[スポンサーリンク]


『終極エンゲージ』第46話 あらすじとネタバレ感想~わてらの友情パワーを見せつけてやるんどす!

web・スマホマンガ, 更新情報ジャンププラス, 終極エンゲージ

ジャンプ+にて連載中、江藤俊司さん原作/三輪ヨシユキさん作画
終極エンゲージ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

前回の感想はこちら

この記事の目次
[PR]

第46話【虹】

トリウィアからの援護を受け、
見事ゲオルギウスにクリーンヒットを喰らわせた
クリスとカルキの二人。

吹き飛ぶゲオルギウス
終極エンゲージ 第46話より

吹き飛ばされたゲオルギウスは苦し紛れに、
妃技の2【鏖牙ビブリス】を振るいます。

反応するも、腕が上がらず捌き切れないと踏んだカルキ。
ですが、その攻撃をクリスが身を呈して庇いました。

庇うクリス
終極エンゲージ 第46話より

叫ぶカルキに大丈夫だと声をかけ、
その肩を掴み、もう終わらせようと告げるクリス。
カルキも、笑みを浮かべ答えます。

一方のゲオルギウスは血を失い過ぎた事に慌て、
妃技の威力が足りないと狼狽します。

見上げる先に浮かぶファリアとトリウィア。
同じとこ斬ってやったと勝ち誇るトリウィアですが、
傷は深く血を吐く始末。

血を吐くトリウィア
終極エンゲージ 第46話より

『骨』にもたれかかりながら、
ぶちかませと二人にエールを送るのでした。

体勢を立て直す隙も与えず、連携して妃技を見舞う二人。

神剣、そして覇槍
終極エンゲージ 第46話より

【神剣カリガリ】【覇槍ダグマキス】【魔弾イルガンテ】
そして、【神鎚クローヴィア】を二人で見舞い、
為す術も無いゲオルギウスは壁に叩きつけられました。

二人で繰り出す神鎚
終極エンゲージ 第46話より

血を流し、膝を突くゲオルギウス。
やれやれ、ここは敗北か。と、
悟った様に口にします。

しかし王は殺る
終極エンゲージ 第46話より

どうやって?と問うカルキの言葉に、
加護を貫通出来る者がもう一人居るのを忘れたのか?
不敵に笑うゲオルギウス。

王の間に現れたミムラは、その横に
『娘』の一人・ピーヴリーを従えていました。

ミムラとピーヴリー
終極エンゲージ 第46話より

慌て臨戦態勢を取るカミール、
そして身構えるディアナでしたが、
ルス王は彼女を制止し、
その前に身を差し出します。

身を呈して守ろうとするルス王
終極エンゲージ 第46話より

残念だったな、と笑うゲオルギウス。
でしたが、彼の高らかな勝利宣言は
食い気味にクリスに遮られてしまいます。

実は知ってました
終極エンゲージ 第46話より

当然の様に答えるクリスに戸惑うカルキとゲオルギウス。
ご存じだったんですか?と尋ねるカルキに、
全然俺の手柄じゃないけどなと笑って答えます。

身構えるルス王たちに、どうぞご安心くださいと
声をかけるミムラ。
彼女は『娘』では有りますが、と前置きしながら、
フードを脱ぐミムラと、顔を露わにするピーヴリー。

実はミムラとの間の子ですねん
終極エンゲージ 第46話より

ミムラが最初から裏切ってない事も知っていたと話すクリス。
カルキは先刻、ピーヴリーと対峙した時のことを思い返します。

彼女の横に現れたミムラは、クリスに伝言をと依頼。
「全て予定通り」と伝えてくれ、と言われたと
そのまま話すカルキ。
クリスはその言葉にサムズアップで答えます。

なるほどわかった
終極エンゲージ 第46話より

クリスはゲオルギウスに、潜伏期間が超長く、
感染力が超強い致死性ウイルスを撒いているよなと指摘。
恐らく保有者は『娘』たちだろうと推測し、
その計画の詳細まで並べます。

ウイルスを観客に移し、宇宙中にばらまく計画
終極エンゲージ 第46話より

まぁ実際そんな悪い計画じゃないと思うよ。
天を指しながらそう話すクリスですが、
指した風船を見上げ、こう続けます。

ミムラがワクチンを作ってなければな。

お前ら、いつから!?と問い質すゲオルギウス。
初めて会った日からだよと返すクリスは、
ミムラとお互いだけ通じる符牒が有ると説明。

黒、それは「俺を信じろ」という現れ
終極エンゲージ 第46話より

それだけで俺の計画が分かるものか!
通信データは常に監視していた、
お前と連絡を取り合っている筈がない!
信じ難いと喚くゲオルギウスですが、
クリスはそりゃそうだと返します。

俺はただ、「ミムラだったらどうするか」推理しただけ。
センサーを全種類潜り抜けられたのは予想外だったが、
それ以外は当たったなと、さも当然の様に答えます。

ピーヴリーキックは良いヒントでした
終極エンゲージ 第46話より

その話を聞き、二人の関係に率直な感想を述べるカルキ。

通じ合い過ぎてて気持ちわるい
終極エンゲージ 第46話より

大方「俺を殺されたくなかったら協力しろ」とか言って
引き抜いたんだろうが、
とゲオルギウスに忠告するクリス。

俺たちお互いしか友達いないんだぜ
終極エンゲージ 第46話より

見下ろすミムラは微笑みながら、
二人は勝ったらしいとピーヴリーに伝えます。

クリスたちが負けたらお前に戦ってもらおうと思ってたけど、
そうならなくて良かったよ。と告げ
ご苦労だったねと労いの言葉を送ります。

そして、手に持つスイッチを入れると、
風船が割れてワクチンが霧状に霧散し始めました。

霧散するウイルス
終極エンゲージ 第46話より

非難した客が吸えば万事解決だ。
ゲオルギウスに目線を送り直し、改めて告げます。

先刻「ここは敗北」だと言ったが、それは違う。

立ち上がり、集まる戦士たち。
ゲオルギウスを囲み、クリスは勝利宣言を唱えるのでした。

そして虹がかかり、巨悪潰える
終極エンゲージ 第46話より

感想

次回最終回ってマジかよ……。
ゲオルギウスに引導渡して、本選のやり直しとその後ってなったら
1話じゃ足りなくない?
まさか次々回から『終極エンゲージ~王妃花嫁修業編~』とか
『~宇宙探訪編~』とか『終極じゃないエンゲージ』とか
四コマ漫画『しゅうきょくえんげーじ』が
始まるとかじゃないですよね。

『路地裏バンチ』も終わっちゃうし、『十二大戦』も間もなく終わりそうだし、
読んでる漫画がドンドン終わっちゃうよジャンプ+……。

とはいえ、ゲオルギウスにも敗北宣言を挙げさせて、
見事勝利を収めました。
宇宙の平和も守られましたし、ミムラもまぁ大方の予想通り裏切ってなかったし。
惜しむらくはミッヒ対セラエラがダイジェストすらなく、
激戦の末に肩を貸して歩くまでになったという点。
最後のページにこっそりと描かれていました。

肩を貸し歩くミッヒとセラエラ
終極エンゲージ 第46話より

我らがピーヴリーちゃんもね、その正体はビックリですよ。
まさかミムラの秘蔵っ子だとは。
クリスへの情報伝達にも一役買っていた出来る子、
さすがピーヴリーちゃん。

ゲオルギウスとミムラの遺伝子の間の子で
その四肢はクリスの遺伝子使ってますって、
もう体の3分の2くらい王家の人ですやん(笑)

結局一言も喋ってませんけどとか、
最初にしてたあのポーズは素なんですか?とか
クリスたちが勝てない場合には戦ってもらおうと思ってたって、
そんな強いんですか?とか
色々気になるピーヴリーちゃん情報は恐らく、
そんな明かされないまま終わっちゃうんでしょうね……。

そんなこんなで次回最終回。
更新は4月15日。
ゲオルギウスの最後の足掻きが有るか、
大団円を迎えるか。
最終巻となるであろうコミックス第5巻の発売も
6月4日予定と発表されました。
そちらの後日談とか描き下ろしも含めて、
期待したいと思います。

スマホアプリ「ジャンプ+」では、
最新話までが基本無料で配信中。
ピーヴリーちゃんの初登場の27話、
そしてピーヴリ―キック炸裂は34話になります。
是非ご覧ください。

 

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

[AD]少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサーリンク