映画『累』累とニナが罵り合う新たな予告映像が公開!主題歌はAimerさんが担当に

18/07/09実写化作品, 映画累-かさね-

2018年9月7日の公開が心待ちな映画『』。
その主人公・ニナが罵倒しあう、ストーリーの一部を表した
新たな予告映像と、主題歌が発表されました。

[PR]

顔交換アプリならぬ顔交換口紅

』は幼少期より醜い顔で周囲より蔑まれてきた少女・淵累(ふちかさね)が
母より受け継いだ演技力と顔を交換出来る口紅を使い、
舞台女優として活躍していく姿を描いた作品。

一世を風靡した大女優の母・透世(すけよ)に
世話になったという男・羽生田釿互の導きで累が出会う女性・ニナ
彼女は美しい容姿を持ちながらも、とある理由で演劇界で大成出来ずにいた。
お互いの足りない部分を持ち合う二人。
累の持つ口紅の力で顔を交換することを決断します。

累 予告映像より
累 予告映像より

そして誕生する、累の演技力とニナの美貌を兼ね備えた
天性の女優・丹沢ニナ
彼女が舞台に立ち始め、脚光を浴び二人の欲求は満たされていく。
しかし、演出家・烏合との出会いから
二人の関係に亀裂が生じ始めるのでした。

今回の予告では、そんな亀裂がありありと感じられるシーンが多々盛り込まれていました。
烏合に憧れを抱くニナ、「丹沢ニナ」として近づき彼に惚れていく累。
二人の女性が一人の男と、自らの顔を奪い合う。
欲望にまみれた女たちの醜い愛憎劇。
最終的には刃物を取り出したりヒールで踏んづけたりしてますね(笑)

累 予告映像より

マンガでは本編の途中ではありますが、映画としてどの様に表現され、
どんなクライマックスを迎えるのか。
期待で心が躍ります。

でもやっぱり累役の芳根京子さんの方が可愛く見えちゃう。
顔ザックリ行ってるんですけどねぇ。

累 予告映像より

主題歌はAimerさんが担当に

そんなダークシンデレラファンタジー『累』を彩る主題歌は
ガンダムUC』や『恋は雨上がりのように』などの
主題歌も手掛けたAimerさんが
今作の為の書き下ろし楽曲を提供との事。

主題歌『Black Bird』

Black Bird」と名づけられたその曲はAimerさんらしい曲調で
サビに入るにつれその力強い歌声が響き、
累の、ニナの心の叫びを表した儚いバラードナンバーになっています。

Aimerさんも好きなのでこれは個人的に嬉しい。
好きなモノ同士が組み合わさると期待値もうなぎ上りですよ。
是非とも早くフルVerを聴きたい、そう思う逸品。

数々の爆死を繰り広げてきている昨今の実写化作品ですが、
こちらは人間の本質を描いた愛憎劇。
CGが世界観がという懸念事項は余り有りません。

口紅の効果による一人二役は中々難しいでしょうが
それは彼女らの演技力がモノを言う。
予告見る限り今どっちよってのが分からないですが
本編ではしっかりくっきり分かるのでしょう。

映画公開は9月7日から。
佳境を迎えている原作共々、期待したいと思います。
 

スポンサーリンク