[スポンサーリンク]


『ダーリン・イン・ザ・フランキス』アニメとマンガで話が変わってきている件

18/05/09web・スマホマンガ, ニュースジャンププラス, ダーリン・イン・ザ・フランキス

現在TVアニメ放送中、TRIGGER制作の
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。

ジャンプ+連載中のコミカライズ版は
『To Loveる』の矢吹健太朗さんを起用し
アニメのストーリーを追う形で連載されていました。

PCの方はコチラから

 

[PR]

9話辺りから違う流れに

まぁ元々アニメとマンガなので、
細かい所に差はあったと思います。
マンガは矢吹の無駄遣いと揶揄されもしましたが、
彼なりの本領を随所で(半ば無理やり)に発揮していますし(笑)

ダーリン・イン・ザ・フランキス第1話より

しかしながらストーリーの本筋は同じ方向に走っていました。
筈だったのですが、
先週の第9話、アニメでいうと第3話に当たる箇所、
マグマ燃料供給施設に現れた叫竜を叩くファーストミッション。
予想外の大量発生にピンチに陥った13部隊の面々。

現れる巨大叫竜
ダーリン・イン・ザ・フランキス第10話より

そのピンチに現れたストレリチアに乗っていたのは、
ゼロツーとミツルでした。

ストレリチア登場
ダーリン・イン・ザ・フランキス第10話より

ゼロツーとストレリチアに着いていけず
ボロボロになったミツル。
ストレリチアに乗る事の意味を有り体に見せつけられた
シーンでしたが、
マンガでは何とこの時点でヒロがストレリチアに乗り込みます。

強いぞストレリチア
ダーリン・イン・ザ・フランキス第10話より

アニメではストレリチアに乗る事に恐怖を覚えるヒロが、
それでもフランクスに乗りたい、
ゼロツーと共にと告白をするシーンが印象的でした。
が、この流れだとアレが無くなるんですよね。

はてさていったいどうなる事やら。
アニメとマンガ、異なる方向に走り出した気がする
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。
矢吹節を見たい方だけでなく、アニメファンの方々も
是非是非チェック戴きたい作品となっております。

矢吹節全開は朝8時まで

そんなアニメと異なった展開を見せる漫画版『ダリフラ』。
作画担当の矢吹健太朗さんは『To Loveる』シリーズで、
数々の神業を見せつけた漫画家さん。

今回アニメのコミカライズという事で、
そんな神業を見ることが出来なそうなので
「矢吹の無駄遣い」と揶揄されてもいましたが、
彼にとってはなんのその。
今回もフランクス搭乗中の女性陣を裸で描写するなど、
様々な技術や力技で本領を発揮(笑)

ダメージを受けるミク
ダーリン・イン・ザ・フランキス第8話より

更には描かれるフランクス達も
女性的な体をしているからか、
何処となくなまめかしく描かれている気がしなくもないし、
アングルがすごい時が有ります。

ダーリン・イン・ザ・フランキス第8話より

そんな彼の全力が見れる『ダリフラ』無修正版は
公開当日朝8時までの期間限定。
気になる方は日曜日朝一、ジャンプ+を要チェック。

遅れた方は残念ながら修正版です。
その際は、コミックをお買い求めください。
5月2日に発売される第2巻も、勿論無修正。

そういう方向に楽しんでいただく作品では
無いと思うんですけどね(笑)

スポンサーリンク