[スポンサーリンク]


『青のフラッグ』第27話 あらすじとネタバレ感想~花火大会は忘れられない思い出に

18/05/09web・スマホマンガ, 更新情報ジャンププラス, 青のフラッグ

ジャンプ+にて連載中、KAITOさんの
青のフラッグ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
青のフラッグ

前回の感想はこちら
この記事の目次
[PR]


auの方に特にオススメ!

「第27話」

前回、二葉の言葉から突然のドギマギタイムに突入した
太一と二葉。
見つめ合う二人の向こうで、打ち上がる花火。

二人の間に打ち上がる花火
青のフラッグ 第27話より

自らの気持ちを吐露した真澄と、トーマの元にも、
その轟音は響き渡るのでした。

もちろん、この二人の間にも
青のフラッグ 第27話より

慌ててかき氷を買い込み、集合場所に戻る二人。

慌ててかき氷を運ぶ太一と二葉
青のフラッグ 第27話より

遅くなった事を詫びながら、間に座り込み
改めて四人で花火見物と相成りました。

四人で花火見物
青のフラッグ 第27話より

四人でかき氷を食べながらの花火見物。
分け合ったりしながら食べてると、
浴衣にこぼしちゃったり。

かき氷をこぼす二葉
青のフラッグ 第27話より

夏の最後の思い出に、その光景を
しっかりと目に、心に焼き付けるのでした。

 

そして最後の目玉であろう、大きな二尺玉の打ち上げが終わり、
場内には終了のアナウンスが流れます。
拍手喝さいの後、一気にはけて行く人たち。
ちょっと待つかと辺りを見渡す太一の足元で、
トーマと二葉が目配せをします。

トーマが太一を呼びかけ、振り向かせると同時に、
全員で声を揃え、お祝いの言葉。

誕生日おめでとー
青のフラッグ 第27話より

突如持ち上げられ、赤面してしまう太一。

二葉からのプレゼント
青のフラッグ 第27話より

そんな彼よりも赤い顔で、
二葉はおずおずとプレゼントを差し出しました。

何と手作りマドレーヌ
青のフラッグ 第27話より

差し出されたのは、手作りのマドレーヌ。
何で?と問う太一に対し、
本当の理由を言えず、
色々考えてとしどろもどろになる二葉。

終いにはトーマに目線で救助を求めますが、
太一にばれぬ様素知らぬ顔。

何も知りませんことよ?
青のフラッグ 第27話より

泣き出しそうな二葉の後ろから、
あんたマドレーヌ嫌なの?と
まるで殺し屋のようなガンつけで威嚇する真澄。

そういうんじゃなくて!と必死に否定する太一は、
恥ずかしがりながらも、素直に気持ちを伝えます。

心底嬉しそうな太一くん
青のフラッグ 第27話より

じゃあハイと真澄からもプレゼントが。
まさかの展開に驚く太一とトーマ。
再び脅威のガンつけで問いかけられ、
謹んで頂戴させて頂きますと返すしかない太一。
封を開けると、そこには学業成就のお守りが。

真澄からのプレゼント
青のフラッグ 第27話より

そのプレゼントを目にし、一人首の後ろに手を当てるトーマ。
あんたからは?と真澄に指名されるも、
逡巡し、わっり。と一言。

あんた企画者のくせに用意してなかった訳?と
呆れる真澄。

ごめんなと太一に謝るトーマですが、
太一は祝ってくれただけで十分と逆に感謝を述べます。

そろそろ行くかと立ち上がり、四人は駅へ。
そして、各々の最寄駅に向かい解散となりました。

あれ、お前の入れ知恵だろ、マドレーヌ。

二人きりになった途端、そうトーマに切り出す太一。
何が?ととぼけるも、
お前にしか言ってないと太一は呟きます。

言葉に詰まるトーマを、睨みつける太一。

疑惑の眼差し
青のフラッグ 第27話より

言い訳もせず、余計なお世話だったかと
尋ねるトーマですが、
目線を外した太一は顔を抑えながら、
嬉しかった、サンキュと小さく答えます。

耳まで真っ赤にしている太一を見て、
トーマは昔の質問を思い返していました。

タイちゃんがもらって嬉しいプレゼントって何?
中学生の時に尋ねた質問。
その答えに太一は屁理屈で返します。

太一に欲しいモノを尋ねたあの頃
青のフラッグ 第27話より

考えたトーマは、好きな子からだったら?
と改めて質問。
好きな子からだったら何だって嬉しいに決まってると
これまた決まりきった答えを返す太一。

しかし少しして、手に持つゲームを見つめながら、
彼は答えます。

太一が欲しいといったモノ
青のフラッグ 第27話より

何でもいいけど、マドレーヌとか。
そう答える太一に、クッキーは?と尋ねるトーマ。
彼はその答えに、クッキーよりマドレーヌ!と
熱い思いを語るのでした。

駅に着き、迎えを呼ぶトーマ。
太一も乗ってけと誘いますが、
彼はすぐだし良いと遠慮します。

バス停に立ち、お互い話し出すことが出来ず。

お互い気まずい
青のフラッグ 第27話より

じゃ、じゃあなと別れを告げる太一。
お、おぉ。とトーマが返事をするも、
歩き出す太一を呼び止めます。

そして、一応誕プレと袋を差し出すトーマ。
今更の展開に理解出来ない太一は、はぁ?と一言。

真澄と被ってしまった為に渡しづらかったと
言い訳をするトーマ。
その言葉を聞いて、太一は目の前で封を開きます。

トーマからのプレゼント
青のフラッグ 第27話より

出てきたのは、可愛らしいお守り。
いいじゃん、サンキューと笑う太一に対し、
神社も行けなかったからこんなんで、と
頭を掻くトーマ。

まさかの手作りに驚く太一。
そのリアクションに不安になるトーマでしたが、
太一は素直に嬉しかったのです。

トーマの目が輝いています
青のフラッグ 第27話より

その言葉に、思わず口を覆うトーマ。
落ち着いて、引き留めてゴメンなと改めて別れを告げます。

が、何やら言いよどむ太一。

色々ありがとなと気を遣う彼に対し、
俺の方が楽しんでたしとトーマは返答します。

またも黙る太一。
意を決し、二人に言おうと思って
言えなかったことが有ると切り出します。

太一も言い出しにくい事が
青のフラッグ 第27話より

顔を赤らめ、下を向いたまま、恥ずかしそうに
彼はトーマに伝えるのでした。

オレさ、二葉と付き合う事になったよ。

感想

アカーン!
前回に続いて叫んでしまいますわ(笑)

花火が遮ったかの様に見えた言葉でしたが、
話ばっちり終わってたんかーい!

普通ジャンプのラブコメやったら
「ゴメン花火で聞こえなかった」
的展開だと思うですけど、
やっぱりそうはいきませんよねー!

とまぁ前回から引き続き、
何かしらが迸ってしまいそうな展開が
続く『青のフラッグ』、
今回は花火も終わり、遂に誕生日のお祝いに。

トーマが思い出した太一が欲しいモノ、
それは手作りのマドレーヌ。
こんなピンポイント、鈍感でも気づくわ(笑)
でもまぁ自分で言ってただけあって、
超嬉しそう。

今回トーマさん、ある意味百面相レベルで
デフォルメ顔が多発してましたね。
特にこの顔が良いわ―。

トーマのデフォルメ顔
青のフラッグ 第27話より

まさか最後にあんなシリアス顔になるとは
思いもしませんでよ。

そして太一の喜ぶ手作りのモノをあげて、
喜んでもらえてときめくなんて顔も
見れるとは思いませんでしたよ(笑)

しかしながらそんなトーマさんを
奈落の底に突き落とすかの様な
太一さんのご報告。

二葉の背中をアレだけ押してフォローしていた彼ですが、
彼女の真意は聞いていなかった訳で。
太一の報告を聞き、何を思い何を想うのか。
もう一方で報告を受けているであろう
真澄さんは大丈夫なのでしょうか。

そんな色々と気になって仕方ない
次回更新は3月28日。
再来週です。
待ちきれない。

コミック第4巻も5月2日発売予定との事ですので、
そちらも合わせ期待していきましょう。

スマホアプリ「ジャンプ+」では
web版で読めなくなった過去話もコインで読めます。
コインは有料ですが、オススメマンガ読んだりして
貯まるので、頑張れば基本無料でご利用可能。
ぜひお試しください。

少年ジャンプ+最強人気オリジナルマンガや電子書籍、アニメ原作コミックが無料で毎日更新の漫画雑誌アプリ
少年ジャンプ+最強人気オリジナルマンガや電子書籍、アニメ原作コミックが無料で毎日更新の漫画雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク