[スポンサーリンク]


任天堂、新作スマホゲーム『マリオカート ツアー』開発を発表、2019年3月までに配信予定!→2019年9月25日配信決定!

18/02/02ゲーム, スマホゲームマリオカート

任天堂が新作スマホゲーム『マリオカート ツアー』の開発を発表しました。
2019年3月までの配信開始を予定しているとの事です。

突然の発表に戸惑いましたが、なんて嬉しいサプライズ。
あの名作カートレースゲーム『マリオカート』が遂にスマホで登場です。

今回、あくまでタイトルの発表のみとなりましたが、
来期中の配信開始という事であれば、夏までには少なくとも続報が期待できますね。
何となくですが。

スーパーマリオラン』の様に販売スタイルでの配信なのか、
どうぶつの森 ポケットキャンプ』の様に基本無料で売り出すのか。

オンライン対戦が出来そうな感も有りますし、基本無料っぽい気がする。
とはいえ、課金アイテムでキノコ出やすいとかスター出やすいとか、
レースの腕関係なく課金した者勝ちというのはちょっと。
任天堂がそういった方向に走るとは中々考えづらいですが。

おそらくは『マリオカート8』の様に機体のカスタマイズが出来て、
課金機体も一長一短という感じでしょうか。

もしくは最初のパッケージには10~20キャラを入れて、
無料版は1コース5キャラ10プレイまでなんて感じにして、
追加のキャラクターや車体は有料DLCなんて形になるんでしょうかね。
だと良いな。

となると¥1,000~¥1,500くらいでしょうか。
マリオランの費用対効果を考えるときっと今回も満足出来る価格でのご案内になるのではないでしょうか。
と期待しております。

なんの情報も無いので夢を語るしかないですね。
先日コロプラとのお話で出たプニコン的な特許も使用した
スムーズ操作のレースゲームになるのでしょうか。
いやもう楽しみで仕方ありません。

スマホでとなれば、ローカル対戦やオンライン対戦も可能では?
と思うのですが、通信環境に依存する勝負はあまり好ましくない。
各々がタイムを競って勝負するくらいなら良いでしょうけど、
遅い人に巻き込まれてラグるのはやってられませんしね。
自分が遅い側かも知れませんし。

未だにスマホ片手に集まってシュッシュとポケモンを捕まえている人がいる昨今、
今度はスマホを両手で持って体を傾ける人が続出するんでしょうね。
電車内ではご注意を(笑)

さて、これが配信されるまでには、
ミニスーファミのマリカーで150ccを開放したいと思います。

そしてスマホ版の収益を元に、
デラックスではなく完全新作の9をSwitchに!と期待しております。

[スポンサーリンク]

2019年4月27日追記※クローズドβテスト参加者募集開始

2019年3月に配信予定であったスマホ版マリカー『マリオカート ツアー』ですが、
色々有った様で2019年夏配信開始予定となりました。

そんな『マリオカート ツアー』がこの度クローズドβテストの募集を開始。
今回はAndroid端末限定との事で、応募者が多い場合は抽選で参加者を決定します。
まぁ確実に抽選でしょうね。

『マリオカート ツアー』公式ページより

応募期間は2019年4月24日(水曜日)から5月8日(水曜日)11:59まで。
テスト開催期間は2019年5月22日(水曜日)から6月5日(水曜日)まで。

応募にはGmailのメールアドレスで登録した「ニンテンドーアカウント」が必要
また、Google Play紐づけのアカウントも上のGmailと同じでないとダウンロード出来ないとの事。

「動画・静止画等のインターネットやSNSへのアップロード」が禁止行為となってますので、
破る方は任天堂法務部との戦いを覚悟してどうぞ(笑)

当選された方には5月20日(月曜日)ごろに連絡がいくそうなので、Gmailはしっかり同期しておくように!

参加応募は下記サイトにて。

2019年8月27に追記※配信日決定!&事前登録開始!

何やかんやで当初の予定から大分ズレてしまっておりますが、
スマホゲーム『マリオカートツアー』の配信日が遂に告知されました。

配信開始日は2019年9月25日。
現在Google Play store及びApp storeでは事前登録を受け付けております。

ようやく正式な配信が発表された『マリオカートツアー』ですが、
その名の通り「2週間ごとに開催されるツアーで世界中の様々な場所を舞台にレースをする」ゲームになるとの事。

キャラクターやマシン、グライダーなどのコレクション要素に、
ツアー先にちなんだご当地ファッションなキャラクターも登場するそう。

キャラクターやマシン、コースなどはレースで得られるポイントを用いてグランドスターを集め、解放していくとの事。

新要素として、アイテムスロットが3つの状態で同じアイテムをそろえると「フィーバー」状態に突入。
一定時間無敵かつアイテム使い放題という逆転にもってこいの新システムも搭載。

レース以外にも様々なチャレンジ要素・ミニゲームも用意している様で、
ツアーだけでなく、色々と楽しめるゲームに仕上がっている様です。

世界中の様々な場所を舞台にレースが出来るというのは楽しみですね。
日本を舞台にする際は是非渋谷や秋葉原の公道を舞台にマリオたちのカートを走らせてほしいモノです(笑)

解放するコースでは過去のゲームで登場したステージもあればなお良しですが、
その辺りは実際配信後に色々追加されていくんでしょうね。

一つ不安なのがね、「基本無料のアイテム課金制」という所。
マシンやキャラクター・コースはグランドスターで交換出来るとはありますが、
季節限定や何やらは課金限定になりますかなりませんかね。
「50ccのマシンにこの課金限定アイテムを1個使うと100cc、2個使うと150ccになるんだ!」
なんてことありませんかね。

楽しみ半分不安半分とも思えますが、何にせよ配信は正座待機と行きましょう。
 

スポンサーリンク