[スポンサーリンク]


『YUMENIKKI-DREAM DIARY-』本編映像と画像が公開

Steam, ゲームゆめにっき

先日steam及びplayismにて販売が決定しました
夢探索アドベンチャー『YUMENIKKI-DREAM DIARY-』。
そのゲーム本編の一部を収録した映像が公式サイトにて公開されました。

[PR]


Softbank回線も始まる!格安スマホの決定版!

ゲーム本編映像が遂に公開

公開されました映像は「Reimagine」と題され、
『ゆめにっき』を新たに構築する意気込みの文章からスタート。
その後ゲーム本編のシーンが流れる紹介ムービーとなっています。

割れる照明の下をゆっくりと歩く影。
廊下を転がり障害物を弾き飛ばす赤いスライム。
幻想的な雰囲気の漂う風景に、
青い女の子を撫でまわす大きなスライム上の化物。

INSIDEファミ通.comなどのゲーム紹介サイトでは、
映像以外に公開されたゲーム画像も公開されています。

赤い空の下一人佇む窓付きの姿や、
幻想的な世界の中そびえ立つ建造物。

窓付きが立ち並ぶ扉の前を歩く姿や
光る穴をのぞき込む姿など、
これまた様々なシーンが公開されています。

3Dに進化しながらも謎めいた非現実的な雰囲気の漂う
今作の『YUMENIKKI』。
発売は2月23日ですので、間もなくプレイが可能です。

ゲーム画像を見て思う事

世界観はばっちり引き継いでる感じの映像なのですが、
やっぱり3Dになっているからか、しっかりとしたゲームになってしまって
ぬぐい切れない違和感が。

もうゲームするのも怖いと思うほどの気味悪さが有った原作と比べると
どうにもライトになってしまっている雰囲気がしますね。

まぁこれはこれで不気味さが有って楽しめそうな感じはするのですが、
実際の所どうなのでしょうか。
後全体的に暗いシーンが多いので、目が悪くなりそう(笑)

3Dでも『SIREN』とか十分怖かったですしね、
最初のステージで小屋裏から出るのに15分かかりましたもの。
そんな感じで気味悪さと怖さと、興味深さが交わった作品になると期待しています。

間もなく発売開始の今作ですので、
またプレイ動画なども大量に流れるんじゃないでしょうか。
発売と合わせ、そちらも楽しみにしたいものですね。

スポンサーリンク