[スポンサーリンク]


『サクラコード』第十華-六 あらすじとネタバレ感想~わいらはわいらだけどわいらじゃないです

web・スマホマンガ, 更新情報サクラコード

コミックガムにて連載中、みなぎ得一さんの
『サクラコード』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
サクラコード

前回の感想はこちら
『サクラコード』第十華-五 あらすじとネタバレ感想

この記事の目次
[PR]

第十華-六

前回フラワーシスターズたちの猛攻により面が割れた薄暮。
息も絶え絶えに助けを呼んだ相手・払暁が姿を現しました。

犬のような獣の顔と体、前足は大きな鉤爪。
その顔面に面を付けた大きな体躯で眼前に居た人を押しつぶします。

そんな払暁に髪を巻き付け、近づく薄暮。
その姿を見た払暁は驚き、慄きます。

面を割られた事を報告する薄暮ですが、
その後ろで仲間が増えた事に警戒する石長に、
怪異の正体が判明したと連絡が入ります。

払暁はわいら。
薄暮はおどろおどろ。
どちらも「怖い」という言葉を語源とした妖怪で、
様々な妖怪絵巻に共に描かれる「恐ろしい」番の妖怪。

早々に片づけた方がよさそうだなと判断する石長に声をかける男たち。
先ほどの汚名を返上するべく、意気込みます。

対して払暁は薄暮に対し、そんな哀れな姿を見ていられないと
自らの面を差し出します。

さっきは良くもやってくれたなと
薄暮たちの元へ走り出す鎮伏屋たち。
対する薄暮もこちらも同じ事、と面を付け、力を取り戻します。
払暁の背に乗り、自らの髪の毛を勢い良く伸ばしました。

目の前を鎮伏屋たちで遮られ敵の姿が見えない石長は、
その薄暮の攻撃を受け、仮面を削られてしまいます。

その髪を抑え、引き抜くサレオス。
武器のトラックが奴らの後ろにある、
乗り込むまで囮になってくれるか?と石長に問いかけます。

手負いに言う言葉じゃ無いと思うがと苦言を呈す石長に対し、
安心と信頼の実績ある金屋子運送の「フラシス」だから
頼めるのさ、と笑顔で答えるサレオス。

広場に姿を現したフラシスの二人を見つけ、喚く薄暮。
あの鉄の女と花の女が我をこんな姿にしたのさ!と
払暁に訴えます。

我らの真の恐怖を思い知らせるのだ!と合体する二体。
対する石長は鎧の力を発動させますが、
先の攻撃の所為か少し不調気味。
舌打ちしつつもそのまま攻撃に向かいます。

【四銃の塔・風】を用い、払暁・薄暮を狙い撃つ鹿葦津。
鉤爪で防がれますが、その隙にサレオスたちが
横を走り抜けようとします。

気付き足止めを繰り出すも、石長が防御。

早くなオッサン!とサレオスを見送ります。

執拗に面を狙い撃つ鹿葦津の銃撃に苛立ちを覚え
狙いを切り替える二体。
伸ばした髪ドリルを寸での所で石長が払い除けます。
が、銃弾が面に当たりひび割れつつも薄暮は狙いを定め、
髪を柔軟に曲げて石長の両肩を突き刺しました。

その瞬間、薄暮たちのうしろから現れたモンスタートラック。
薄暮・払暁の二体の上に圧し掛かり、押し潰し始めます。

その巨体トラックを見て、彼の事を思い出す福太郎。
H.N.鰐〈ハンターネーム.フィヨールド〉のサレオス・サロス。
モンスター・トラック界で有名な改造マニアのトラックビルダーだそう。

ワシのマグニチュードホッピングの下に入った物は、
何であろうと粉砕する!とローラーを回転させ続けるサレオス。
抵抗空しく、二体は踏み潰されてしまいました。

そんな脇で喰らった攻撃に苦しむ石長。
駆け寄った福太郎の目の前で仮面が欠け、
その隙間からは素顔が覗くのでした。

感想

遂に薄暮の面を割り、撃退に成功したかと見えた福太郎たちでしたが、
加勢に現れた払暁も交え、更に一戦となりました。

現れた払暁はどこかで描かれる牛鬼の姿にも似た体躯をした妖怪で、
正体は「わいら」でした。
わいらでしたって言うと「お前らかよ」ってなりますが、違います。
牛かわずとも呼ばれる「恐ろしい」を具現化した妖怪ですね。
対する薄暮の正体・おどろも「恐い」を表す「おどろおどろしい」が語源の
こちらもまた「恐ろしい」を具現化した妖怪。
妖怪絵巻やゲゲゲの鬼太郎などで、名前を知らずとも姿を見た人は
多いのではないでしょうか。

彼らの言い回しが格好いいですよね、見た目に反して。
花の女と鉄の女と揶揄した者たちを
鉄は剥き、花は散らさねばならんなんて即答で返せませんよ普通。

そんな番の妖怪に立ち向かったフラシスたち。
防戦一方になりかけるもサレオスの活躍で一気に撃退。
武器がトラックて。
まぁフラシスもある意味武器にしているからアレですけども。
コレ払暁が最初の位置から移動していなければ、
払暁が押しつぶした人ごとペチャンコですよね(笑)

ようやくアスクレペイオンでの一悶着も解決かと思われますが、
面を渡された初雁は今がチャンスですし、
先日近くに現れた義鷹の登場も気になります。

次回更新はいつになるのでしょうか。
4巻の発売が3月下旬になりましたので、ソチラと合わせ楽しみにしています。

スポンサーリンク