[スポンサーリンク]


『ルート3(ひとなみにおごれやおなご)』第30話更新~あらすじとネタバレ感想~

17/11/21web・スマホマンガ, 更新情報ルート3

コミックGUMにて連載中、みなぎ得一さんの『ルート3(ひとなみにおごれやおなご)』最新話が公開されました。

最新話はこちらから
ルート3(ひとなみにおごれやおなご)

 


美少女たちを育成し勝利を掴め!

 

前回、林間学校出発前日、閑話休題の様にカシマレイコの話で教室は盛り上がっておりました。
打って変わって今回は林間学校の続き、となればカシマさん登場の予感ですが……。

キノコ狩りで収穫したキノコを使って大量のキノコ料理で晩ご飯。
種族によっては毒キノコも無駄にはしません。

皆各々の嗜好や食事方法でキノコを平らげる中、百々目鬼の長岡智はキノコはキライだが、目に映ると取ってしまうと暴露。
それを聞いたマイコニッドのファンジャイことアマータムスカテリア・アガリカルテスは激怒します。
どうやら同種が搾取され続けるのを目の当たりにし続け、怒りが溜まり続けていた様子。

彼は菌類を蔑ろにし過ぎだと苦言を呈し、食用なら植物を食えと嘆きます。
しかしそれを聞いて黙ってられないのが植物人(ベジタブリアン)のリーン・マルグリス。
菌類と植物の罵り合いが始まります。

普段おとなしい二人が激高し怒鳴り合う中、胡麻斑が諫めに入ります。
人類も大自然が無ければ生きていけない動物だ、哀れで無様な生命と大目に見てやれないか?と。
それを聞いた二人は、虫が言うなら仕方ない。とあっさりと手を引きました。

そんな賑やかな晩ご飯も終わり、21時過ぎ。
就寝時間は過ぎましたが、早すぎるだろうと起き上がる長岡。
トイレという事で畳叩きの宇治・こたまと共に部屋を出ます。
するとそこには先生に叱られている光前寺が居り、スルーしてトイレに向かいます。

そういえばと思い出す宇治。
旅行前日に話に出ていたカシマレイコの対策はしたかと長岡に尋ねるも、彼女は何もしていないと返します。
今日で丁度3日後、どうせ何もならないよと一番奥のトイレを開けると便座の上に黒い箱。
怖がる宇治を無視して、問答無用で箱を開く長岡。
中には首のない人形。
流石に薄気味悪いと投げ飛ばしますが、何故か便座の上に座る人影が。

叫び声をあげ、慌ててトイレから飛び出す。
追ってくる人影を改めて見直すが、足も手も有るからカシマレイコでは無い様子。
それは口から何かを吹き出しながらも執拗に二人を追ってきます。

そんな所に偶然通りかかったファンジャイ。
これからはキノコ食べるから助けてくれ!と都合のいいお願いをしながら彼を盾にします。

襲い来るソレはファンジャイの頭を掴み、キノコの傘の部分をちぎり取ってしまいました。
しかし傘をちぎられた彼は平然と、冬虫夏草について語りだします。

何の話!?とツッコミを入れる二人ですが、実はファンジャイの傘にはオフィオコルディケプス科の菌が生息しており、取りついた宿主の生命が尽きるまで菌が増え続けるという必殺技を展開したのでした。

手から無数の突起が飛び出るも、躊躇せずその手を振り下ろす怪異。
そのままファンジャイを掴み、頭から齧り付いてしまいます。

菌が繁殖する自分の手とファンジャイを一緒に食べる怪異を目にし、先生かハンターか、助けを探しに走り出します。

曲がり角で出会った先生を勢い余ってふっ飛ばす宇治。

とにかく怪異が出たと焦る二人。
呑み込めない先生ですが、襲い掛かる怪異を目にし、迅速に対処をします。

自らの姿を見た怪異は「みにくいぃ!」と悲鳴を上げ、崩れ落ちました。
その隙にと脱兎の三人。

独り残された怪異は苦しみながらもトイレに戻ります。
するとそこに置いてあった倒れたドアの下から、箱を手にした怪異たちが現れました。

「ブキミちゃん、あそびましょ」
そういって手を招くのでした。

==========

前回の話の続きでカシマレイコ登場かと思いきや、現れたのはブキミちゃんでした。
ブキミちゃんと言えば『地獄先生ぬ~べ~』でも話がありましたね。

カシマレイコさんと同じく迷信や噂話から来る怪談の一つですが、今回黒い箱を手にすることにより、更なる怪異となるのでしょうか。
次回光前寺先生から繰り出される薀蓄も期待したいところ。

またクラスが一枚岩ではないような様子も描かれていた今回。
楽しくおしゃべりしているグループも、他所から見たら騒がしいだけなんて良くある事です。
まぁ多様人種世界で一枚岩な空間なんて無いのでしょうけども。
これが長岡達と光前寺達の仲良くなるきっかけになるとよいのですが。

にしても気になるのはベジタブリアン。
アルラウネやマンドラゴラではなく植物人として登場しましたが、別種の怪物なのでしょうか。
検索するとベジタリアンしか出ませんで、ブキミちゃんより気になる所。
因みにベジタリアンはベジタブル+人では無く、ラテン語の「活力が有る」を意味するvegetusが語源だそうです。

次回の更新が今から待ち遠しい所。
最新刊も今月25日発売なので、合わせてチェックですね。

サクラコードの更新も待ってます!

スポンサーリンク