[スポンサーリンク]


『サクラコード』第十華-七 あらすじとネタバレ感想~今回は義鷹と動物いっぱいの回です

web・スマホマンガ, 更新情報サクラコード

comicGAMにて連載中、みなぎ得一さんの
『サクラコード』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
サクラコード

前回の感想はこちら
『サクラコード』第十華-六 あらすじとネタバレ感想

この記事の目次
[PR]

第十華-七

アスクレペイオスの施設に突如現れた薄暮たち。
その襲撃から話は少し戻り、
白光〈しかり〉こと須美津・義鷹と百獣爺〈ももんじい〉の
戦いへと場面は移ります。

義鷹の攻撃を無効化する爺
サクラコード 第十華-七より

義鷹が如意機・風靁棒を用いてラッシュを繰り出すも、
百獣爺の前に現れた黒い煙に当たると、
棒の先は爺の後ろの煙から飛び出します。

ホホフリャ!と煙に力を込める爺。
すると煙から鹿の角の様な触角が飛び出し、
義鷹に襲いかかります。

その角を凪ぎ払い、雷を放つ義鷹。
しかしそれもまた、煙の前に無力化されてしまいます。

雷を打ち消す煙
サクラコード 第十華-七より

神通力や妖力といった力は
儂には通用せんぞと不敵に笑う百獣爺。
義鷹は笑い返す様に、なら殴り合いでもするか?
と返します。

百獣爺は自らに取り込んだ生物を見せながら、
義鷹に問いかけます。

爺の取り込んだ数
サクラコード 第十華-七より

二八九匹か、それじゃあ百獣爺じゃなく、
二百獣爺、もしくはもうすぐ三百獣爺かと
冗談を放つ義鷹。

その名は千変万化する儂を見た人間が
勝手に付けた名。
オマエやアレも「三鳥獣」や「四鳥獣」と
呼ばれた事が有るだろう、と百獣爺。

そうだな、たしかその頃のオレは
猫・鷹・蝮の三鳥獣を含む、
十六種の躰だったと思い返す義鷹は、
今、何種かを体を使い示します。

義鷹の取り込んだ数
サクラコード 第十華-七より

その姿を見て、感嘆の声をあげる百獣爺。
獣や地を這う虫しか喰わん爺さんと違い、
この世には獣の倍以上鳥が多い。

純粋なこの国の獣、哺乳類は約百三十種。
鳥類は約七百、
爬虫類は約百種、
両生類は約六十種、
魚類は約四千二百種。
と広げた腕にその種を現しながら説明する義鷹。

国外だと獣だけで約五千五百種。
大召喚後は異獣幻獣との混血種が増え続けている。

そう語る義鷹は、面白い世界になったもんだろ?と
高らかに笑い声を上げました。

その話に意外だと返す爺。
当然の様に人外が市井に住まい、
人間どもが畏怖せず逆に狩りと称して
我らに刃を向けるこの転倒世界を
気に入ってるのか?と尋ねます。

百獣爺の問いかけに逡巡の後、
悪くはない。と答える義鷹。

今の世の感想
サクラコード 第十華-七より

その義鷹の言葉を聞いて再び笑う百獣爺。

お互いの考え
サクラコード 第十華-七より

歯に着せぬ物言いは昔からだが、
儂を褒めるとは狂ったか?と問う爺。
それに対し、義鷹はまた笑いながら、
妖は世に居た方が世界は面白いが、
人間共に狩られるのは面白くない。
だが、統治や保護はオレの仕事じゃないと
面倒だと言って返します。

ならばちょうど良いと言い出す爺は、
オマエも狩人を屠るのを手伝えと提案します。

爺さんの手に余る程手強いのかと問う義鷹に対し、
銃を使う花の女と、
体術を使う鉄の女。
見事な連携を図る姉妹だと伝えます。

少し考え、敵は姉妹だけか?と尋ねる義鷹。
仲間かはわからんが、
空間に戸襖を開ける男もいた。
が、倒したい相手は姉妹だけだ。
爺はそう改めて説明します。

その答えを聞いた義鷹は、
分かった、少し様子を見るかと返答。

昔であればどんな相手であろうと
戦いを挑む無頼漢であったものを、と
彼の変化に驚く爺。

次代が変われば戦法も変わるものだと語る義鷹は、
相手が人間だろうと侮れんし、
逆に人間の方が恐ろしいぞ?と返します。

やり取りの覗き見をする福太郎
サクラコード 第十華-七より

そんな二人のやり取りを遠くから眺めながら、
福太郎は自身の如意機を使い、
何かを書き止める福太郎なのでした。

感想

前回まで福太郎たちを襲った<亜九面>との戦いも終わり、
舞台は一旦義鷹の元へ。
久々登場の彼でしたが、
対峙した百獣爺とはお知り合いだったようで。

義鷹に対し、オマエとアレと言うということは、
義虎が居た時代のお知り合いの様ですね。

お互いいろいろ取り込んで強くなっていっている様ですが、
百獣爺の「ブルスコファー」を聞くに、
獣や地を這う虫だけでなく、
あの電子玩具も取り込んじゃってるんじゃないでしょうか(笑)

義鷹の攻撃が一切聞いていない様子を見るに、
義鷹の言う妖怪王というのも頷ける様な。
フラシスと闘うとなると、
彼女たちに勝つ術はあるのでしょうか。

とはいえ、その時義鷹も同行する訳で、
そこには福太郎もいる訳ですから、
何かその辺りの話からなし崩しになっちゃいそうな
気がします。

今回の話では少し前の話になるので福太郎の髪型も
おかっぱでしたが、
既に散髪も終え、『足洗邸の住人たち』最終話の
あのさっぱりスタイルになっている福太郎。

1か月のお話という訳ですし、
そろそろ終わりを迎えるのでしょうか。
ソレはソレで寂しい。

でも『√3』も有りますし、
福太郎が戻った後、また別のお話を描かれるのでしょうね。
期待しています。

とは言っても折角ですし、
まだまだ続いてほしい『サクラコード』、
24日には最新刊第4巻も発売されます。
これからも引き続き期待していきます。

 

スポンサーリンク