[スポンサーリンク]


『わたモテ』第130話(下) あらすじとネタバレ感想~ちゃっかり美味しい所を戴く女、うっちー

web・スマホマンガ, 更新情報ガンガンオンライン, 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

ガンガンオンラインにて連載中、谷川ニコさんの
『わたモテ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

前回の感想はこちら
『わたモテ』第130話(上) あらすじとネタバレ感想

[PR]

喪130【モテないし遠足が終わる(下)】

前回、点呼場所に戻った智子たちを見つけ、
キーホルダーをゲットすべく近づいた陽菜。

わたモテ 喪130(下)より

なんのお返しもないの?と遠回しに要求するも、
智子からは意外とセコいなと突っ込まれる始末。
予想通りにいかず拗ねてしまいます。

わたモテ 喪130(下)より

智子は仕方なし、優に渡す予定だった
三牛士最後の一人を差し出します。
皆が欲しがる理由が理解できない智子ですが、
受け取った陽菜は満面の笑みで感謝を述べるのでした。

わたモテ 喪130(下)より

そのまま、ゆりにお揃いだねと声をかけます。

茉咲が戻らない事を話題にする陽菜。
自分に言われてもと返す智子たちに、
明日香がパレード見るのかと話に参加してきました。

一緒に見に行こうと盛り上がる中、
ふと智子が周りを見ると、
そこにいた筈のゆりの姿がなく。

わたモテ 喪130(下)より

彼女は一人、茉咲が言っていた
パレードを見る場所へと向かっていました。
少し遠い気もするがやる事ないし、
場所取りの為に座り込むゆり。

しかし、当の茉咲は既に別の場所で場所取りをしています。
ヤンキー友達とは解散し、うさぎと二人。

わたモテ 喪130(下)より

茉咲の元へやってきた智子、陽菜、明日香、茜の四人。
点呼はどうしたのと問うも、
行ってたら場所取りが間に合わないと持論で返します。

ゆりが来ない事を気にする茉咲。
先に来ていると思っていた陽菜たちも分かりません。

わたモテ 喪130(下)より

結局一人ぼっちでパレードを離れて見る事になってしまったゆり。
一人座り込む彼女の元に、陽菜がやってきました。
ここはパレードの後の
花火の待ち合わせ場所だよと説明します。

わたモテ 喪130(下)より

そう、とだけ返すゆりに対し、
クロか吉田さんがよかった?と意地悪に問いかける陽菜。
その言葉に対しても、別に。とだけシンプルに答えます。

そしてそのまま、ゆりの横にしゃがみ込む陽菜。
少し驚くゆりに対し、
もうパレード終わるし場所取りしとこうかと提案。

向こうのパレードを見ながら、
今回一回も一緒にならなかったねと話す陽菜は、
最近自分の中で本音で話すのが流行りだからと
ゆりに対し、直球の質問を投げかけます。

わたモテ 喪130(下)より

別に嫌いじゃない、好きでもないけど。と、
前を向いたまま答えるゆり。
その答えに陽菜も満更ではない様子。
クロの友達だけあって普通の答えじゃないねと
笑って返します。

2年の頃だったら仲良くなる必要ないし
このまま近づかなくなってただろうな、と話す陽菜。

友達の友達で、同じキーホルダー持ってる同士、
嫌でも絡んでいくよと語る陽菜に対し、
ゆりも別にいやではないけど…と返事。

思い出したかの様に智子が同じキーホルダーを買ってたと
教える陽菜。
ゆりはバカだなと一言。
味しめたんじゃないと話す陽菜も、
バカだよねーと同調します。

そんな話をしていると、茉咲たちも到着。
シート禁止だから立ち見だなと二人を立たせます。

わたモテ 喪130(下)より

まだ30分以上時間は有るけれど、
その場で待つことに決定。
時間が近づくにつれ、続々と人が集まります。

わたモテ 喪130(下)より

そしてライトが消え、遂に花火が始まりました。
キレイな花火に照らされる中、
ふと見ると離れた場所に真子と小陽の姿が。
手を振る真子に対して、小陽は一心に花火に見入っている様子。

わたモテ 喪130(下)より

ボーッと花火を見つめる智子。
の横に気付くと笑美莉の姿。

わたモテ 喪130(下)より

突然過ぎる登場に思わず身構えてしまいますが、
彼女は気にせず隣で花火を見上げています、隣で。

花火を見ながら各々が一日を思い返し、
同じ感想に辿り着くのでした。

わたモテ 喪130(下)より

感想

前回からわずか一週間での更新。
収まりきらず溢れちゃった感じの後編でした。

前編の最後で陽菜に狙いを定められた
三牛士最後の一角。
要求に負け、無念の出荷です。

見事ゲットした陽菜はゆりにも話しかけていましたが、
ゆりからすると嬉しくないんでしょうねぇ。
クラスメイトは仲良し四人とそれ以外、な訳ですし。

そんなゆりさんが友達の為に場所取りに励みますが、
残念ながら場所間違い。
ぼっちパレード観覧となってしまいます。
しっかりと耳付け直してるゆりさん可愛い。

可愛いといえば場所取りで
ウサギ抱いて座ってる茉咲も可愛い。
パレード中なんて目輝かせて
ウサギの手振ってますもんね。
何この可愛い女子。
茜もパレードを撮影してますけど、
ある意味パレードより珍しいモノが
目の前に座ってますよ(笑)

わたモテ 喪130(下)より

ぼっちのゆりの元に現れたのが、まさかの陽菜。
嫌ってると思っている相手にもガンガン行くなんて、
中々根性有りますな。
とはいえまぁ、普通友達の友達なら、
少なくとも嫌な奴とは思わないか。
これはこれでいい距離感の間柄になりそうな予感。

二人して同じキーホルダー買ってる理由が
分かってないのがまた。
現場でツッコんだら
「お前が持ってったからだよ!」って
智子は怒ったでしょうね(笑)

陽菜は優の存在をまだ知らないんでしたっけ。
多分会ってもスムーズに仲良くなって、
何だったら智子と一緒に
セクハラで盛り上がりそうな気がします。

花火の場所に移動してきた茉咲のね、
赤子を抱える様に大事にウサギを抱いてくる
可愛さは置いておいて、
小陽が何だかんだで
真子と満喫してるっていうね。
いつの間に頭のソレ買ったのかと。
ぐちぐち文句言いながらも
花火始まったら口も閉じずに見入っちゃって。
真子さんもお守りばっかりで大変そう。

でもね、個人的に茉咲の一番のポイントは
花火直前のココ。

わたモテ 喪130(下)より

ウサギ服に入れて抱きかかえるとか
愛で過ぎやろ!
二人も当たり前の様にしているのが
何かもう面白いわ。

そしてその後ろで暗躍するうっちーこと笑美莉さん。
人ごみに乗じて何をするかと思ったら、
ちゃっかり智子の隣へ。
流石うっちー。
隣に並んで花火見上げるって、いいですよね。
とかずっと狙ってたんだなコイツ。

何だかんだで色々有った遠足回も遂に終了。
でも遠足は家に帰るまでが遠足です。
「モテないし遊園地から帰る」で
もう一回くらい出来るかもよ。

智子が学校行事楽しめたっていうのがすごいね。
今まであんなんだったのに。
もう完全にぼっちも卒業して、
教室でも何だかんだで皆と仲良く過ごしそう。

というと気になるのがキバ子こと小陽ちゃん。
真子は付き合ってた様ですが、
結局茜とか明日香とかとは仲違いのまま?
次回より「キバ子がぼっちなのはどう考えても」編が
始まるかもしれません(笑)
最後真子の隣なのに入っていませんでしたしね。

わたモテ 喪130(下)より

そんな楽しかった遠足編も終わり、
次回更新は3月22日。
3週間後です。
少し遠くなりますが、それまでは12巻を読んで
今後に備えましょう。

 

スポンサーリンク