『わたモテ』喪135 あらすじとネタバレ感想~笑ってはいけないJKメイク

web・スマホマンガ, 更新情報ガンガンオンライン, 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

ガンガンオンラインにて連載中、谷川ニコさんの
わたモテ』最新話が公開されました。

最新話はこちらから

前回の感想はこちら

[PR]

喪135【モテないし仮面〈キャラ〉をかぶる】

ある日の深夜、一人自室でアニメを見る智子。

アニメ視聴中
わたモテ 喪135より

翌朝学校に向かいながら、
中二思想は薄れていたがアニメは良いと、
昨晩のアニメを評価。

独創的な制服の着方を考える
わたモテ 喪135より

まぁ今さらそんな格好、遅めの高校デビューみたいで
イタいかと考えながら教室の机で考える彼女の横に、
陽菜が登校してきました。

ネモの格好も案外せめてる
わたモテ 喪135より

じっと見つめる視線にどうしたのと陽菜が問い、
アニメから制服の着方を考えてると説明。

クロは魔法少女サ●トとか見てると思ったと
口にする陽菜。
まぁあっちも見てるけどと答えると、
いつか聞いた事の有る答えが。

私はアレ嫌いだけど
わたモテ 喪135より

パーカーは結構定番だと語る陽菜は、
男子でも和田くんとか着てるしと言うが、
男子との交流が無いに等しい智子は
素直に誰やねんと返します。

てっきりアニメキャラの真似かと、と確認する智子に
そんなにイタい人だと思ってたのかと茶化す陽菜でしたが、
智子からすればたまにオタくさいし
中二っぽいしゃべり方にたまになるとの事。

心外な陽菜は例を求めるが、
しゃべり方以前の所を挙げられてしまいます。

クロって呼び方中二っぽい
わたモテ 喪135より

イタい所を突かれた陽菜。
そっぽを向いて、冷たい反応を示します。

じゃあこれからは黒木さんと呼ぶよ
わたモテ 喪135より

怒らせたと判断した智子は
馴染むと気にならないとフォローしますが、
ていうかあの時からこっちの事あだ名で呼ばないよねと反論。

心の中で呼んでたあだ名だから実際口に出すと
なれなれしいかなって、と答える智子は
パーカーの話に戻そうと努めますが、
お互い見つめ合う事態に。

一瞬の魔
わたモテ 喪135より

諦めて、ネモのそのパーカーはと
あだ名で呼んで話を続けると、
陽菜は突然そのパーカーを脱ぎだし、
智子に差し出してきました。

サイズが合わないパーカー
わたモテ 喪135より

言われるがままに陽菜のパーカーを着た智子。
生温かくていい匂いすると袖の匂いを嗅ぎ、
何故か服装では無く匂いの感想を述べ始めました。

男子中学生なら
わたモテ 喪135より

そして智子の前の席に座る明日香に声をかけ
ファッション誌を借りた陽菜。
クロがやりたいのってこういうやつでしょと
その中のページを智子に見せます。

ファッション誌を参考にする
わたモテ 喪135より

智子の感想に、何その男のオタクみたいな発想と
切り返す陽菜。
オタくさいって言ったの根に持ってると気にする智子を無視し、
女子のファッションはモテる為じゃないと続けます。

女子の流行と男子の好み
わたモテ 喪135より

だから自意識過剰やめて好きな格好で来たら?と
智子に提案する陽菜。

しかしこういう格好してきたらイタいだろと考える智子。
別にイタくてもいいじゃんと陽菜が答えますが、
ダサかったら笑うだろ。と拒否。
そんな彼女に、陽菜は目を見てその言葉を否定します。

笑わないよ絶対
わたモテ 喪135より

そしてそんな話をした日の夜、
アニメの影響でゲームをプレイする智子。

そんな彼女の元に一本の電話が。

No.1から突然の電話
わたモテ 喪135より

翌日、陽菜が登校すると
黒いジャージに身を包んだ智子が
既に席に座っていました。

翌日、黒いジャージを着こんでいる智子
わたモテ 喪135より

そうして振り向いた智子。
でしたが、いつもと違うのは
服装だけではありませんでした。

の顔はバッチリメイク
わたモテ 喪135より

ああ言った手前、
必死で堪えながらジャージに話を持って行く陽菜。

まだ笑う時じゃない
わたモテ 喪135より

予想外過ぎる智子の風貌の変化。
昨晩の電話の主・明日香が彼女をメイクアップしたとの事。

良かれと思って
わたモテ 喪135より

化粧はともかく、こういう格好は高校の内に一回くらい
やっときたかったと、自らの服装を見直す智子。

メイクの所為で入ってこない
わたモテ 喪135より

自らの装いをしっかりと認識していない彼女は、
ちょっとデカい鏡で見てくるわと教室を後にします。

鏡を見に行く智子
わたモテ 喪135より

と、入れ違いに入ってきた小陽。
声にならない声をあげ、震えながら教室に入ってきました。

入れ違いに入ってくる小陽
わたモテ 喪135より

そのままの足で真子に駆け寄り、
黒木を見たかと涙目で質問。

爆笑する小陽
わたモテ 喪135より

よほどツボに入ったのか、周りの目もはばからず
女子らしからぬ笑い方で大爆笑をする小陽。

そんな彼女を、明日香が無表情で見つめるのでした。

加藤さん、静かに憤る
わたモテ 喪135より

感想

お昼休み回も終わり、再び日常へ。
以前にもアニメやなんやで感化される事の有った智子ですが、
今回は流れがまだマシでしたね。
昔なら一人で服装考えてその格好で登校して
赤っ恥をかくくらいの流れでしたでしょうに。
冷静に自己判断して陽菜と話している所とかも含め、
それだけ大人になったという事なのでしょうか。

そんな智子が目に付けた陽菜。
いつもパーカーの彼女の服装もせめてると評した智子でしたが、
パーカーくらい普通でしょと思うのは、
そういう知識の差なのでしょうか。
まぁ実際ファッション誌とか
偏見で目も通してない智子さんでしたし。

二人が普通に教室でアニメ談義しているって言うのも、
なんかこうこみ上げてくるものが有りますね。
懐かしいあのセリフも出ましたし。

私はアレ嫌いだけど
わたモテ 喪135より

これはもうそういうネタとして言ってそうだ。

でも「嫌い」を言える間柄って良いものですよ。
ミスターどうでしょうも北欧かどこかの副音声で言ってました。
気が合う点ばっかりで仲良くなって付き合うと、
合わない点が目立ってすぐ喧嘩して別れるって。

1ネタブッコんできた陽菜が指した
パーカー男子、和田くん。
清田くんと喋ってる彼ですが……何か近いよ(笑)

何か距離の近い和田君
わたモテ 喪135より

男同士が喋る距離感じゃないよ。
清田くんもちょっと退いてる様に見えちゃう。
彼らの関係性もまた、気になる所。

そしてオタクトークからファッショントークに切り替わって行く二人。
前の席に座ったゆりさんは今回は未参加かと思いきや、
しっかりと聞き耳は立てております。

聞き耳を立てるゆり
わたモテ 喪135より

お分かり頂けるでしょうか。
この時点で音楽を止める前にイヤホンを外している彼女に。

じゃあこれからは黒木さんと呼ぶよ
わたモテ 喪135より

食堂ではあれだけグイグイ入り込んできたのに
聞き耳たてるだけという事は
こういうジャンルはお得意でないのでしょうか、
結局入っては来ませんでしたね。
あだ名のくだりで私もと入ってくるかと思いましたが。
真子さんから教育的指導でも入ったのでしょうか(笑)

次回、智子のメイク顔を見たゆりさんの
10gくらいしかなさそうな表情筋がどう動くのか、
今から楽しみです。

そんな一同抱腹絶倒のメイクを施した加藤さん。
多分茜辺りにわざわざ電話番号を聞いて
声をかけてくれたんでしょうねぇ、流石オカン。
でも実にオカンらしいというか、
見てた雑誌の通りのメイクにしちゃって。

女子の流行と男子の好み
わたモテ 喪135より

天然で見てた雑誌のメイクを希望していると思って施したのか、
ワザと雑誌通りにしたのか、
ガチでメイクした結果が雑誌に寄ってしまっただけなのか。
何にせよ爆笑する小陽を見つめる目線からして、
本気で良かれと思ってやってる事には違いない。

小陽を見つめる視線、
以前ネズミーで彼女が色々言ってた時の表情にも
近しいものを感じますね。

わたモテ 喪128より

陽菜の尋常じゃない量の汗からして、
やっぱり怒ってる顔なんでしょうね。
そりゃそうだ。

ネズミ―以降も色々と小陽を気にかけてくれていた加藤さんでしたが、
今回の言動は流石に擁護しきれなくなりそう。
むしろ説教タイムとか始まってしまいそうな。
毎度のことながら、いい味出してる子なんですけどね。
このコマとか。

入れ違いに入ってくる小陽
わたモテ 喪135より

智子、遅めの高校デビュー編となった今回。
意図せず地雷を踏み抜いてしまった
小陽の運命や如何に。

現状窓際列最後尾で周りを
加藤さん、ゆり、陽菜が囲んでいるこの良席も、
GW明けで席替えだそうです。
そこも気にはなりますが、それは次々回以降になるでしょう。

次回更新は6月21日、およそ1か月後。
単行本作業とか色々有るそうです。
続きが気になって仕方ないというのに
焦らすのが上手いんだから。

 

スポンサーリンク