[スポンサーリンク]


『心臓に杭を打ちつけて』第20話 あらすじとネタバレ感想~吸血鬼が住宅地で愛を唱える

web・スマホマンガ, 更新情報ジャンププラス, 心臓に杭を打ちつけて

ジャンプ+にて連載中、大宮嵐さんの
『心臓に杭を打ちつけて』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
心臓に杭を打ちつけて

前回の感想はこちら
『心臓に杭を打ちつけて』第19話 あらすじとネタバレ感想

[PR]

第20話【一歩】

昔々のある日、レンフィールドが屋敷を歩いていると
何処からか歌が聴こえてきました。
使われていない筈の物置部屋から聴こえるその歌声に導かれ
中を覗くと、そこには人間の女性とその子供の姿が。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

咳き込みながらも子供の為に歌を歌う母親と、
溌剌とした笑顔で話す少年。
仲睦まじく、幸せそうに歌うその姿を見て、
レンフィールドの心にまた一つ、ヒビが入ります。

自室に戻ったレンフィールドは母親が脱ぎ散らかしたドレスを拾いながら、
第三夫人と弟を見かけたと報告。
離れの物置部屋で幸せそうに過ごしていたと伝えます。

幸せそうですって?と問いかける母親に対し、
夫人は体調が優れない様で、と話を続けます。

父上ほどの力ある吸血鬼の子を産んだのですから、
人間の体がここまで持つこと自体奇跡。
どの道もう長くは無いでしょうが、と。

その言葉を聞いた母親は何かを思いついたかの様に
怪しく笑います。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

そしてしばらくして、その母から第三夫人が亡くなったと
聞かされるレンフィールド。
急に悪化したそうよと語る母親は嬉々として、
全くいい気味だわと口にします。

が、そこに現れた父・ブラド。
彼は冷たい表情で何故貴様がその死を知っていると問い質します。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

メイドから噂で聞いたと言う母・ミカエラですが、
彼女の死を知っているのは私と一人の従者だけだと返すブラド。
他言しない様に命じた。
急に体調が悪化したのだ。まるで毒でも飲んだかの様に。
拳を強く握りながら、その無念を口にします。

その言葉に冷や汗の止まらないミカエラ。
ブラドに少し出ていろと命令されたレンフィールドは
素直に退室し、助けを乞う母を無視してドアを閉めるのです。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

そしてまた時が経ち、屋敷を歩くレンフィールド。
彼に兄・アーサーが声を掛けます。
また遊び呆けて、ドラクルの名に恥じない様にと
いつも言っているだろう、と小言を口にするアーサー。

僕がまじめになったら当主の座奪っちゃうかもよ?
と言い返すレンフィールドに言葉が詰まるアーサーですが、
彼は冗談だと笑い飛ばします。

ミカエラ様が悲しむぞ、とため息を吐くも、
どうでもいいと冷たい言葉で返すレンフィールド。
そんな彼に声を掛けようとするも、
横から幼い声が入り、話が遮られます。

兄上様方でしょうかと現れたのはブラム。
母親が殺された事を知らず、居なくなったと泣きじゃくります。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

居たかどうかも定かではない人間の女は、
その存在が曖昧なまま息子を置いて消えた。
そう噂されていた。

寂しさに暮れるブラムを見て、怪しく笑みを浮かべるレンフィールドは
幼きブラムを絶望に突き落としたあの言葉を口にします。

人間との子供なんてホントにいたのか、気持ち悪い。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

心の器に入ったヒビは深く、壊れてしまった彼。
その心中で考えます。

母も父も兄も弟も、誰もが哀れで可哀想で滑稽でしかない。
何かに執着するから壊される。
僕だけは違う、僕は壊す側だ。
壊れてしまった彼は、自らをそう定めるのでした。

場面は戻り、教会へ。
れもんを捕まえたままのレンフィールドが叫びます。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

喚く彼の言葉を遮り、意味不明だと言い返しますれもん。
吸血鬼とか人間とか、そーじゃなくて
ドラちゃんはドラちゃんだっつーの!と。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

レンフィールドに歩み寄り、その手を押さえつけるブラム。
れもんを引き寄せ、その胸に抱きとめ、
可哀想な奴だなと言葉を続けます。
信頼できる相手もいない、愛も知らない。
私よりよっぽど孤独で哀れだ。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

バケモノのお前が哀れむなよ!と激昂するレンフィールド。
お前の母親は僕の母が殺した。と
ブラムを更に絶望に突き落とすべく、新たな事実を口にします。

更には僕がそう仕向けたと衝撃の発言。
恨めよ憎めよと続けるレンフィールドの言葉に一度は驚愕するも、
ブラムはそんな彼を、哀れんだ目で見つめます。

そんな目で僕を見るな、焦燥するレンフィールド。
思いついた様に、そいつの血を吸ってやると
立ち上がりますが、ミナが彼の名を叫び、
もうやめましょうと懇願。

誰に口をきいてるんだ、
使えない目障りだ今すぐ消えろと暴言を吐く彼に対し、
いやですと一蹴。
駆け寄り、その胸に頭をうずめます。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

そんなミナの行動を受け、興が冷めたと呟くレンフィールドは
顔を手で覆いながら、早く僕の前から消えろと一言。

言われなくともと返すブラムはれもんに歩けるかと気遣い、
立ち去ろうとします。
が、そんなレンフィールドに声をかけるれもん。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

ココまで来ても空気を読まない彼女は、
またねー!と笑いながら大手を振って去って行きました。

そして二人が去った後も、レンフィールドから離れないミナ。
お前も早く行けよと突き放しますが、
私の居場所は貴方の隣ですと離れる気配も無い。

利用してただけだって気づいてたんだろ?Mなの?
と問いかけますが、笑いながらそうかもと返すミナ。

君はもう少し賢い子だと思ってたよと小馬鹿にする彼に対し、
買い被り過ぎですと言い返すミナは、
自分勝手に生きろと言ったのは貴方ですから、と
彼の発言を逆手にとって反論。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

諦めたレンフィールド。
変な女をひっかけたみたいだな、とため息を吐きます。
お嫌いですか?と尋ねるミナに、バッカじゃないのと
辛辣に言い返すのでした。

教会から立ち去ったブラムたち。
ブラムはれもんに、母の事を話します。
どちらでもない中途半端な存在であることがずっと苦しかった。
行き場の無い感情を、私を捨てた人間の血に憎しみとして向けていた。

しかし、レンフィールドを信じる訳では無いが、
母は私を捨てた訳では無いのかもしれない。
それに、と素直な言葉で話を続けるブラム。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

その言葉を聞いたれもんは、
ドラちゃんが素直だとキモいねとズッパリ。
当たり前の事言っただけだよと笑います。

そんな彼女に微笑みながら、手繋いでいいかと尋ねるブラム。
デレ期かー?と笑う彼女の手を掴み、その気持ちを伝えるのでした。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

大好きだ。
気持ちに従ったまま告白をし、直後自身の発言に慌てるブラム。
友人としてはなく、性的なでもなく異性としてと
アタフタしながらも、恋をしているんだ!と
勢いそのままにれもんにぶつけます。

黙り込んだれもんを恐る恐る覗き込むブラム。

心臓に杭を打ちつけて 第20話より

真っ赤になり、黙り込むれもん。
その赤らんだ顔を見て、何故かブラムまで顔を紅潮させます。
これは俗にいう「脈あり」!?と心臓が高鳴るブラムですが、
れもんの口からはごめんの一言。

え?と聞き直すブラムに、ごめんなさいと話すれもん。
彼女はブラムの顔も見ず、走り去ってしまいました。

ブラム・ドラクル、約300歳。
人生初の愛の告白、見事玉砕と相成りました。

感想

前回より語られたレンフィールドの過去。
人間との合いの子をバケモノだと植え付けられた彼は、
そんな親子が仲睦まじく過ごす姿に黒い感情が芽生えます。

そして母親を使ってその幸せを壊し、
また、その母親でさえも見放すほどに、壊れてしまっていました。

そんな彼の言葉を否定するれもん、
そんな彼を哀れに思う弟・ブラム。
思い通りにいかない事に焦燥し独り善がりに陥る彼を止めたのは、
彼に利用され、彼を愛していたミナでした。

信頼出来る他人も無く、誰からも愛さず愛されず、
孤独であった彼の生に初めて出会った自らを愛する人。
その存在に彼の心も癒されていく事でしょう。

怒りと絶望に駆られたブラムとレンフィールドによる
吸血鬼同士の魔力全開放空中高速ガチバトル
なんて展開は有りませんでしたね、ちょっと残念。

でもまぁ心の成長を果たし、
色々有ってれもんに救われたブラム。
自らを自らと認め、否定しないことを決め、
そう導いてくれた彼女に素直なまま、気持ちを伝えました。

前回の様にはぐらかさず、しっかりと伝えましたが、
まさかのリアクションでしたね。
直球ストレートど真ん中に対してしかと受け止めたからでしょうか、
あのれもんが赤面で逃げ出すなんて。
ていうかこのれもん超かわいい。

今回は玉砕の流れでしたが、実際どうなんでしょうか。
脈の無い相手にはこんなリアクションしないと思いますしねぇ。

なんか、次回辺りブラムとれもんから交互に相談されて困り果てるミナと、
それを笑うレンフィールドの姿が想像出来ます。

次回更新は2月22日。
レンフィールドとの確執も終わり、
遂にれもんとの関係にも進展が有りそうな展開。
果たして逃げたれもんの真意や如何に。

2巻の発売も3月2日になっております。
現実の季節は冬ですが夏休み・水着回も入っております。
お楽しみに。

また、最新話や過去話に関しては
スマホアプリ『ジャンプ+』でもご覧いただけます。
コインをゲットすれば無料で全話閲覧も可能ですので、
よろしければどうぞ。
『地獄楽』や『サマータイムレンダ』など、面白い作品も一杯です。

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

[AD]少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサーリンク