言葉に、
気合を入れる二人。
言わずもかな、襲来に備えての事でしょう。

そんな中実行委員控室ではクリスが父である王に
ルール改正了承の感謝を述べていました。

急な事で議会から猛反発は受けたがなと語る王。
実行委員の一人となったメリルも経済効果の心配を口にします。

しかし、奴に5日も時間を与えたくなかった。
そう語るクリスに、メリルも理解します。

報告を受けて打てる手は全て打った。
倒せるのだな?ゲオルギウスを。
改めて問う王に向かい、分かりませんと笑って返すクリス。

ですが、全力を尽くします。
そのために、修行してきた。

終極エンゲージ 第38話より

そんな様々な思いの交錯する中、遂に女王決定戦が開始。
予選を勝ち抜いた32名の女性が、顔を連ねます。
その中にはジョージの「娘」、ミッヒとピーヴリーの姿も。

終極エンゲージ 第38話より

湧きあがる観衆たち。
そんな中開会にあたり、継承者であるクリスの開会宣言が。
久しぶりに顔を見るカルキたちは黙って見上げますが、
いつもどおりファリアだけは目線が違います。

終極エンゲージ 第38話より

まずは本選まで来た選手たちに賛辞と敬意を。
そう語るクリスは、会期の短縮に不満もあるだろうが、
医療体制は万全だと続けます。

クリスの発言が良く理解出来ない参加者たちですが、
彼は彼なりに思う所が有る様で。

終極エンゲージ 第38話より

開会宣言が終わり、続けてはトーナメント表の発表。
コンソールに映し出された表を見て、様々考えます。

終極エンゲージ 第38話より

第一試合のポポロは更に2回戦でカルキと当たる事に驚愕。
片側に寄っている事を惜しむカルキ、
決勝で会おうぜとか言いたかったわよねと軽口を叩くファリアに対し、
2回戦で負け確だと苦言を呈します。

終極エンゲージ 第38話より

そんなポポロに悪態を吐く声が。
お前みたいなのがここにいるのがそもそも間違いだ。
と口にするのはポポロの1回戦の相手・ズグ星人のツェニッツ。
宇宙最硬の表皮を持つ屈強な体を見せながら、
ポポロを挑発します。

終極エンゲージ 第38話より

その言葉に、答えず、静かに息を吐くポポロ。
試合開始のゴングが鳴り、観覧席のディスタ、セラエラは
心配も無さそうに観覧しています。

まずは遊んでやる。そう言って武器を持ち上げるツェニッツ。
ポポロは【第二の爪・斬爪チリアット】を発動。
それにガルマイア軍隊格闘術を組み合わせた新技【跳躍撃法〈アルヴァ・リラ〉】で、
一瞬にしてツェニッツを切り刻んでしまいました。

終極エンゲージ 第38話より

成長した彼女の強さ。
目の当たりにした彼女を知る者たちは、様々な表情でそれを見つめます。

彼女もまた、決意を胸に強くなった者の一人。
仇を取る為、女王になる為、その爪を研いできたのです。

感想

前回、旅の終わりを告げ別れたクリスとカルキたち。
自らの意思で強くなり、女王を目指す事を決意したカルキとポポロ。
来る巨悪の襲来に備え、行動を始めたクリス。
それから11か月、あっという間に本選開催日となりました。

見た目は変わらずとも強くなった気配の有るカルキ。
そしてその上で自分が勝つ気満々のファリア。
そしてポポロの顔をした背の高い人。
彼女たちの挑む女王決定戦が、遂に始まります。

女性陣は自らの力を高め、また、クリスも同様に修行をしたようで。
現状宇宙最強の女性に修行してもらったとあれば、
強くはなっているでしょうね、ポポロがこのレベルアップですし。
またルス王の打ったと言う様々な手は、ジョージを止めることが出来るのでしょうか。

トーナメント表が良い感じに偏りましたね。
2回戦でポポロとカルキ、勝った方がジョージ派のミッヒと対決。
同じ3回戦でファリア対トリウィアもという事で、熱い戦いが目まぐるしく展開されそう。
そんな中一人反対側に振られてしまった我らがピーヴリーちゃん。
決勝戦の相手が決まった様なものですが、
大体少年漫画のトーナメントって最後まで行かずに乱入が入るんですよね。
今回は乱入確定な訳ですし、彼女の活躍が見られるのでしょうか。
トリを飾るに相応しい活躍を見せて戴きたいものです。

そんなジョージ派から外れた褐色メイド・セラエラさんですが、
11か月ですっかりまるくなってというか、
ディスタの元で普通に暮らしているんですね。
ポポロの瞬殺劇の際のこの二人の表情、

終極エンゲージ 第38話より

もう妹の活躍を見守る姉の様です。
彼女もポポロを育てる名目で修行に参加していたわけですし、
ジョージ乱入の際には、一幕有るんでしょうかね。

次回更新は2月4日。
4巻は3月発売ですので、引き続き応援していきましょう。

また、当作品はスマホアプリ『ジャンプ+』でも見ることが出来ます。
過去話も読めますので、よろしければ是非。

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

[AD]少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク